こどもチャレンジ(進研ゼミ)ってどうなの?気になる費用や効果

テレビや雑誌などで、しきりに見かけるこどもチャレンジですが、実際にやってみるとどうなんだろう?と気になるところです。我が家もそうでしたが、思い切ってこどもチャレンジぷちから始め、ぽけっとからじゃんぷまでを経て、チャレンジ1年生と続けてきました。一通り経験したので、こどもチャレンジについての知識も大分つきました。そこで今回は、こどもチャレンジの入会方法から、メリットやデメリットなどをご紹介しようと思います。子育て中のママさんの参考になれば幸いです。テレビや雑誌などで、しきりに見かけるこどもチャレンジですが、実際にやってみるとどうなんだろう?と気になるところです。我が家もそうでしたが、思い切ってこどもチャレンジぷちから始め、ぽけっとからじゃんぷまでを経て、チャレンジ1年生と続けてきました。一通り経験したので、こどもチャレンジについての知識も大分つきました。そこで今回は、こどもチャレンジの入会方法から、メリットやデメリットなどをご紹介しようと思います。子育て中のママさんの参考になれば幸いです。

こどもチャレンジ、入会方法と最短受講月数


こどもチャレンジの入会の仕方は2つあります。まず1つ目はチャレンジHPの入会受付ページから申し込む方法です。そして2つ目は、専用の電話番号に直接電話をして申し込む方法です。友達で進研ゼミをやっている人がいれば紹介特典などもありますので紹介してもらった方がお得です♪受講月数ですが、最短で2か月~です。残念ながら通常は1か月分のみお試しで受講することは出来ませんが、キャンペーンなどで1か月お試し、をやることがあります☆最短の2か月分試してみてから退会しようと考えているなら、早めに連絡をしないと退会の締め切り日が来てしまいますので気をつけましょう。

こどもチャレンジのお得な入会時期と退会方法

こどもチャレンジのお得な入会時期はいくつかあります。まずは12月です。12月はクリスマスがあったり、室内遊びが増える時期であったりするので特大号として豪華な教材がついてきます。さらに8月号も12月号同様に、豪華でボリュームのある教材が付いてくるので、要チェックです。最後にお子さんの誕生月です。こどもチャレンジでは誕生月に合わせて特別号が届くことになっています。退会する時は、退会希望号の前月の5日までの手続きが必要となります。退会の連絡ははがきでするか、専用の電話番号に連絡をするかのどちらかになります。

チャレンジタッチVS紙媒体どっちがいい?


こどもチャレンジはチャレンジ1年生になると、チャレンジタッチという専用のタブレットで学習を進めていくか、紙媒体で進めていくかを選択することになります。どちらがいいか迷うところですが、お子さんの性格や、学習を進める家庭環境も関係してきます。まず、通常の鉛筆を使って紙に書く、という形式ですと終わったら誰かに答え合わせをしてもらわなければなりません。ご両親が忙しい場合は、出来たらすぐ答え合わせというわけにはいかないかもしれません。チャレンジタッチの場合は、正解か不正解かがすぐに表示されます。子供だけで学習を進めていくのにチャレンジタッチは便利です。どちらの方が優れているということではなく、使うお子さんや、家庭環境を考えて選ぶのがおすすめです。

チャレンジタッチのタブレットはいくら?故障したらどうするの?

チャレンジタッチのタブレットの値段ですが、6ヶ月未満で退会した場合税込み14800円の支払いが必要になります。6ヶ月以上受講すれば、タブレットは無料です。受講料はチャレンジ1年生で、12ヶ月分一括払いならば、月あたり2705円です。ちなみに6ヶ月分一括払いならば、月あたり3014円で、毎月払いならば、月あたり3343円です。学年が上がる毎に受講料も上がります。故障の際は、年間税込み1836円のチャレンジパッドサポートサービスに加入していれば、自己破損の場合でも安価でタブレットを交換してもらえます。サポートなしの場合は交換料税込14800円に加えて手数料税込2000円がかかります。長く続けることを考えると、万一のためにサポートサービスに加入しておくとお得です。我が家はサポートに加入していたため、画面の傷(小1の息子は扱いが雑なので。。。)のせいで反応しなくなった時は無償で交換してもらえました☆

こどもチャレンジ(進研ゼミ)のメリットとデメリット


こどもチャレンジの最大のメリットは、子供の月齢に合わせた玩具や教材を届けてくれることです。初めての子育ての時は特にですが、迷うことが多く、どんな玩具をどのタイミングで買い与えたらよいのかを正確に把握するのは難しいことです。チャレンジはそろそろこういうのが欲しいかな、とか、こういうことが出来るようになって欲しいなとか、こちらが漠然と願っているところにぴったりとはまる玩具や教材を提示してくれます。デメリットは、使い終わった玩具や絵本などがたまっていくことです。月齢が進めば自然と卒業する玩具が出てきますし、こどもチャレンジをやっていることが周囲に知られていないと、似たようなおもちゃをもらったりすることもあるかもしれないので、不要になった玩具がたくさん残ってしまいます。

こどもチャレンジって海外受講できる?


こどもチャレンジは海外受講も出来ます。ただしこどもチャレンジbabyのみ海外受講での取り扱いはありません。販売会社を通じてのお申込みになるので、指定の販売会社を選んで手続きを進めていくことになります。手続き後は販売会社から毎月教材が届き、支払いも販売会社へ入会時に指定した方法ですることなります。申し込みから2~3週間で、初回の教材が届くシステムになっているようです。海外受講の場合は、おともだち紹介のキャンペーンは対象のようですが、国内での入会キャンペーンなどは対象外とされています。なお海外では、年度払いでの受講となります。

こどもチャレンジ(進研ゼミ)を実際に使ってみた感想

こどもチャレンジを子供が1歳の頃から一緒に使っていますが、一番感じることは、子供の成長に今欲しいと感じるものをしっかり提供してくれたということです。幼児の頃は特にそうですが、親子で一緒に取り組むというものばかりなので、必然的に親子で遊びながら学ぶ時間が増えるようになります。親として、どのように手助けをしたらよいのかなども教材の中で教えてくれるので、やりながらこちらも助けてもらったなと感じることはたくさんあります。小学生になった現在も続けていられるのは、こどもチャレンジが子供の成長の過程において、欠かせないものになっているからなんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です