子供の日って何をする?用意するべき物は○○

子供の日には由来があります。それは平安時代にまでさかのぼることができる伝統ある行事です。この記事では、子供の日の由来になった行事は何なのか、一般的にどのように過ごしているのか、用意するべきものは何なのかについて広く紹介しています。子供の日をどのように過ごそうか特別意識していない人も多いかもしれませんが、そうであればあるほど一度知って子供と一緒に楽しく過ごしてみるのもいいのではないでしょうか。

子供の日ってそもそも何?

こどもの日というのは別名として端午の節句と呼ばれています。毎年5月5日にあって祝日です。子供たちが元気に健やかに育ったことをお祝いする日です。子供の日が設けられたのは1948年で「子供の人格を重んじて幸福をはかるだけでなく母親に感謝しましょう」という理由からです。設けられた当時は男の子を祝うための日だったのですが、現在は男の子も女の子もお祝いする日になりました。しかし、子供だけでなく母親に感謝する日であることは意外に知られていません

子供の日の由来


子供の日の由来になったのは平安時代から行われていた政府の公式行事である端午の節句です。昔は5月のことを「午の月」と言っていました。また、「午」と「五」が同じ読み方です。そうしたことから5月5日に行われるこの行事のことを「端午の節句」というようになりました。端午の節句自体は病気や災いを避けるために「菖蒲」を飾って宮中で行われていた行事なのですが、鎌倉時代からその菖蒲が「尚武」という武士が用いる鋭い形をした剣と読み方と同じであることから、武勇や武道を連想して男の子のための行事になりました。 そこから今でも子供の日に武士の身を守る鎧兜を飾るようになったのです。男の子の身を守ることはもちろんですが、武士のように強くたくましく育ってほしいという願いがこめられて五月人形を飾るようになったのです。

子供の日って何をする?用意するべき物は五月人形とこいのぼり


子供の日に用意するべきものは五月人形とこいのぼりです。五月人形を飾る理由は前述しましたが、なぜこいのぼりを子供の日に飾るのでしょうか。それは中国の伝説に由来します。中国には黄河という大きな川がありますが、その川の真ん中に竜門という場所があります。ここは川の流れが特に速いところで、ここを登りきった鯉はいつか竜になるといわれていました。ここから「登竜門」「鯉の滝登り」という言葉も生まれましたが、子供が将来立身出世をして立派な人として名をあげられるようにと飾られるようになったわけです。このこいのぼりには種類があります。最も大きな鯉はまごいという黒い鯉で、二番目に大きい鯉はひごいといって赤い鯉で、最も小さい鯉は、こごいという青い鯉です。はじめてこいのぼりを飾るときには順番に気をつけましょう。

子供の日、みんなどんな風に過ごしてるの?


子供の日はどのようにすごしたらいいのでしょうか。結論からいえばどのようにすごしてもいいのですが、五月人形を飾る、こいのぼりを飾る、柏餅を購入してきてそれを家族で食べてる、菖蒲湯に入るといったことが一般的です。柏餅というのは柏の葉で包まれたおもちのことです。 柏の木の葉っぱは新しく芽が出るまで落ちることはありません。そこから家の跡継ぎが生まれるまで親は死なないという願いをこめて食べるのが本来の理由です。ちなみに、柏餅を食べるのは主な関東の風習であり、関西においては古くからちまきを食べる風習があります。ちまきを食べるのは中国の風習ですが、もともと端午の節句自体が中国伝来のものなので、違和感はありません。それから、菖蒲湯というのはあまり聞いたことがある人がいないかもしれません。端午の節句に菖蒲の葉っぱが入ったお湯に浸かると健康に良いと考えられていたことが由来になります。菖蒲の葉っぱは香りが強くて病気や悪いものを追っ払う効能が期待されているのです。これが今に至るまでずっと伝わってきているわけです。

子供の日にオススメのレシピはコレ↓↓

時短なのに豪華!オススメ子供の日レシピ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です