お車代は用意すべき?結婚式のマナー

結婚式に出席をお願いした大切なゲストや、スピーチや受付をしてくれた友人などに、お礼の意味で「お車代」を渡すという慣習があります。遠方から来てくれた親族や友人にもお車代を渡し、旅費の一部を負担するのが一般的です。忙しい中、結婚式に足を運んでくれたゲストの皆さんに、失礼がないようにしたいものです。どのようなゲストにどの程度のお車代を、どのような形で渡せばいいのでしょうか。お車代に関して、マナーや相場を知っておきましょう。

そもそもお車代って何?


結婚式の「お車代」には、2つの意味があります。まず、「お礼・感謝」という意味です。たとえば、主賓や乾杯の発声を依頼した方に、来ていただいたことへの感謝をこめて「お車代」を渡します。遠方から来たわけでなく、それほど交通費がかからない方でも、「ハイヤーで送迎する気持ちです」という思いで、お車代として渡します。
受付の手伝いをしてくれた友人や、スピーチをしてくれた友人にも、感謝の意味でお車代を渡します。

次に文字どおり、結婚式に遠方から来てくれた親族や友人に渡す「交通費・宿泊費」という意味です。式に出席するために遠方から旅費をかけてやって来てくれる人に、あまり多くの負担をかけるのは心苦しいですから、費用の一部をこちらで負担するわけです。

お車代って誰に渡すの?

お車代を渡すゲストは、まず、「主賓」と「乾杯の発声をお願いする方」です。これらの方は、お願いして出席していただいた大切なゲストですから、きちんとお車代を渡します。「仲人」(媒酌人)を立てた場合は、仲人に渡します。

遠方から来てくれたゲストは、飛行機や新幹線を使って来る人もいますから、かなりの交通費をかけています。遠方から足を運んでくれたのですから、その一部を負担することで感謝の気持ちを伝えます。その他「受付」「スピーチ」「余興」などをしてくれた人にも、お車代を渡して「ありがとう」という気持ちを伝えます。「司会」「ビデオ撮影」や「楽器演奏」など場合によってはプロが行うような、緊張する仕事を依頼した友人にも、もちろん渡しましょう。

お車代、いくら渡す?相場を検証☆


主賓や、乾杯の発声をお願いしたゲストには、1万円から3万円が適当です。大切なゲストですから、最低でも1万円は渡します。仲人にも1万円から3万円を渡しましょう。
遠方から来てくれるゲストに関しては、実際にかかる交通費をおおよそ計算し、その半分から全額を渡します。金額は相手との人間関係も考慮して決めます。半分と言っても、交通費をきっちり2分の1にするのではなく、「〇万円」という切りの良い数字になるようにしましょう。

受付やスピーチを担当した人に渡すのは、3,000円から5,000円が適当です。司会や、撮影の仕事をしてくれた人には、1万円から3万円程度を渡しましょう。

お車代は何に入れる?袋や包み方のポイント

お車代を入れる袋は、金額によって変える必要があります。
1万円以上を渡すのであれば、水引・熨斗つきの祝儀袋に入れます。5万円以上入れるようであれば、それなりの格式を感じられる祝儀袋に入れましょう。数千円程度を入れるのであれば、水引などを印刷した「ぽち袋」で構いません。結婚式に使われる祝儀袋ですので、水引は「あわじ結び」「結び切り」のものを使います。何度も結び直せる「花結び」は使ってはいけません。どれを選ぶか迷ったら、祝儀袋のラッピングに「結婚祝い用」などと表示があるものを使用すればいいのです。

筆ペンかも毛筆で「御礼」または「御車代」と書き、名前には両家の名前を並べて書きます。早めに新札を用意しておきましょう。当日、急に受付を手伝ったり、飛び入りで余興に参加したりする人がいるかもしれませんから、ポチ袋に入ったご祝儀袋は予定の人数以上に準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です