自転車がスムーズに乗れるようになる!?練習のコツは○○

最近はすごい小さい子も自転車に乗ってるけど、うちの子はいつから自転車の練習しようかな。。友達が乗っているのにうちの子だけ乗れないなんて可哀想!?でも自転車の事故も怖いし。。。と悩んでいる親御さんへ向けて、自転車練習を始めるべきタイミングや教え方のコツなどを調査しました☆

いつから自転車に乗せるべき?


一般的には4~5歳くらいで自転車の練習を始める家庭が多いようです。(2、3歳の子がストライダーで走っているのもよく見かけます)

この間、3歳くらいの子が自転車でビュンビュン走っているのを見て驚きました(‘へ’;)

す、すごいけど、、怖い。。もちろん保護者も後ろからついて走っていましたが、私は小さい子供が自転車で走るのは怖くて、「子供が乗りたいというまで乗せないでおこう」と思っていました。

我が家では年長さんの頃に自転車を買い、旦那が1度子供と乗りに行きましたが、練習する過程で何度か転び、「もう嫌」と泣きながら帰ってきて以来、「自転車=嫌い」が定着してしまったようで、新品のまま2年くらい倉庫に眠っていました。

STRIDER :ストライダー正規品 2年保証 送料無料 バランスバイク

価格:11,772円
(2019/6/3 14:40時点)
感想(100件)

小学校に入り、周りの子が自転車に乗り始めたので、息子に「自転車練習する?」と聞いてみたら「別にいいや」と言うので、内心ホッとしながら小学校3年生まできてしまいました(笑)が、小学校では1年生でも補助輪をつけている子の方が少ないくらい、みんな乗れているように感じました。

うちの息子はその後、3年生の自転車教室の前日に練習し、2時間程度で乗れるようになりました。

なので小学校3年生まで乗れなくても特に不自由もなく、私としては自転車の事故の心配もなかったので有難かったです。ただ始めて練習をした時に「楽しい」という感覚が芽生えていたらもう少し早く乗れるようになっていたんだろうと思います。

その子の性格や環境(仲の良いお友達が自転車にのっているなど)によっても変わってくると思うので、お子さんがいつ乗りたいと思うのか、と親御さんがいつ乗せたいと思うのか、で折り合いをつけて自転車練習を始めるタイミングをみたらいいのかな?と思います。

短時間で自転車に乗れるようになる教え方

やはり子供のやる気が大事。うちの場合は「明日自転車教室があるから、それまでに乗れないと恥ずかしい」という思いが息子の中にあったようで、真剣に練習していたので、フラフラながらも乗れるようになるまでは10分もかからず、2時間できちんと乗れるように(カーブは少し不安だったけど)なりました。

まず、子供にやる気を起こさせる、そして自転車の楽しさを教える。子供を褒める。これが重要ではないでしょうか?

小学校での自転車教習って何やるの?


小学校によって時期や内容など異なる事がありますが、一般的には小学校3年生の始めころに学校で「自転車講習」というものがあります。うちの学校ではこの日は自転車を保護者が学校まで持っていき、帰りは子供が引いて帰ってきました。

自転車教習では、先生が交通ルールを教えながら、自転車に乗れているかチェックし、先生から「自転車免許」をもらえたら、”保護者と一緒じゃなくても自転車乗っていいよ”というきまりになっているようで、小さい頃から自転車に乗っている子でも、”この免許を貰うまでは自転車に乗る時は保護者と一緒じゃないとダメ”と言われていました。ほとんど全員の子(学年で数人乗れない子はいましたが、、)が免許を貰ったようです。

体験談!!私はこうやって自転車の乗り方を教えたよ

最初は自転車にまたいで両足でこぐ練習をして、バランス感覚を体に覚えさせました。その際、ぎゅっとブレーキを握って、しっかりとブレーキをかける練習も大切です。次に自転車の後ろを持ってあげて、ペダルに足を乗せてこぐ練習です。その時にどうしても自分のこぐ足元を見たり、下の方を向いてしまうことが多くなります。そうするとハンドル操作がふらふらしたり、スピードが出せなくて倒れてしまうので、目線は必ず自分が行きたい方向で少し遠めのところを見るように教えました。

うちの子供は、1歳半頃からとにかく、家の中でも外でも、アンパンマン号から始まり、バランスバイク、キックボードなど乗っていました。そのせいか、自転車もすぐ乗れるだろうなと思いました。自転車を買い与えたのが、3歳でしたが、補助輪は3ヶ月ほどしかつけていません。もちろん、最初の数日は後ろを支えましたが、一番のコツは、進行方向まっすぐのところに誰かに立ってもらい、ここにおいでって言うことです。子供は真ん前だけしっかり見てるので、ほぼまっすぐ向かって来られました!また、小さな頃からの乗り物好きで、バランス感覚が自然に身についたのだと思います。

この自転車に乗りたい!と子供が思う自転車を一緒に選びましょう。慣れるまでは左右に補助輪をつけて乗ります。補助輪付きで走行することに慣れたら、「ガラガラ音がならないように自転車を漕いでみてね」と伝え、ゲーム感覚でバランスを取る練習をします。

補助輪が地面につくと、結構大きな音がなります。でも上手にバランスをとって補助輪がつかないように漕ぐと音がならないのです。音がならなかったときはしっかり褒めてあげてください。

