参加の可否に影響大!?結婚式の二次会の会費は○○円にするべき!

結婚式の二次会は、結婚式そのものと同等か、もしかしたらそれ以上に頭を悩ませる問題かもしれません。「参加する人の負担になりにくい値段で、かつ満足してもらえるようにするにはどのくらいにすべき?相場は?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ここでは結婚式の二次会の会費について色々解説していきたいと思います。二次会の相場や注意点など、きてくれる方に失礼がないがない二次会にできるよう学んでいきましょう。

みんな参加してくれるかな?納得できる会費の相場

結婚式の二次会の相場というものは実はこれと言って決まっていません。
ただ、会費によって二次会の格式がどういったものか、という目安になっているのも事実です。だいたい3000円前後ならばカジュアルパーティ、6000円前後ならセミフォーマル、1万円に近いのであれば格式高め、といった印象になります。
また地域によっても違い、都心部の方がやや高く、地方に行く方が安くなる傾向にあります。これは、二次会会費の大半が場所代にあたることが主な原因です。

男女で値段が違う!?二次会の会費


場所によっては二次会会費に男女で値段が違うこともあります。これは値段設定が高いと女性が参加しにくく、男性はあまり気にしない傾向があるからです。また、ドレスアップした女性はあまり食事を楽しめないから男性の方が少し高い、という面もあるそうです。
金額を平均すると男女の差は大体1000円前後、というのが多くなっています。ただ、昨今男女平等化が謳われていますので、あまり差をつけない方が無難であるという見方が強いようです。

意外と知らない!?二次会の会費のマナー

結婚式二次会の会費は披露宴と違って祝儀袋に入れないのがマナーとなっています。また、受付の方は会計が本業ではない方がやっている場合が多いので、出来る限りおつりがでないように現金で持っていくことが通例となっています。
また、二次会からの参加という形になる場合、会費以外にお祝いを持って行った方がいいのかという疑問がわきますが、二次会の場合は会費自体がお祝い金となっているため不要なことが多いようです。

ここに気を付けて!二次会を開く上での注意ポイント


結婚式の二次会では会費以外にもお祝いの気持ちを渡したくなります。ですが、その恰好のまま三次会に行く場合もありますのであまりにも重たいプレゼントを持っていくのはマナー違反となります。また、開催側はドタキャンの人数も少し計算に入れておいてください。あまり考えたくないことではありますが、万が一があってからでは遅いのでそのようなことがあった場合はどうするかというのは新郎新婦ときちんと相談した方がよいでしょう。

先輩花嫁さんに聞いた!二次会の会費は○○円にするべき!

女性3000円、男性5000円の会費にしました。幹事の方は景品やらなにやらの費用を考えて、女性5000円、男性7000円にしては?の提案をしてくださいましたが、景品類の費用は別途こちらで負担することにしたので通常の飲み会と同等の金額設定でやってもらいました。結婚式に来てくださった方にはさらに負担をかける金額になってもいけないので皆さんがあまり負担に思われる二次会だと楽しんでもらえないと思っての金額設定です。実際に参加してくれた私の友人はこんな金額で景品まで出たの?大丈夫?と言ってくれた方もいます。あまった費用は新婚旅行の費用に回したりするもんだよとアドバイスをくれた幹事の方もいらっしゃいました。でも、気軽に参加してもらえて日頃のお礼ができたのでよかったと思っています。

結婚式が舞浜だったので、二次会も舞浜にしました。舞浜駅周辺は二次会会場に選べるお店が少なく、価格も都内の平均よりも高めだったので、会費も高めにせざるを得ませんでした。男女共に9000円の会費設定にしましたが、一部からは正直高すぎるという声も出ました。また、舞浜までの交通アクセスの悪さや、交通費にも不満の声はあったようなので、正直なところ、二次会会場はもう少し別の場所にすればよかったかなと思いました。

女性6000円、男性7000円にしました。来てくれる友人や知人の負担にならないよう平均金額を調べて設定したので普通の金額だったと思います。この会費についての周りの反応ですが金額については特に何のリアクションも無かったです。あと飲み会なのでありがちな問題ですがお酒を飲む人と飲まない人が同席するので、全く飲まない人には申し訳ないかな〜?と思いましたが細かく分け過ぎても気を使わせてしまうと思ったので、その辺りの配慮はしませんでした。

