ハーフバースデー☆みんなはどうやってお祝いしてる?

ハーフバースデーという言葉をご存知ですか。「生後6ヶ月のお祝い」として日本では知られていますが、由来であるイギリスやアメリカでは意味が異なるようです。そこで、ハーフバースデーについて由来やお祝いの仕方、おすすめのプレゼントや離乳食についてご紹介します。ハーフバースデーに興味のある方は、参考にしてみてください。

そもそもハーフバースデーって何?

ハーフバースデーとは、赤ちゃんが産まれてから6ヶ月をお祝いするイベントです。1歳の半分なので「ハーフバースデー」と呼ばれています(*’ω’*)中には大々的に家族や親戚を集めてお祝いをする家庭もあるようです!我が家では寝相アートで記念撮影をしました☆ハーフバースデーは日々の成長をお祝いし、記念に残すのにいいチャンスになります♪離乳食も始まるので、赤ちゃんも食べれる離乳食ケーキも作りました( *´艸`)また、半年間育児を頑張ったママ・パパをねぎらう意味もあるようなので、サプライズプレゼントなどを用意しても◎

知られていない、ハーフバースデーの由来とは!?


ハーフバースデーは、もともとイギリスやアメリカで行われていたイベントです。イギリスやアメリカでは、長期休み中に誕生日があると友達からお祝いされず、可哀そうという考えでした。そこで、誕生日の6ヶ月前や6ヶ月後に、学校の友達でお祝いをするのです。これをハーフバースデーと呼びます。このイベントが由来となって、日本では生後6ヶ月のお祝いとしてハーフバースデーをするようになりました。日本は生後6ヶ月だけ行いますが、イギリスやアメリカでは生後6ヶ月だけでなく毎年行います。

ハーフバースデー、どうやってお祝いする?


ハーフバースデーのお祝いで一般的なのが、家族や親戚を集めたお祝い会です。赤ちゃんが口にできる食材を使って「離乳食ケーキ」などを作ります。フルーツを半分に切ってハーフにしたものを盛り付けるのも人気です。お宮参りやお食い初めなどでベビードレスを着ていた場合は、それを着て大きくなったことを確認すると盛り上がるでしょう。また、写真館で記念撮影をする場合もあります。ハーフバースデー用のプランがあり、合う背景も用意されているのです。首もすわりお座りもできるようになる時期なので、生後すぐとは異なる体勢で写真が撮れるでしょう。さらに、寝相アートが人気です。寝相アートとは赤ちゃんの寝相と小道具を使った写真を言います。おむつやおもちゃで「/2」という形を作り、赤ちゃんの体で「1」を表現すれば、「1/2」という文字が出来るのです。寝相アートは大きさの違いなど成長を楽しむこともでき、生まれてから毎月撮る人もいます。

ハーフバースデー、子供へのプレゼントは

ハーフバースデーでは、6ヶ月を過ぎた子供が興味を持つおもちゃなどをプレゼントするといいでしょう。例えば、音や光が出るおもちゃです。赤ちゃんが握りやすく、五感を刺激する仕組みがあると興味を持ってくれます。また、色がカラフルだと興味をひきやすいでしょう。音だけでなく言葉を話して受け答えをするおもちゃにすれば、記憶力なども発達します。そして、両親が普段使っている物の類似おもちゃにも興味があるようです。例えば、音や光が出るリモコンやスマートフォン型のおもちゃがいいでしょう。おもちゃ以外には、童謡が流れる絵本などもあります。ボタンを押す楽しみと童謡を聴く楽しみがあるようです。

ハーフバースデーおすすめ離乳食☆


ハーフバースデーをする生後6ヶ月頃は、離乳食を始めてお粥や野菜の裏ごしを食べる時期です。よって、お粥や野菜の裏ごしを綺麗に盛り付けるメニューがいいでしょう。クッキー型などを利用すれば、可愛い形のお粥になります。お粥の上に人参やほうれん草などの裏ごしを乗せると、色とりどりになるのです。お粥以外にも、柔らかくしたマッシュポテトや豆腐を使ってケーキを作ることもできます。絞り器を使って、赤ちゃんの名前や誕生日などの文字を書くと、さらに豪華になるでしょう。絞り器で文字を書くのに適しているのは、茹でてこしたさつまいもやかぼちゃです。適度に固いので、崩れずに文字が書けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です