一生に一度の結婚式!親族への引き出物はどうするの?先輩花嫁達の体験談☆

結婚式を開くにあたりとても大切な「引き出物選び」ですが、ゲストみんなに喜んでもらおうと思えば思うほど悩んでしまうものではないでしょうか。親族と言っても、親、兄弟、伯父など様々。それぞれにどんな物を選べばいいのか、意外と迷う人は多いのです。外せないポイントをしっかり押さえて失敗しない引き出物を選ぶことは、結婚式を成功させるためにとても重要。親族への引き出物を選ぶ際の相場、マナーについてご紹介します。

 

親への引き出物って必要?

親への引き出物が必要なのか迷ったら、結婚式を開くにあたって親は主催者なのか、招待客なのかを基準にするのが一般的です。「結婚式に親がお金を援助してくれて、招待状も親の名前で出した」という場合は、親が主催者です。主催者はゲストをお招きする立場になるので引き出物は必要ないと考えます。逆に自分たちが主催者で、親をゲストとして招くなら引き出物を用意します。「いらない」と言われる場合もあるので、一度確認しておくと良いでしょう。両親に贈るオススメの引き出物はペアの食器。毎日使えるので人気があります。

兄弟への引き出物はどうする?

兄弟の引き出物は未婚なら親と同一世帯なので不要ですが、既婚なら別世帯になるので用意する人が多いです。
招待状1枚に対して引き出物が1セットという考え方をするので、夫婦で列席してくれても引き出物は1セットだけでかまいません。
未婚の兄弟に親と別にお祝いをもらった場合は、なんらかの形でお返しをすると喜ばれます。
もちろん引き出物を用意してもいいし、新婚旅行のお土産を豪華にしたり、好みの物を別の場で渡しても良いでしょう。

親族への引き出物の平均金額は〇〇円!

親族への引き出物は5000円から15000円で選ぶ人が多数です。
平均金額は約7000円。友人や会社の同僚よりは高額な物を選ぶ方が無難です。
親族の引き出物は、好きな物を自由に選んでもらえるカタログギフトが人気。
高価格帯のカタログなら質の良い品も豊富なので、喜ばれるでしょう。
子供がいるならタオルセットやお菓子の詰め合わせも人気があります。
迷った時は親にどんな物を用意したら良いか、相談するといいでしょう。
私は経験者の姉にいろいろ相談しました☆

叔父さん、叔母さんへの引き出物はどうしたらいい?

叔父、叔母(伯父や伯母)の引出物ですが、一般の友人とは別の物にしましょう。叔父や叔母のご祝儀の平均金額は5万から7万円と言われています。そのため1万円前後で選ぶのが無難です。遠方から来てくれた場合は郵送するのもひとつの方法です。荷物が少なくなるので喜ばれることもありますが、当日少し寂しいなと感じる人もいます。あらかじめ親にどんな物を用意すればいいか、どのようにしたらいいか、確認すると良いでしょう。

マナーは大切!親族への引き出物はここに気を付けて!

親族の引き出物は悩みがちですが、失敗したくないものです。
両親に関しては、挙式・披露宴を新郎新婦両家の名前で招待する場合は、一般的に引き出物を用意する必要はありません。また、親族の引き出物を友人などの物と区別することも忘れてはいけません。ほとんどの場合、友人と親族では親族の方がお祝儀が高額なはず。そのことを踏まえて、今後長い付き合いになる親族にがっかりされない引き出物を選びましょう。
迷った時はその人をよく知っている、親に相談することも大切です。

先輩花嫁さんの体験談!親族への引き出物を○○にしました☆

両親への引き出物はマリアージュ フレール紅茶のセットで手頃なものを選びました。おしゃれなお店にある紅茶なので両親は飲んだことも見たこともないのでよかったと思います。価格は4000円程度でした。両親はもう働いていなくて時間にゆとりがあるので見たことないおしゃれなパッケージなものを選びました。クッキーやケーキに合う紅茶ならたまに飲むかもと思い、彼と他の紅茶の店に足を運びました。試飲もして両親が気に入るようなすっきりとした味の紅茶を選びました。

兄弟・親戚への引き出物は、結婚式を挙げた土地で有名な食器にしました。予算は5000円でした。その他に引き菓子をプラスしております。食器をもらうのは賛否両論だと思うのですが、親戚や兄弟宅に遊びに行くと、どの家にも私たちが引き出物として選んだ食器があり、なんだかとても嬉しい気持ちになります。また叔母からは「あなたたちらしい食器を選んでいて記念になった」と言ってもらえました。私たちは両親への引き出物は用意しなかったのですが、記念に残る物をプレゼントすれば良かったと今になって少し後悔しています。

