友人への引き出物、○○を渡した反応は??

一生で一番のイベントといえば、結婚式。大切な家族や上司、親友に私達が夫婦になる瞬間を見届けて貰うべく、自分らしい演出と豪華な料理を用意してもてなし、ウエディングドレスはもちろん、テーブルクロスやナプキンの色に至るまで細部まで気を配ります。中でも最も新郎新婦がナーバスになるのが引き出物選びではないでしょうか?結婚式は想い出として残りますが、引き出物は家に帰ってからも残り続けます。友達の引き出物と比較される事もざらにあるので、尚更プレッシャーがかかってしまいますね。ここではそんな引き出物について、相場や人気の商品等を紹介していきます。

友人への引き出物の相場はいくら?

引き出物には実は地域差があります。品数は全国平均で3品ですが、奇数で5品揃える地域もあります。名古屋周辺では重く、かさ張る方が良いとされているので、もっと多くの品をいれる事があります。逆に会費制の結婚式が多い北海道では、引出物の金額も品数も抑える傾向があります。従って、相場にも地域差が生じますが、友人に対する引き出物の全国平均額は6500円です。北海道が一番安く1900円、関西や首都圏の相場は全国平均とほぼ同じです。意外にも北陸地方は平均9000円以上かけています。

友人へのオススメの引き出物☆

引き出物として選ばれる第1位は「カタログギフト」です。価値観は皆それぞれ異なるので、各々に好きな物を選んで貰うカタログギフトは、外れがない事が魅力です。
またかさばらないので、遠方の方には特に喜ばれます。第2位は「高級ブランドの食器類」です。貰って嬉しい実用品の定番です。自分達の想いを込めてデザインや銘柄を選べるので、自分らしさが際立ちます。ただ間違っても、自分達の写真や名前を入れないようご注意下さい。捨てるにも捨てにくくなってしまうので、相手を困らせてしまいます。第3位には好みでなくても使えばなくなってしまう「消耗品」が選ばれています。引き菓子の昔の第1位は縁起物の「紅白まんじゅう」でしたが、今の第1位は「バームクーヘン」です。軽い割に大きく、豪華に見える事が理由です。第2位は「焼き菓子の詰め合わせ」です。番外編として、個性的な方向けに「席札」としても使えるボトルやお菓子等も最近人気です。

友人の引き出物は男女別に分ける?

現在は想定されるご祝儀の金額に合わせて、種類の異なる引き出物を渡す「贈り分け」が基本になっています。主流なのは、親族と友人の2種類に分ける方法です。ご祝儀を多く包んで頂いた分、感謝の気持ちをこめて手厚くお返したい配慮から生まれた考え方です。中には、価値観が大きく分かれる男性と女性とで、贈り分けを行うケースもあります。同様の理由で既婚写真と未婚者とで、贈り分けをした新郎新婦もいます。ここで注意しなければならない事は、外観で中身が違う事をバレないようにする事です。どのような理由であっても、比較される事で不快に感じてしまう人が出てきます。結婚式当日は問題なくとも、後日友人同士で引き出物の話題になった時、あまりに中身が違うと、不信感が芽生えかねません。相手を想っての行動はとても素敵なのですが、それが相手にしっかり伝わるかどうかがとても大切です。親族・友人以外の区分けで贈り分けを考えている場合には、このようなトラブルを想定して、念入りに話し合われる事を強くお勧めします。

先輩花嫁さんの体験談!私が選んだ引き出物は○○

予算は相手によって変わりましたが、大体の値段は3000円〜4000円くらいでした。カタログギフトの他に、各々の席に一つずつ宝石の形をした容器に入ったカラフルな砂糖なども渡しました。ぱっと見は砂糖に見えないので、友人の反応も様々で楽しかったです。他には細々した物で、クッキーやちょっとしたお菓子など。出来るだけ好き嫌いが分かれないようなもの、持ち帰りの時にあまり重くなく、かさばらないようにと考えて選びました。

式場がくれた引出物のカタログの中から、カタログギフトを選びました。金額は3500円でした。カタログギフトの他にはお皿やグラスなどがあり、いいなと思えるものは3000円前後でした。食器類は2割引になり、カタログギフトは割引できないという事だったので悩みました。ですが、遠方から出席の友人も多かったため、カタログギフトを選びました。ネットで購入して持ち込みも考えましたが、持ち込み料が発生しました。そうすると金額的にそう変わりなかったので、結局式場で注文しました。

