年子育児って大変?ダブル泣きを乗り越える方法はコレ!

年子の育児って想像よりかなりハードですよね(;´・ω・)我が家は8歳(男)・1歳4ヵ月(女)・0歳3ヵ月(男)の三兄弟なのでゴッタゴタの真っただ中におりますが、、何とかこうして記事を書く時間なんかも確保できてたりします♪それでも新生児期や子供が風邪を引いた時なんかは上の子も下の子もW泣き。。エンドレスの抱っこ。。こっちが死ぬかと思いました( ;∀;)子供の体調も治り、ようやくちょっと余裕も出てきたのでW泣きをどう乗り切ったのか、私が感じた「楽になる方法」&先輩ママ達の体験談をご紹介したいと思います☆

年子育児、二人同時に泣いたらどうする??


私の場合、下の子の新生児期は生まれたてだけに付きっ切りで、夜中の授乳で旦那や上の子を起こさないように別の部屋で私と赤ちゃんだけ寝ていたのですが、、しばらくすると上の子の夜泣きが始まってしまいました(>_<)もともと夜泣きをした事がない子で、夜泣きが始まった時は1歳1カ月を過ぎていたので「これは寂しいからだろうな。。」と反省。。。。それからはまた同じ部屋で寝る事にして上の子が泣いた時は出来るだけ私が抱っこするようにしたら1カ月程度で夜泣きがおさまりました。さすがに二人同時に泣いた時は旦那がいれば上の子を旦那にお願いして私は下の子にミルク、、という感じでしたが、私一人の時に同時泣きをした時は上の子をまず抱っこして、一緒に下の子を見る(おしゃぶりくわえさせるなど)上の子が落ち着いたら下の子を抱っこするようにしました(W泣きの時に先に下の子を抱っこすると上の子が余計泣く事が多かったので)

とにかく上の子優先
以上のことから私はW泣きしたらとにかく上の子優先にしました☆あとは使えるものは何でも使う!オモチャやアレクサ(子供の好きな曲をかけたりしました)、上のお兄ちゃん(家は三兄弟なので)、時には旦那や母親に手伝ってもらって、いかに自分が楽するかを考えました(笑)

先輩ママから学ぶ!年子育児はココが大変!私はこうして乗り切った!

私には年子の子供がいます。年齢は2歳と1歳です。。、1人が泣き始めるともう1人も泣き始めるので親も一緒に泣きたくなります。でも一緒に遊べるので私は女の子の年子で良かったと思っています。2人で遊んでくれているので家事がはかどります。。、年子の良さはなんでもいっぺんにできるのがいいです。今トイレトレーニングをしていますがこれもいっぺんに取れそう。おさがり等はできませんけど洋服もおじいちゃんおばあちゃんに買ってもらえるので一切かかりません。

うちは双子なのですが、とても大変でした。抱っこのしすぎで腰が痛くなったことがあり、その時は治るまで抱っこは旦那に任せ、その間に私は家事をしていました。また、子供と一緒に入るお風呂は旦那に任せて、入浴後のバスタオルの準備などは私が行い、夫婦で双子育児をしていました。、一人で頑張りすぎても疲れてしまうので、誰かに助けを求めることも必要だと思います。双子育児は大変ですが、双子が同時に笑う姿を見ると心が癒されています。。

年子の男の子2人の母です。大変という点では2人目が生まれてから上は1歳になったばかりで、赤ちゃんなので十分にかまってあげられないという点ではある意味大変だし、可哀そうな事をしたと思っています。上が離乳食完了したぐらいだったけど、まだまだ食事には注意が必要なので、その用意と下のお世話など忙しいという点です。可愛さは、1歳はとにかく可愛いです。赤ちゃんもとっても可愛いです。その2人がくっついてお昼寝している時や、抱き合っている時は最高に可愛いし、まさに天使!1歳の可愛さ、赤ちゃんの可愛さ。。、とても大変だけど、2人の、また違った可愛さの天使達を一度に見れるのはすごく幸せでした。。、W泣きは赤ちゃんがおんぶできるならおんぶ、上は抱っこなどして上を優先するようにしていました。うまれたばかりならば、主人にその時によりますがどっちかを抱っこしてもらっていました。ですが、なるべく上の子優先です。

年子姉妹を育てています。1才4か月差ですが、小さいなりにお姉ちゃんをしっかりしてくれてとても助かります。姉も妹も、もう少し離れていたらそれぞれに手をかけてあげれたかな、とも思いますが、大きくなってくるとお友達と遊べない時も二人で遊べたり、好きになるキャラクターなども同じなのでそのあたりは良かったなと思います。苦労したのは、誕生日や進級などで、どちらかしか新しい物を買ってもらえない時にもう片方が理解できるけど我慢できなくて結局買える物は二つ買う事になっていました。幼い頃は大変ですが、習い事も大差ないので一緒のクラスでできたり、いい事もたくさんあります。

