お宮参りっていつ?やり方やマナーなどをご紹介

お宮参りは赤ちゃんが産まれてから最初にある大きな行事です。どのような格好で行けばいいのか、正しいマナーを知りたいと思われる方もいるでしょう。そこで、お宮参りについて時期や服装などをご紹介します。また、安心してお宮参りができるようにマナーや注意点も知っておくといいでしょう。是非、参考にしてみてください。

そもそもお宮参りって何?

お宮参りとは、赤ちゃんが健やかに成長できるように、近くの神社へお参りに行くことを言います。出生した土地の守り神である産土神様へ参拝する行事で、その土地の一員であることを認めてもらうのです。産土参りや初宮詣、初宮参りとも呼ばれています。

お宮参りっていつやるの?

お宮参りは目安として出生してから約1ヶ月後に行いますが、気候や参加する人の都合で調整可能です。正式には男の子が出生から31日目、女の子は出生から32日目と決まっています。しかし、お母さんや赤ちゃんの体調を考慮して、日取りを決めても問題ありません。正式な日や約1ヶ月後にできなくても、100日祝いまでに行うようです。大安などの日柄が良い日に行う傾向があり、友引や先勝の午前・先負の午後も好まれます。

お宮参りって誰と行くべき?

お宮参りは主役である赤ちゃんが参加し、一緒に行く家族はそれぞれで決めて構いません。正式なお宮参りでは赤ちゃんと父親、父方の祖父母が行くべきとされています。母親や母方の祖父母は自由参加です。本来は母方が着るものやお金などを用意して、父方が参加することになっています。また、母親の忌があけるのは約75日~100日後です。そのため、母親は忌中で参加せず父方の祖母が赤ちゃんを抱っこします。しかし、一般的なお宮参りでは両親も参加し、父方の祖母が参加した場合は赤ちゃんを抱いてもらうのです。

お宮参りってどんな服装で行けばいいの?

お宮参りでは、赤ちゃんは母方から送られた祝着を着ます。男の子は白羽二重の紋付と「熨斗目模様」の掛け着、黒羽二重の紋付などです。女の子は白羽二重と「友禅模様」の祝着を羽織ります。男の子には兜や武者などが描かれ、女の子には牡丹や桜・手毬などが描かれた絵柄です。また、ベビードレスを用意している場合は、それを着て祝着だけ羽織ることもあります。
両親の服装は父親がスーツ、母親は着物やワンピースです。母親は出産してから約1ヶ月後なので、体調に気を付ける必要があります。よって、お腹部分を締め付ける着物でなくてもいいのです。祖父はスーツ、祖母は留袖や着物になります。赤ちゃんが祝着で正装をしている場合は、両親や祖父母もなるべく合わせた方がいいでしょう。しかし、訪問着や略礼装などでも構いません。

お宮参りっていくらかかる?初穂料の相場

意外と知らない!?お宮参りのマナー

お宮参りでは、神社内に入る前に身だしなみが整っているか確認します。境内の手水舎で手洗いと口をすすぎ、心身の洗浄も大事です。神前に進んでからお賽銭をあげ、鈴を鳴らして2礼、かしわ手で2回打ってから1礼します。
正式なお宮参りでは、神職に祝詞をあげてもらうようにしましょう。参列者は玉串拝礼を行います。神主より玉串を受け取り、右手が上で左手は下にします。その後、玉串を胸の高さにして一歩前に進むのです。時計回りに回して祈念し、さらに根元を時計回りにして玉串案に乗せます。

お宮参りの注意点

お宮参りでは、日取りや誰が参加するかをよく話し合うようにしましょう。正式な日にちにこだわらず、体調が良くなった時期や全員が参加できる日にすることが大切です。服装はベビードレスや着物などを用意しますが、生まれる前もしくは生まれてすぐには準備するようにしてください。記念撮影をする場合は、その予約も必要です。さらに、お宮参り後にお祝いの食事をする場合もあります。その時には、お祝いに相応しいお店と料理にするといいでしょう。あらかじめ調べて、コース料理を予約しておきます。
お宮参りでは、参拝と記念撮影、食事などで1日費やすこともあります。よって、赤ちゃんやお母さんに必要な物は準備万端にしておいてください。赤ちゃんの祝着やベビードレスだけでなく、替えの下着や服装を準備します。おむつやミルクも余分に準備するといいでしょう。食事をするお店では、赤ちゃんの寝る場所が必要です。なるべく座敷の部屋や個室を選ぶといいでしょう。タオルや座布団などを用意しておくと寝かせる時に便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です