【主婦必見!】株で利益が出た時の税金と扶養について

株で儲かるのは嬉しいけれど、それが理由で税金が多くかかってしまったり、扶養から外れるのはイヤ!という主婦の方も多いかと思います。
そこで今回は、主婦の方が株で利益を得た時の税金や不要に関することについてまとめました!





株の取引きで発生する税金とは?

株を買う時に税金はかかりませんが、株を買った時よりも高く売れた時にかかる利益(売却益または譲渡益)や、配当金にはそれぞれ20.315%の税金がかかります。

配当金
口座に振り込まれた時点ですでに源泉徴収されているため、自分で何かする必要は特になし。

売却益(譲渡益、または単純に利益とも言います)
・年間での株の利益が38万円を超えると、夫の扶養から外れることに。
・ただし、特定口座(源泉徴収あり)での取引であれば、どんなに大きな利益を得ても扶養から外れずに済みます。

特定口座(源泉徴収あり)での取引なら扶養から外れる心配なし!

株を購入するには、まず証券会社の口座を開設する必要があります。

その際に、特定口座(源泉徴収あり)・特定口座(源泉徴収なし)・一般口座の3つのうちから1つを選択するのですが、扶養から外れたくないという方は、特定口座(源泉徴収あり)を選びましょう。

株で利益を得られることは嬉しいけれど、主婦の方が気になるのは、利益を得ることに伴って夫の扶養から外れたり、夫の会社の健康保険にも加入できなくなってしまうのでは?という問題ですよね。

しかし、そういった問題が起こるのは確定申告した場合のみなのです。

特定口座(源泉徴収あり)とは?

  • 確定申告の必要なし
  • 自動的に計算して納税してくれる
  • 「年間取引報告書」を作成してくれる

特定口座(源泉徴収あり)での取引であれば、その口座で得た利益に対する税金は、自動的に証券会社が計算して納めておいてくれるため、自分で確定申告する必要もありません。

扶養控除を受けるためには、「合計所得金額が38万円未満」と言う条件がありますが、源泉徴収ありの口座での取引であれば「所得」としてカウントされませんので、扶養から外れることはないのです。

ただし、もし何らかの理由で確定申告をする場合には、扶養から外れることになる場合もあります。


特定口座(源泉徴収なし)・一般口座とは?

  • 確定申告が必要
  • 利益が出ても自動的に税金が引かれない
  • 「年間取引報告書」を作成してくれるので、確定申告が簡易にできる(特定口座のみ)

特定口座(源泉徴収なし)・一般口座は利益が出ても自動的に税金が差し引かれず、自分で確定申告を行って納税します。
ただし、特定口座の場合は確定申告する際に必要な「年間取引報告書」を証券会社が作成してくれますが、一般口座の場合には自分で年間の損益を計算する必要があることに違いがあります。

確定申告すると、株で得た利益は「所得」としてカウントされてしまうため、パートでの給料や株の利益などの合計金額が130万円を超えると、夫の扶養から外れることになります。

扶養を抜けることによるデメリット

・夫の所得税、住民税が上がる

・妻も自分の所得税、住民税、社会保険料を支払うことが必要になる

ただし、「年収2000万円以下の給与所得者で、給与以外の収入が年間20万円以下の場合は確定申告をしなくてもいい」という制度があることも知っておきましょう。

例えば、年収2000万円以下のパート主婦である場合は、株の利益が20万円以下であれば確定申告をする必要がないということです。

※専業主婦は38万円以下です



NISA口座の場合

  • 確定申告は不要
  • いくら利益を出しても扶養から外れない

NISA口座を開設する前に、まず証券口座を開設する必要があります。

その際に源泉徴収あり・なしを選択するのですが、どちらを選択してもNISA口座での取引きの場合は、利益や配当金に対する税金は発生しません。

確定申告の必要がなく、どれだけ大きな利益が出たとしても、扶養から外れることはありません。

源泉徴収あり・なしは年に一回変更できる

すでに口座を開設し、源泉徴収あり・なしの変更をしたい場合は、どこの証券会社でも年に一回変更することができます。

ただし、変更の手続きをしてもそれが適用されるのは翌年からですので、注意してくださいね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です