自分たちの結婚式の引き出物は色々と考えましたが、結局カタログギフトにしました。予算としては5000円のカタログにしました、それと焼き菓子と無難ものです。最近では引き出物の種類も豊富にあるので色々と迷いました、例えば食器セット、高級タオルケット、高級花瓶なども考えましたが、食器セットやタオルケットなどは好みの柄などもあるので結局候補から外しました、花瓶も同じ理由ですが、カタログギフトにしたのはもう一つ大きな理由があります。それは持ち帰りの事を考えると、落として壊れる、手荷物を重くしないという理由も考えるとやはりカタログギフトにたどり着きました。

私は仲がいい友達にはお菓子の詰め合わせを送りましたが、(遠方に住んでいる昔からの学生のときからの友達)とても喜んでくれました。お菓子は地元の銘菓のお菓子を2種類です。福島出身なので具体的に言えばままどおるというお菓子と芋栗佐太郎というお菓子です。予算は友達から結婚お祝いを頂いていたのですが、2千円〜5千円です。お菓子だと無難に皆さん喜んで下さるのでいいと思います。ちなみに友達にではないのですが、主人の親戚や上司には今治タオルのセットを送りました。薄い淡い色のタオルや落ち着いた柄の物です。

友人への引き出物はティファニーのペアグラスを選びました。価格は4000円ほどでした。女友達が多かったため、みんなに喜んで貰えるもので誰もが知っているブランド、かつ引き出物としてではないと手に入らないもの、と考えた結果ティファニーのペアグラスにたどり着きました。式後の友人たちからの評判は良く、ティファニーブルーの袋をみんなで持って写真を撮れたのもテンションが上がって楽しかった!と言ってもらえました。親族はカタログギフトにしたのですが、友人たちには可愛いと思ってもらえるものにして結果正解だったと思います。

引菓子として洋菓子と祝物でスターバックスのコーヒーセット、それと選べるギフトカタログにしました。式場に頼むと袋代だけで500円程かかり、大人数でも割引などは無かったため、インターネットの引き出物の会社を利用しました。全てセットで定価だと5000円程のものが、セット割で4000円程でおさまりました。各友人の住所に無料で配送も出来たので大分節約できたと思います。友人用、スピーチの友人用など金額は多少異なるカタログギフトにしました。

友人への引き出物は、結婚式を挙げた土地で有名な食器と、引き菓子として、ホテル婚だったためそのホテルのブランドのバームクーヘンにしました。
予算は食器が3000円、バームクーヘンが1000円のトータル4000円でした。食器については、好みじゃなかったら迷惑かな、重さもあるので荷物になるかな・・などかなり悩みましたが、年齢的にもご家庭を持つ友人が多く、食器は日常で使ってもらえるだろうという思いと、カタログなどではなくやはり記念に残る物を選びたいと思い決めました。引き出物には、かなり悩みましたが、ゲストの方全員が気に入る引き出物なんてないと最後は腹をくくり、自分のあげたい物を渡すことにしました。。

私も主人もホテル勤務だったため、周りの友人も食やお酒が好きな人ばかりでした。本来ならカタログギフトが主流なのかとは思ったのですが、せっかくこだわった結婚式だったので、口うるさい親戚関係や会社関係者(上司)には、カタログギフトにして、友人には、自分たちで選んだ「クリスタルのペアワイングラス」にしました。あえての「赤ワイン用グラス」です。通常(白ワイン用)のワイングラスは持っている方が多いので、赤用にしました。予算はペアで3500円くらい。他に、洋菓子をセットにしました。

ティファニーのペアグラスを選びました。クリアで丸みがあるタイプで、装飾はなくロゴのみ、シンプルなものの2個セットです。男性女性関係なく使えて、用途もお酒、ジュース、お茶と幅広く対応できそうだったのが決め手です。また、自身のエンゲージリングとマリッジリングがティファニーだったことも候補に挙げたきっかけです。ティファニーは知名度も高く、やはりティファニーブルーの箱はテンションが上がります。予算は4000円以内でした。友人の性別関係なく同じ、全員にお品を贈りました。

友人へは3000円のカタログギフトと2000円くらいの結婚式場(ホテル)の洋菓子店の焼き菓子詰め合わせを用意しました。また、最後にゲスト全員に500円程度のプチギフト(お菓子)も配りました。遠方から来てくださったゲストが多かったので持ち帰りにかさ張らないカタログギフトを選び、ホテルの焼き菓子はとても美味しくて見た目もクマの新郎新婦をデザインした可愛いらしいものでしたので、友人達にはこの引き出物を選びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です