上の子が半年の時に下の子が出来たのでお腹おおきいながら妊婦はきつかったです。下の子が生まれてまだ上の子も赤ちゃんだったのでおっぱいあげたりミルクあげたりと大変な毎日でした。下の子はまだ良く寝てくれたからよかったのですが、だんだん大きくなって行くたびに双子みたいな感覚でした。泣くときは一緒にないたり、わがままな2人も大変でした。もうわたしはイライラしてましたが、今では2人仲良く学校へ行くこともできて、年子でよかったかなと思います!

年子育児で、下の子が泣いて抱っこしたり、ミルクをあげたりする時、やはり、上の子も、抱っこして欲しかったり、ミルクの代わりに、牛乳が飲みたいと言ったりと、2人同時にそれぞれ要望されると慌ててしまうことがあります。日中は、自分1人しかいないので、1人で2人の面倒をするのは、正直、大変です。寝かす時も、2人同時に寝かせるのもなかなかスムーズにいかないこともあります。全体的に、なるべく、上の子の要望などを優先的にするようにしていますが、うまくいくときもあれば、そうでない時もあるので、毎日、悩みながらですが、その中でも子供は成長していますので、日々、子供と話をし、遊んだり、時には、親に預けたりなど、少し息抜きをしながら育児をした方がいいと思います。。

年子の子供がいますが、下の子が1歳半過ぎるまでは大変でした。特に下には手を焼き、、頼れる家族が近くにいないのでお友達や一時保育を利用してなんとか乗り切りました。他にも、児童館などのイベントなどに行ったりして家の中にこもらにように気をつけました。この間無我夢中で育児していたのですが下が2歳過ぎて余裕が少しずつでてきました。上の子と遊べるようになったり、コミュニケーションを取れるようになって「可愛い!」と写真ばかりおさめて、お揃いの洋服を着せたりして育児を存分に楽しみました!今は二人で喧嘩しながらもずーっと一緒に遊んでいてとっても癒やされます。振り返ると年子育児のスタートは食事も手抜きしてなんとかやってきた感じですがそれでも今ハッピーに育っているので、一番はお母さんがストレス貯めずに育児を楽しむ事がハッピーな子供に繋がると思います。

子育ての大変さはやはり二人ともまだ赤ちゃんなので、それぞれの欲求を同時にぶつけられたときにいかに対処できるかでしょうか。上は姉といっても一つしか年齢が変わらないですし、赤ちゃんがいることで自分も赤ちゃんの真似を頻繁にします。また、モノの取り合いも激しく、お互いが譲り合ってつかうことができません。しかし、半年ほど一緒にいる中で、少しずつお互いのことを意識し始めてか、一緒にいる機会が多くなってきたのが、見ていてほほえましくもあり、成長したなぁと思います。

現在4歳と来年1月で3歳になる年子兄弟を育てています。下の子が生まれた時、上の子は1歳半だったのでイヤイヤも出てきていたのと、赤ちゃん返りで本当に大変でした。下の子を抱っこすると、お兄ちゃんは自分も抱いて欲しくて大泣きするし、お風呂も午前中に弟を入れて、夜お兄ちゃんを入れる時には、脱衣所で寝かせて待たせたりしていました。気になるので、何度も覗きながら入れていました。でも、お兄ちゃんも弟がいる環境に慣れると、弟の世話のお手伝いをしたがるようになり、弟は近くにいい見本?ライバル?がいるので、成長がとても早かったです。大きくなるにつれて、だんだん一緒に遊べるようになり、今では喧嘩もたくさんしますが、二人で勝手に遊んでくれるようになり、兄弟で良かったなと思います。今思えば、たくさんあった小さい時の悩みはほんの一瞬でした。たくさん悩んで、たくさん泣きましたが、、、年子で良かったと思ってます。

姉と弟の年子を育てました。一度にまとめて大変なことがやって来るのが辛いことはありましたが、大きくなると、お弁当を作る期間が短くて済むなどのメリットもあります。W泣きには、どちらか一方をくすぐって笑わせると、もう一方もつられて笑い出すので、困った時にはそうやって乗り切りました。小さいうちは本当に大変ですが、双子のような二人が仲良く遊んでいるのが可愛くて可愛くて、そんな光景を見ると、疲れを忘れることもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です