育児休業給付金って何?申請方法や貰える金額などを解説します!

子供が満1歳になるまで休むことができる育児休業ですが、その間職場から一切給料が支払われないとなると生活が不安だという人もたくさんいるでしょう。経済的なことが心配だという理由から、幼い我が子を人に預けて職場への復帰を考えるママも少なくはありません。
不景気な現代では共働きの家庭が一般的となりつつあるので、ママが長期間休んでしまうと家計が回らないという可能性があります。そんな状態ではせっかくの新しい命の誕生も素直に喜べなくなってしまうでしょう。そうならないためにも設けられた制度が育児休業給付金です。育児休業中に安心して育児に専念することができるようにと設けられた制度は、数多くの家庭の支えとなっています。とは言えこの制度は育児休業中の人であれば必ず受けることができる給付金制度だというわけではなく、そこには様々な条件があります。

そもそも育児休業給付金って何?

育児休業給付金とは、育児休業中に支給される給付金のことを言います。職場から貰うことができる給料とは異なり、ハローワークから支給されるものとなっています。この制度を受けるためには条件があるので、給付を受けることができるのかどうか、またいくら貰うことができるのかというのは人それぞれ異なります。事前に職場やハローワークなどに問い合わせて受給資格があるのかどうかを確認しておくと、安心して育児休業を取得することができるでしょう。

私は貰えるかな?育児休業給付金の条件

育児休業給付金を貰うためには条件があります。まずは被保険者が1歳または1歳2ヶ月未満の子を育てるために育児休業を取得しているということです。この場合に休業開始前の2年間のうちで賃金が支払われた日数が11日以上ある月が12ヶ月以上必要となります。つまり雇用形態に関わらず、被保険者として働いていれば受給資格を満たすことが可能だということです。これらの条件を満たした上に、休業中に賃金の8割以上が支払われていないかどうか、また就業日数が月10日以下であることも要件として満たす必要があります。

いくら貰える?育児休業給付金


育児休業開始前の6ヶ月間の賃金を180で除した額が「賃金日額」と言います。賃金日額×支給日数の67%が1ヶ月分の支給額となるのですが、休業開始6ヶ月後からは50%になるのでずっと67%の額が貰えるわけではないと覚えておきましょう。育児休業給付金の支給は2ヶ月に1回なので、2ヶ月分が一度に入ってくるようになります。1ヶ月毎の申請も可能ではあるのですが、基本が2ヶ月毎なのでお金のやりくりは計画的に行うようにしましょう。

育児休業給付金の申請って大変?必要書類はなに?

申請に必要な書類は育児休業給付金の申請書と、受給資格確認票の2つです。給付を受ける本人の記入や印鑑が必要なだけではなく、会社の承諾も必要なので上手く会社と連携を取って書類を準備する必要があります。記入する内容も難しいことはないので大変なことはないのですが、会社が忙しい時期だとスムーズに対応してもらえない場合もあるので早めに対応してもらうように話をしておくようにしましょう。
育児休業中の生活を支える大切な給付金です。ハローワークが何か言ってくれるわけではありませんし、申請を忘れると給付金が貰えなくなる可能性があるので、会社に任せ過ぎず自分でアクションを起こすようにしましょう。

知っておこう!育児休業給付金の申請方法と期限


最初の申請というのは、給付が受けられることを確定するものなので実際に振り込まれる手続きとは異なります。最初の申請は育児休業が始まる1ヶ月前に行い、必要書類を勤務先に提出すればハローワークに手続きをしてくれます。給付が確定すれば支給額や申請時期が記載された紙が届くようになるので、それを見て2ヶ月毎に申請を行って給付金を受け取るという流れになります。会社がハローワークに行って申請を行う方法もあるのですが、なかなかハローワークに足を運ぶことができないという所も多いのでネットを利用して電子申請を行うことも可能です。基本的には会社が行ってくれる場合が多いのですが、中には会社に任せられないと思っている人もいるでしょう。必要書類を自分でハローワークに持って行って手続きを行うことも可能なので、記載された期日内には申請を行うようにしましょう。

意外と遅い!?育児休業給付金の支給日はいつ?

育児休業給付金は育児休業が始まってすぐに貰えるわけではありません。
まず出産日翌日から8週間は産後休業というものが設けられています。それが終わってから育児休業がスタートするという形になるので、その前に最初の申請を行って給付を確定させます。給付金の申請は2ヶ月毎になるので、実際に指定口座に振り込まれるのは出産日から約4ヶ月後となります。それまでには出産手当などが支給されるので4ヶ月間全く入ってくるものがないというわけではないのですが、育児休業給付金はすぐに支払われるものではないということを覚えておきましょう。

保育園に入れない(>_<)育児休業の延長ってできるの?


2009年の改正により「パパ・ママ育休プラス制度」というものができました。これはパパやママが時期をずらして休業を取得することによって子供が1歳2ヶ月になるまで育児休業期間を延長することができるというものです。しかし中にはパパかママのどちらかしか育児休業を取得することができないという場合もあります。そうなった場合には通常通り1歳までの期間になるのですが、保育園が決まらず預け先が見つからないという場合には1歳6ヶ月まで延長することができます。これは保育園への入所申し込みを行っているけれどできない場合や、配偶者の死亡、負傷、疾病などのやむを得ない事情によって子供の養育が困難になった場合に限られます。
待機児童の問題から保育園に入れない子供が多いことが深刻化している状況を考え、2017年10月からは休業期間を2歳まで延長することが可能になりました。

保育園に入れない(>_<)育児休業給付金貰えない。。そんな時に使える制度はコレ!

条件を満たすことができず、給付を受けることができないという人もいるでしょう。法的に設けられた制度なので、人によって特例が認められるわけではないので受給資格がないとみなされれば給付金を受け取ることはできません。そうなった場合にはどうすれば良いのでしょう。まず退職を理由に給付金を受け取ることができないという場合には失業手当を利用しましょう。今までの給料の中から支払われてきた雇用保険から支給されるものなので、手続きをすれば一定期間で失業手当を受け取ることができます。また地域によっては在宅育児支援として、自宅で育児を行っている家庭に対して現金や金券などで給付を行っているところもあります。こういった制度は法律として決められたものだけではなく自治体が定めて行っているものもあるので、自分が在住している地域ではどのような支援が行われているかをチェックしてみるようにしましょう。

育休中も保険料や住民税って払うの?


妊娠や出産を経験するとたくさんのお金が必要だというイメージがありますが、実際には様々な制度によって入ってくるお金もたくさんあります。支給額は人によって異なるのですが、仕事ができず安定した収入を見込むことができない育休中の給付金はとても大切なものです。しかし収入があるということはそこに税金がかかってくるのが当たり前なので、給付金からどれくらい税金が取られるのだろうと不安に思っている人もいるでしょう。しかし給付金として受け取ったものは非課税対象となるので税金として納める必要はないのです。社会保険料に関しても育休中は免除されるので、事前に会社に申請をするように話をしておきましょう。給付金は非課税な上に収入もないので所得税もかかりません。ですから給付金として受け取ったお金に税金がかかる心配をする必要はありません。育児休業給付金のみならず、出産育児一時金や出産手当など、妊娠や出産に伴って受け取ることができる手当に関しても非課税となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です