男女共に3000円にしました。夫婦ともに横浜のホテル勤務で、結婚式も勤務しているホテルでおこないました。職場関係者は近場からのさんかでしたが、中学、高校時代の友人は若干距離があり、交通費もある程度はかかるので、出来るだけ負担をなくすために、安めにしました。式に参加していない方の参加も多かったので、立食のバイキングスタイルにしましたが、お店を貸し切ったので、ある程度の費用がかかり、景品代、プレゼント代などで、かなりかかりました。最初から、半分以上は自分たちが持つ気持ちだったので、みんなも喜んでくれて、お互い良かったです。

男性7000円、女性6500円にしました。自分が二次会に参加した経験から、できるだけ会費は安く抑えたいと思い安めの金額にしたつもりでしたが、参加した人からは「安いね」などの感想はありませんでした。夫はそこまで気を遣う必要はないと言っていました。またゲームには私たち夫婦は参加できないルールだったので、景品が当たることもなく、最終的な支払いで自分たちの負担が多くなったので、一般的な会費に合わせておけばよかったと思いました。

会費は女性5000円、男性は6000円にしました。銀座で1.5次会のような会場で行いました。ビンゴの景品を1等、2等くらいだけを豪華にして、他の景品はそこそこにしたりして、その分料理を豪華にして、ゲストの満足が高くなるように配慮しました。そのせいか、「今まで出た、二次会で1番ご飯が美味しかった!」などと嬉しい声も聞けました。ゲストも大学のサークルの先輩や後輩、同期にしぼったので、会費もちょうど良いと評判で、二次会自体が大きな同窓会のようでした。

男性8000円、女性7500円にしました。自分がゲストで参列した際の金額がだいたいそれぐらいだったからです。直接ゲストに反応を聞けたわけではありませんが、少し割高に感じているのではないかと思いました。もちろん支払いを渋ったり嫌がったりする人はいませんでしたが。その分、ゲームなどの景品を豪華にしてたくさんの人に還元できるように内容を工夫しました。また、人数に対して、荷物などを置いたり椅子に座ってゆっくりしてもらいたかったので、広めの景色の良い会場にしました。

会費7000円にしました。周りには高いと言われましたが、お食事を豪勢したいし、周りの二次会とは雰囲気が違う場所で行ったので会費が高くなりました。女性の参加が多くて渋谷のアイコンにしました。豪華なシャンデリアがあり、渋谷からアクセスしやすい場所にしたので会費が高くなりましたが、参加者たちが来てよかったと思える二次会になったと思います。一生に一度行うものだと思うので、奮発して一番豪華なところで行いました。

私は家族挙式だったので、友人等は二次会のみの出席となりました。二次会は、ビュッフェ形式で、男性女性ともに、3000円の会費制でした。男性の方を多く…とも考えましたが、バーのようなところを貸し切り、とてもカジュアルな感じで、あまり高い値段にはならなかったので、そう決めました。二次会では、手品バーだったということもあり、お店の人が本格的な手品を見せてくれて、招待した友人たちも、「あの会費で、飲み物もご飯もあって、さらにあんなにすごい手品が見れるなんて、お祝いしにきたのに、かなり楽しませてもらえて、本当に素敵な時間だったよ」と言ってもらえました!お祝いしにきてくれた大切な人たち、会費以上に楽しんでもらえる素敵な時間を過ごしてもらいたいですよね。

会費はひとり3000円にしました。ビンゴ大会など景品を用意している二次会の場合はもっと高くても良いかもしれませんが、単純に飲食のみの二次会でしたのでこの金額でした。まわりの反応もとくに問題はなかったです。ただ、新郎新婦のぶんの会費をすっかり忘れてしまっていました。新郎新婦から会費をもらうわけにいかないので、彼らのぶんのお金はあわてて仲の良い友達で出し合いました。二次会の会場は式場から歩いていける距離で探しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です