いくら包む?結婚式のご祝儀の相場は〇〇円!

結婚式でのご祝儀は悩むものです。新郎新婦との間柄で、ご祝儀に包む金額も変わります。また、結婚式に出席しない場合でも、ご祝儀の金額の相場はあります。結婚式用のご祝儀用ののし袋の用意も必要です。ご祝儀を渡すタイミングもいつ渡せば良いか悩みます。考えだすと色々疑問点が出てくるご祝儀について、疑問の解決になる事わかりやすくまとめます。結婚式のご祝儀で恥をかくことはなくなります。ご祝儀の出し方一つで、今後のお付き合いにも関わってきます。良いお付き合いが継続できる様、参考にしてください。

結婚式のご祝儀立場別相場

披露宴に招待された場合の、新郎新婦との間柄毎に相場をまとめます。
新郎新婦の兄弟姉妹の相場は、5万円~10万円です。ただし、20代の弟・妹の場合は、2万円以上が相場です。また、夫婦で出席する兄弟姉妹は、10万円以上です。親族・親戚(叔父、叔母、伯父、伯母、いとこ)は3万円、親族が夫婦で出席した時は5万円~10万円です。祖父・祖母は5万円、祖父母夫婦で出席した時は10万円以上です。
新郎新婦の友人・後輩の場合3万円、先輩の場合3万円もしくは5万円です。また、夫婦で出席した場合は、5万円以上が相場になります。
会社の上司が主賓または祝辞を依頼された時は5万円以上、披露宴出席のみの時は3万円以上、夫婦で出席した時は7万円もしくは10万円です。同僚・部下は3万円になります。

次に披露宴に招待されない場合の相場です。
新郎新婦の親族は1万円~3万円、いとこは1万円以内です。友人・先輩・後輩が一人でご祝儀を贈る場合は3千円~2万円です。会社の上司は1万円以内、同僚・部下が一人でご祝儀を贈る場合は3千円~1万円です。

結婚式ご祝儀の5つのマナー

結婚式でご祝儀を贈る際に注意したい5つのマナーがあります。祝儀袋の選び方・表書きの記載方法・中袋の記載方法・お札の入れ方・金額のマナーです。

1つ目の注意点

「祝儀袋の選び方」についてです。ご祝儀袋を大きく分けると2種類あります。結び切りと蝶結びです。結婚式のご祝儀袋は結び切りを使用します。結び切りにも2つ種類があり、結び切りとあわじ結びがあります。どちらを使用しても構いません。結び切りは、水引きを固く結んであるのが特徴です。固く結んであり解くのが難しいため、結婚式の祝儀袋に適しています。あわじ結びは、結び切りの一種になります。

2つ目の注意点

「表書きの記載方法」についてです。表書きの書き方のマナーとして、毛筆で書くことと濃い墨で書くことがあります。ボールペンでは決して書かないでください。毛筆が苦手な場合、最低限筆ペンで書くことがマナーです。そして必ず濃い墨で記載してください。また、表書きは結婚祝いの場合、寿・祝御結婚・御結婚御祝・御祝・御慶などを書き、下段にフルネーム・姓を書きます。

3つ目の注意点

「中袋の記載方法」です。中袋の記載方法は基本的に表書きの書き方と同じように、毛筆で濃い墨で書きます。中袋の表側に縦書きで金額を記載します。数字の書き方の例を挙げます。1は一もしくは壱、2は二もしくは弐、3は三もしくは参、5は五もしくは伍、10は十もしくは拾、1,000は千・仟・阡、10,000は万もしくは萬、円は円もしくは圓、これらの漢字を使用します。裏面は、結婚式披露宴に招待されている場合は、縦書きで氏名のみ書きます。結婚式披露宴に招待されていない場合は、住所・氏名を縦書きで記載します。中袋に金額記入欄が印刷されている場合は、アラビア数字で記載しても失礼にはなりません。

4つ目の注意点

「お札の入れ方」です。お札の入れ方は、全て向きを揃える事がポイントになります。結び切りの表面・中袋の金額記載面・お札の表が揃っていれば正解です。お札の裏面と中袋の氏名記載面を同じにして入れる事で間違う心配は無くなります。結び切りに中袋をしまう時は、中袋の氏名記載面が見えている状態で包む事が正解です。この順番を守れば向きを間違う事は無くなります。

5つ目の注意点

「金額のマナー」です。結婚式でのご祝儀の金額は、一般的に割り切れる数字である偶数は好まれません。その為、1万円・3万円・5万円が良く選ばれます。ただし、2万円は対を表す数字として結婚式のご祝儀金額として失礼にはなりません。また、10万円・20万円なども問題ありません。結婚式のお祝い金は、新郎新婦との付き合い方により変わります。付き合い方の濃淡を良く考え、お祝い金を決定します。

結婚式ご祝儀を兄弟姉妹が渡すタイミング

結婚式でご祝儀を渡すタイミングで悩むのが、新郎新婦の兄弟姉妹の場合です。親族・友人・会社関係で結婚式披露宴に招待されているのであれば、受付に渡す事で済みます。兄弟姉妹の場合、結婚式当日ではなく事前にご祝儀を直接渡すのがマナーです。ご祝儀とは本来結婚に対する御祝ですので、結婚が決まった段階で大安や友引など日が良いタイミングに渡すものです。特に期限などはありません。しかし、結婚式直前は新郎新婦も慌ただしい状態です。この事を考慮し遅くとも結婚式の2週間位前までに、ご祝儀を渡すのが一般的とされています。
また、渡し方も直接手渡しが原則です。兄弟姉妹は新郎新婦と共に接待する側であって、招待されているのではありません。結婚式の席順を考えると、兄弟姉妹は入り口付近の末席である事が接待する側という事を理解させます。その為、兄弟姉妹のご祝儀は基本的に受付で受け取りません。結婚式の2週間位前の日の良い時に手渡しするのが正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です