結婚式の顔!受付は誰に頼む?

結婚式をする際に、受付をする人が必要になります。受付は結婚式の顔にもなる人であり、誰に頼む事もありますよね?また、頼み方やお礼には失礼のないように気を付けなくてはなりません。そこで、今回は結婚式の受付についてどのような仕事をするのか、何人必要なのか、依頼する時の頼み方などをご紹介いたします。お役立て頂ければ幸いです。

>結婚式の受付、誰に頼むべき?

結婚式受付は、新郎新婦が信頼できる人に頼みます。誰に頼む?と悩んだ時には、連絡を取り合っている親しい友人がいいでしょう。お互いに受付を頼み合うこともできます。事前に打ち合わせをしたい場合は、近隣に住んでいる友人だと負担が少ないです。友人に頼みづらい場合は、従兄弟などの親戚でも構いません。その場合は、親族紹介の時間と重ならないように配慮することが大切です。また、受付は誰にでも柔軟な対応が取れる人だと安心して任せることができるでしょう。

結婚式の受付の流れと仕事内容は?

結婚式の受付は、親族側の立場になって挨拶をしゲストに芳名帳への記帳をお願いします。ご祝儀を受け取り、親族に渡すまでお金の管理をすることも重要な仕事です。ゲストに席次表や席札を渡し、会場案内もします。ゲストを始めに迎える立場でもあるので、服装や言葉遣いなど態度に気を付けることも大切です。事前打ち合わせをしない場合は、当日に仕事内容を伝えます。しかし、ゲストから会場内の位置を聞かれることもあるので、式場内を把握しておいてもらいましょう。

結婚式の受付は何人必要?

結婚式の受付に必要な人数は約4人です。ゲストが100人前後の場合は新郎側から2人、新婦側から2人出します。人数が少ない場合は、1人ずつでも構いませんが、お金の管理をする人と芳名帳の記帳をお願いする人は別にいた方がいいです。よって、4人で受付をするのが一般的となります。ゲストの人数が多い場合は、4人以上にすることも可能です。新郎側と新婦側で人数が異なる場合もあります。しかし、見栄えや仕事内容を考えると同じ人数が最適です。

結婚式の受付をお願いしよう!スムーズな頼み方

受付の人選が決まったら、なるべく早い段階でお願いしましょう。親しい友人なら電話かメールもしくは直接会ってお願いをします。親戚の場合は、近隣に住んでいる場合は直接伺うといいでしょう。電話でも構いませんが、相手が年上の場合は直接伺うことが礼儀です。受付をお願いする旨や集合時間についてのカードを作成し、招待状に同封するようにします。前日にはメールか電話をするのが安心です。お願いする相手と確認ができ、印象もよくなるでしょう。

親しき中にも礼儀あり!受付を依頼する時期とマナー

受付になると通常よりも早く式場に向かいます。よって、招待状を出すよりも少し前に依頼するといいでしょう。通常は、結婚式の一ヶ月以上前には聞いて、相手の都合を確認するべきです。結婚が決まった時点で頼みたいと思っている場合は、あらかじめ伝えておくとスムーズに頼めます。受付をしてくれた人には、金銭もしくは品物でお礼をするのが礼儀です。お礼の相場は約3000円~5000円程度で、品物の場合は商品券や、後日新婚旅行のお土産を渡すのが一般的です。当日は新郎新婦は忙しくなるため、事前に両親に依頼し、受付が始まる前にそっとお礼を渡してもらうといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です