失礼のないように。。完璧な上司への引き出物☆

結婚式の準備に追われる最中、引き出物に悩まされる人も多いものです。相手に感謝の気持ちを伝える物でもありますし、それが上司となったら失礼の無い物を用意しなければ、という心理になるもの。ただ上司だけを特別視するのも気が引けるし、何がいいのやら。そんな上司や目上の方への引き出物について、相場や礼儀を含めて紹介していきます。

上司への引き出物の相場はいくら?

世間相場はだいたい5000円~10000円です。また上司から部下へのご祝儀は30000~50000円です。一般的に上司への引き出物の金額は同僚よりも少し多めにするものです。普段仕事でお世話になっている気持ちを上乗せするものですし、祝辞や乾杯をお願いする場合には特に気を遣いましょう。身近な先輩や友人がどのくらいの額で対応したか聞いて参考にするのも良いでしょう。共通しているのは高すぎる金額設定にしない事です。相手を恐縮させては元も子もありません。

上司へのオススメの引き出物☆

上司ともなると数々の挙式に参列した経験があるため、引き出物が重複しないよう注意する必要があります。お勧めなのは上司が好きな物のカタログギフト、飲み物や食べ物のような美味しくかつ消費される物もオススメです。もちろん大衆的なものより地方の名産など普段手に入りにくいものがマストです。美食は万人受けするからこそ選び甲斐があります。予め好き嫌いなど把握しておきましょう。新郎新婦の出身地の名産物なども好印象になるのでいいでしょう。

これは守って!上司への引き出物のマナー

肌着はもちろん、靴や靴下などの履物は「踏み台にする」ことを意味するため引き出物として絶対にタブーです。その他に刃物や皿・陶器など割れ物は、縁が切れることを連想させます。またこれらを使って食事をすると、消えてなくなる存在として結婚生活も解消されるという連想になるので控えましょう。近年、こういったタブーを気にしなくなってきている傾向にありますが、上司が年配であったり格式を重んじる方ならば、より一層の配慮が必要です。

祝辞をお願いした上司への引き出物は?

祝辞は結婚式の大役です。忙しい日々の合間を縫って新郎新婦を祝う言葉を何日も前から熟考し準備を重ねていただいてます。感謝の気持ちを一工夫して表すのが良いでしょう。引き出物を高額にするのも一つですが、「お車代」や「食事への招待」など違った形でお礼をしても良いでしょう。金額よりも価値の大きさを重視しましょう。どうしてもお金が乏しい場合、お礼の手紙も一つです。新郎の上司へは新婦が、新婦の上司へは新郎が書くのがベターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です