公立中学校でもお金はかかる!?中学校の入学費用を計算!

公立中学校は入学金が必要とされていないため、一般的に私立中学校よりも入学費用がかからないと考えられていますが、入学金がないだけで、制服や体操服などの準備にかかる費用はあります。

入学後にもかかってくる費用は少なくないと言われているので、公立中学校の入学費用にはどのようなものがあるのか、どの程度かかってくるのか解説していきます。





毎月必要な費用については下記ページで記載しています(*^_^*)

[kanren id=”659″]

公立中学校の入学前に必要な費用


公立中学校の入学前に購入する必要があるものとして挙げられているのが、学校指定の制服や体操服です。これらは学校で採寸するところもあれば制服を取り扱っているお店で採寸・購入するところもあるので、公立中学校の入学説明会で確認しておく必要があります。

制服は夏服と冬服それぞれを購入しなければいけませんし、制服の中に着用するカッターやブラウスなども必要です。それらを合わせて必要とされる費用は男女ともにおよそ6万円程度とされており、セーラー服や学ラン、ブレザーなど制服の種類によっても若干費用が異なります。

また、体操服に関しても長袖と半袖の2種類が必要となるので、それぞれの上下を合わせて1万円から1万5千円程度が相場となります。これに合わせて通学鞄や靴が必要になってくるので、入学前に必要な金額としては最低でも10万円以上はかかると言われています。

私立中学校の入学費用については下記ページで解説しています☆

[kanren id=”377″]



公立中学校の入学後に必要な費用っていくら?

入学前だけではなく入学後にも、教材費や生徒会費、PTAや部活などで費用が掛かってきます。これらは毎月かかってくる費用とされているので、公立中学校に通うだけでもそれなりの費用負担をしなければいけないのです。

教材費に関しては相場はおよそ2万円程度、生徒会費は100円から150円程度が相場とされています。またPTAに関連する費用は学校納付金とも呼ばれており、公立中学校でも費用にばらつきがあるので2千円から1万円程度と幅が広くなっています。

ほかにも部活動に関する費用は部活に加入しているかどうか、加入している部活によっても異なりますが、3年間でおよそ3万円程度が相場です。それ以外にも給食がある場合は給食費用として月額4千円前後がかかりますし、修学旅行や遠足、見学費用として3年間で2万5千円程度が相場としてかかってくると言われています。



公立中学校、入学までの流れ

公立中学校に入学するまでの流れとしては、まず入学に関する保護者向けの説明会が実施されたり、就学通知書の送付が行われます。その後は就学前の健康診断が行われるのですが、この3つに関しては地域によって順番が前後するので注意が必要です。

また就学通知書は入学式に必要となる書類なので、必ず大切に保管しておかなければいけません。就学通知書や入学説明会を受けた後は制服や体操服などの採寸・購入をしておき、ほかにも学校指定で必要なものがあれば入学説明会の時に確認してから購入しておきます。

学校によっては入学説明会の時や就学前の健康診断の際に購入できるところもあるので、公立中学校に事前に確認しておくのも大切です。



公立中学校は授業料・教科書代タダ?


公立中学校の入学費用には様々な内訳がありますが、実はその中には授業料や教科書代は含まれていません。これは公立中学校が義務教育であるためで、教育を受ける権利を守るために国が授業料や教科書代を負担してくれています。そのため公立中学校の場合は授業料や教科書代が免除されているので、通学する3年間は無料で利用できるようになっています。

ただし注意点として、あくまで無償化されているのは学校側から配布された教科書のみというところです。授業料に関しては基本的に3年間は無償なのですが、教科書はなくしてしまった場合は再配布されないので実費で購入しなければいけません。



入学費用が用意できない!?どうしたらいい?

公立中学校の入学費用は、入学するまでに支払うものも多いのでできる限り早い段階で用意しておくのが望ましいとされています。特に学校側からの案内が届くのが1月から2月が多いので、それまでにある程度用意しておくと安心です。

ただ、どうしても入学費用を準備できない、という場合、「就学援助制度」で、市町村に申請すると国や市町村から学用品費や給食費などの援助を受けることができます!

制度の利用に関しては、市区町村によって基準が異なっているので、利用を検討している場合は事前にお住まいの市区町村へお問い合わせをして下さい。






関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。