コツをつかめてきたら、片方の補助輪を外して同じように音がならないように漕いでもらいます。うちの子供はこれで両方の補助輪を外したときにはコケることもなく、その日のうちに上手に乗れるようになりました。自転車に乗れない人はあまりいないので、急ぎすぎず子供のペースでのんびり補助輪付き自転車の音がならないように毎日自転車に乗ることが大事だと思います。気に入った自転車なら子供も頑張れるはずです。

最初に、ペダルを外してストライダーのように地面を足で蹴って進む動きで、ハンドル操作とバランス感覚を養いました。大体30分くらいの練習ですいすい進むようになりました。それからゆるい坂道を下らせて、ブレーキをかける練習をしました。最後にペダルをつけて足でこぐ練習をしました。この練習は、親が後ろ部分を持って手伝いました。バランス、ブレーキ、足こぎの3つを同時に出来るようになるまで、3日くらいかかりました。

我が家では息子が3歳ごろにストライダーを購入して乗せていました。ペダルが無いので足で地面を蹴って前進します。最初はまたがってはいるもののほぼ普通に歩いているような恰好でしたが割とすぐ自分でバランスをとって進めるようになり、最終的にはゆるい下り坂などでずっと足を地面に付かずに長い距離乗っていられるようになりました。ストライダーに問題なく乗れるようになってから自転車に乗せたところ、ペダルを踏んで回すという動きに慣れる必要はありましたが、その日のうちに自転車をこぐことができるようになりました。同じように娘もストライダーから自転車に移行しました。息子に比べて慎重派だったので自転車に乗り換えるのにもう少し時間はかかりましたが、ストライダー自体はすぐに乗れるようになりました。自転車に乗るときにはバランスが取れるようになっていたので、親が後ろを支えて走ることもありませんでしたし、苦労もありませんでした。

まず自転車に乗ることをイメージとしてわかってもらわなければいけないので、先に自分で乗って走ってるところを見せることから始めました。その後、まず前に進まない状態にしてから前をまっすぐ向きながらペダルを漕ぐことを本人にやってもらいました。それから自転車の後ろを私が支え、体のバランスの取り方に慣れさせてから前に進んでいく。それも慣れてきたな、と思ったらある程度のところで手を離すようにして教えました。急にやらせたり、こちらがしびれを切らして早く進めてしまうと子供も焦ってしまうので、とにかく子供のペースに合わせて教えてあげることが重要だと思います。

キックバイクが良いと聞いたので買って、家と公園でどんどん乗らせるようにしました。最初はゆっくり乗って、あまり積極的に乗りませんでしあたが、蹴って進むコツをつかむと、どんどんスピードが出て、楽しくなってきたようなので、補助輪なし自転車をレンタルできる場所に行って、突きっきりで練習をしました。キックバイクでバランスはとれるようになっているので、あとはペダルをこぐ方法とぐっと踏み込むタイミングを教えただけ、すぐ乗れるようになったので、自転車に載せる前にキックバイクでバランス感覚をつかませるのがコツです。

子どもに自転車の乗り方を教えるとき、広い平らな公園で、周りの目を気にせずに子どもがのびのびと転んだり走ったりできるところがおすすめです。思いのほか子どもは周りの目を気にします。そして昔からのやり方のとおり、後ろの荷台を持って一緒に走って、グラグラ、グネグネ、ドテーン。泣きそうになったら、褒めちぎってにこにこ笑って前向きな雰囲気を消さないようにします。子どもの力ではハンドルが支えきれない場合は、ハンドルに手を添えて一緒に進みます。そのうちどんどん進み始めるので、そっと手を離します。

子ども3人います。上の子1年生、まん中の子年中さんから始めました。二人共まず補助輪を付けてから1年後くらいから片方外して1週間後にはその車輪も外して練習しました。基本は両足がしっかり地面につくサイズの大きさの自転車に乗ることで、初めはペダルを漕ぐというよりもバランスを取るという意味合いで、蹴ってでの練習を行いました。意外とペダルをこぐ方が難しく、バランスが取りづらいようでペダルを使うようになってからは自転車の後部を持ってあげての練習で集中して2日程で乗れるようになりました。一番下はその教訓を生かして、初めからペダルの無い自転車に乗せて練習するとバランスとるのが早く、乗れるようになるのも早かったのでペダル無しから入るのがオススメ、です。

子供は2歳からペダル無しのストライダーに乗っていましたが、それすらも4歳まで乗りこなせずでした。4歳の誕生日におじいちゃんから自転車を買ってもらったのですが、最初は補助付きで数カ月乗り、べダルの使い方とブレーキの練習、交通ルールなどを学ばせました。次に補助輪と一緒にペダルを外しました。
またいで足で漕ぎ、ストライダーのようにバランスを取る練習をさせ、安定してご近所1周できるくらい数カ月。自転車を購入して半年以上たって初めて補助輪なしのペダル付で乗せてみました。最初数回は倒れないように後ろを抑えましたが、5歳になる前に乗れるようになりました。もっと早く練習をはじめる子もいるし、3歳前には乗れたという子もいますが、交通ルールを守れてきちんとブレーキが使えるまで乗せる必要はないと考えています。うちは5歳でしたが、小学校入学してからでもよかったと思うので、焦る必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です