結婚式の受付の相場はいくら?

一生に一度の晴れ舞台である結婚式。その結婚式を最高のものにするために欠かせないのが、受付などをお手伝いしてくれる方の存在です。そんな受付の方へのお礼を考える際に、相場や渡し方がわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。こちらのページではそんな悩みを抱えている方々のために、結婚式の受付の相場やマナーなどについてご紹介させていただきます。大変な役目を引き受けてくださった方のためにも、詳しい知識を身につけて結婚式当日までに心配事を解消しておきましょう。

結婚式の受付、お礼の相場と渡し方は?

受付の方に渡すお礼の相場は、3000円から5000円ほどです。金額については相手にも気を使わせないよう、お願いした内容に合わせた額を渡しましょう。ゲストの人数が多い場合は5000円以上の金額を用意する方もいるそうですが、それ以外の方は5000円以内のお礼を渡すのが一般的です。渡し方についてですが、目立たないように「よろしくお願いいたします」と一言あいさつを添えて渡しましょう。受付の開始前に目立つようにお礼を渡してしまうと、受付を頼んだ方もお礼を渡す方も落ち着きませんし、ゲストの方も戸惑ってしまうかもしれません。感謝の気持ちはこめつつ、静かに渡すことを心がけましょう。

結婚式の受付のお礼はポチ袋に入れるべき?

受付の方へのお礼は、祝儀袋・ポチ袋のどちらを使っても問題ありません。
3000円から5000円程度の小額を渡す場合は、祝儀袋ではなく一回り小さなポチ袋を使うことが一般的なようです。

友人に渡す場合は水引きやのしを省略したもの、または簡略化したものを使ってもいいので、お好みのデザインのもの、メッセージが添えられたものを選ぶことが可能です。ただし目上の方に使う場合はカジュアルなデザインのポチ袋は控えた方がいいでしょう。贈り主を書く際のルールは、新郎から依頼した方には新郎の、新婦から依頼した方には新婦の名字を書きます。

入れるお金は新札を用意します。ポチ袋の場合はお札を三つ折にして入れ、後で袋を開ける場合に備えシールで封をするとよいでしょう。お札を入れる向きですが、まず袋とお札の上下の向きが反対にならないよう揃えます。祝儀袋の場合はお札の表が前を向いて、肖像画が上になるように入れます。ポチ袋の場合はお札の表側が正面を向くように折ったら、そのままお札の右側が手前にくるようにして袋に入れます。

受付のお礼はいつ渡す?スムーズなタイミングはいつ!?

お礼を渡すタイミングについてですが、普通は受付の開始前にあいさつと共に渡します。次に誰が渡すかについてですが、通常受付は新郎側と新婦側の友人から1名~2名にお願いし、それぞれ頼んだ側の親からお礼を渡してもらうことになります。ご両親にもあらかじめ渡し方や渡す時間を相談しておきましょう。
受付が開始してからはなかなか時間がとれず、渡しそびれてしまう可能性もでてきます。心配ならば受付を開始する前に、渡してもらうご両親に声をかけておきましょう。結婚式受付は信頼できる方にお願いして引き受けていただくものです。適切なタイミングでお礼を渡せば、受付の方にかかる負担もきっと少しは減らせるはずです。お礼の用意は心をこめて、きちんとマナーを守ることを意識して進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です