百日祝いっていつ?やり方や準備するものをご紹介

赤ちゃんが産まれてもうすぐ100日、「そろそろお食い初めをしなければ!」「でもお食い初めってどんなことをすれば良いの?」「どんなものを用意したら良いの?」と、迷っているママは多いでしょう。初めてのことですから、風習や料理の内容など、分からずに戸惑ってしまいますよね。そこで今回は、お食い初めのやり方や必要なものをまとめてみました。

そもそも百日祝い(お食い初め)って何?

百日祝い(お食い初め)とは、赤ちゃんが産まれて100日頃に、これまで元気に育ってくれたお祝いと今後の健康と成長を祈って行う儀式のことを言います。
大人と同じ料理を用意し、食べる真似をさせることで、今後の人生で食べ物に困りませんようにという願いを込めます。その際に、丈夫な歯が生えますようにと念じながら、「歯固め」と呼ばれる儀式も同時に行います。

百日祝いっていつやるの?

一般的には赤ちゃんが産まれてから100日ごろに行います。必ず100日目に行わなければならないというわけではありません。100日前後の、両親やお食い初めに参加したい親族、親戚の予定が合う日に行うと良いでしょう。
また、地域によっては110日目や120日目に行うところもあります。参加者で話し合いながら日程を決める家庭が多いようです。

百日祝い、準備する物

百日祝いでは、食べ物、食器、歯固めの石を用意します。
料理の献立は、和食の基本である一汁三菜をベースとして、魚、飯椀、焚きのもの、お吸い物、香の物を準備します。
魚は尾頭付きの大魚、飯椀はお赤飯、焚きものは蓮根や里芋などの煮物、お吸い物は貝や季節の具材を入れたもの、香の物は紅白なますや梅干しを用意することが多いようです。メニューには地域によって多少変化する場合があるので、親族や親戚にあらかじめ聞いておくと良いでしょう。
最近は手作りにこだわらず、インスタントや市販のものを盛り付けたり、お食い初めの料理セットを宅配で頼むママも多いようですよ。

百日祝いにはこんな食器を用意しよう

食器は男の子なら外内どちらも赤い漆器に金か黒漆の男紋を入れる、女の子なら外が黒、内が赤い漆器に銀の女紋を入れたものを使います。それらを高足の御前に乗せ、箸は柳で作られた「祝い箸」という両側が細いものを使うのが正式な習わしとされています。
しかし、近年はそこまでしきたりにこだわらず、気に入って購入した新品のベビー食器を使ったり、出産祝いでプレゼントされた食器セットを使う人も多いようです。

歯固め石って何?百日祝いに必要?

歯固め石とは、「赤ちゃんに石のように丈夫で健康な歯が生えますように」と願う、歯固めの儀式をするときに使う石のことを言います。
昔から、いつまでも歯が丈夫で物をしっかり嚙めることが長寿へつながると考えられています。赤ちゃんに丈夫な歯が生えて、いつまでも健康で長生きできるよう、石を用意して、歯固めの儀式を行いましょう。
歯固め石は、1〜2個用意します。入手するには、神社でいただく、河原で拾うなどの方法があります。外で拾う場合は、汚れていないものを選び、必ずよく洗い、使用する前に熱湯で消毒してください。もし近所に神社や河原がないときは、ネット通販で購入することもできますよ。

百日祝いのやり方

百日祝いの正式なやり方としては、「養い親」が赤ちゃんに料理を食べさせる真似をします。参加者全員の中で一番年上の人に、食べさせる真似をしてもらいます。男の子なら男性が、女の子なら女性に行ってもらうと良いでしょう。
しかし、誰が食べさせるかについては、特にこだわる必要はありません。両親だけで行う場合などは、ママが抱っこして、パパが食べさせてあげても楽しいですね。
儀式の順序は、用意した料理を、「ご飯→吸い物→ご飯→魚→ご飯」と、食べさせる真似を三回繰り返し、最後に箸で歯固め石に触れて、箸を赤ちゃんの歯茎にちょんちょんと触れてから、「丈夫な歯が生えて健康に長生きしますように」と、願いましょう。
これでお食い初めの儀式は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です