ティファニーのペアグラスとお菓子を選びました。お菓子は式場の系列の有名ホテルのもので日持ちのする焼き菓子を選びました。 予算は5000円程度です。 はじめは無難にカタログギフトにするつもりでしたが、海外から来る親族がいたため、日本国外からの注文は難しいと思い、持ち帰れるものにしました。 受け取った側の反応ですが、実家からのしか正直なところがわかりませんが、ティファニーグラスはシンプルで飽きの来ないデザインで丈夫でよいと言っていました。お菓子の味はごくごく普通だったようです。ティファニーのコップは式場の方も大変人気だと言ってましたし、自分も引き出物で貰って使っているものナンバー1なので基本的に外さないのではないかと思います。 海外からの招待客にも配慮したつもりですが、割れ物は良くなかったかなとも振り返ると少し思います。

予算5000円で蛤の貝の形の小皿(5枚セット)、当時住んでいたところの特産品の塩(ラベルをオリジナルにしていただきました)、パウンドケーキを引き出物にしました。お祝いの金額は多少ありましたが、両親、親族、兄弟のみで式を行ったため、両親とも相談して、全員同じにしました。メインの小皿のセットは、大皿やカップと悩みましたが、使い勝手を考えて小皿にしました。結果、使いやすいと好評でした。蛤の形にしたのは、蛤は対になる貝を違えないところから夫婦和合の象徴と言われていることと、地元の名産であったからです。いろいろな意味を込めて選べてよかったです。

両親へ
予算:5000円ほど 引出物:メッセージと名前入りの湯のみ(インターネットで購入)、花束(式場のもの)
※花嫁の手紙の後に一緒に渡しました。

兄弟へ
予算: 5000円ほど 引出物:カタログギフト、引き菓子(バームクーヘン)、かつおぶし
※後にご祝儀の金額が大きかったので、プラスで2万円ほどのプレゼントを渡しました。

親族へ
予算:5000円 引出物:カタログギフト、引き菓子(バームクーヘン)、かつおぶし
兄弟、親族ともに他友人や会社関係とほぼ同じものを渡しました。

両親・兄弟・親族への引き出物は、カタログギフト・お菓子(有名店のバームクーヘン)・高級タオルの詰め合わせを選択しました。両親や兄弟、親族は友人などと比べるとご祝儀の額が5~10万円程度と大きいだろうと予想していたので、カタログギフトは1万円、お菓子は3千円、高級タオルの詰め合わせ3千円で1万6千円程度にしました。カタログギフトは友人達のものとは異なり、食べることが大好きな人が多くお皿などの商品はもう手元に揃っているだろうとレストラングルメを主体としたカタログを選び好評でした

両親や親戚など身内への結婚式の引き出物は、年令層も幅広いため、各々自由に選べるように結婚式の引き出物のカタログを利用することにしました。デパートへ行った時、引き出物について相談したところ、カタログだと幅広く選べるようになっているので、年令層も関係なく安心して選ぶことができるので、けっこう愛用している方も多いと聞き、カタログを利用することにしました。ご祝儀で頂いた金額により、カタログを段階的に分けてから注文して発送することにしたので、あまり手間かからずにスムーズにできました。

両親には自分たちで作った陶器のランプとプリザードフラワーを渡しました。それぞれ5千円ほどでした。兄弟、親族には年齢が幅広かったので基本的にはカタログギフト、夫婦でこられているところにはカタログギフトと、和テイストのお皿を渡しました。予算はどちらも三千円ほどでした。以前友達の結婚式でお皿をもらいました。二次会の移動の際重たかったし、酔ってしまった友達が、引き出物を落としてしまい、お皿が割れたという事があったので、二次会に行きそうな人たちには割れ物、重たいものは避けようと思いこれを選びました。

引き出物にはチーズケーキと紅茶とお皿を選びました。予算は5000円でした。4つになってしまうのは縁起が悪いと思ったので3つで予算に合うようにしました。お皿は重いものなので迷いましたが、全員車で来ることが分かっていたので選びました。母親に「選べるギフトは後で選ぶのが面倒だからやめてほしい。」と言われていたので、定番にもなりつつありますが外しました。それぞれ好みが違うので、後々残らない食べ物や飲み物はおすすめです。その際はアレルギー等に注意して選んで下さい。

両親・兄弟・親族への引き出物は、お菓子はバームクーヘン。縁起物は鰹節の詰め合わせ。物については、新郎側、新婦側で分けました。新郎側はカタログギフト、新婦側はティファニーのお皿にしました。新郎側の親族は遠方からの方でしたので、カタログギフトは持ち運びしやすく、喜ばれました。また、新婦側のティファニーのお皿も、記念となるようなものになったので、大変好評でした!引き出物は最後まですごく悩みましたが、「自分がもらったら嬉しいもの」を最後まで考えて選びました。予算は、お菓子、縁起物、物3つ合わせて8000円程です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です