1歳の誕生日☆みんなはどうやってお祝いしてる?

子供の誕生日は特別なものですが、特に1歳の誕生日は盛大に行いたい方も多くいるのではないでしょうか。なんでも初めては特別ですよね。誕生日には、子どもが大好きなケーキを用意したり家族全員で写真を撮り形として残すことで一生の思い出になります。今回は、子どもそして家族の一生の思い出に残る誕生日のお祝いのやり方を一緒に考えてみましょう。

初誕生って何?

初誕生とは、一言で表すと子どもが生まれて初めて迎える誕生日をお祝いすることです。日本では元旦になると年齢を増やして数えてきたせいで、産まれたその日の誕生日を祝う習慣は存在しなかったのです。現在、一般家庭で行っている誕生日は実は外国から日本に伝わってきたもので、その結果、日本でも1歳の誕生日は盛大に祝う習慣が定着したのです。なぜかというと、昔は医療設備も充実していないことが原因で産まれてもすぐに亡くなってしまう赤ちゃんが多くいたために、そんな環境の中でも無事1歳まで育った喜びと子どもの安全を願っての儀式をおこなう意味が込められているのです。

1歳のお祝い、みんな何してる?


1歳のお誕生日のお祝いを記念に残そうと考えている方が一般的に多いです。記念に残す方法としては、写真に残そうと考えている人が多くいます。普段自分たちで撮っていると、母親や父親が子どもと一緒に写真に写るチャンスがあまりないので、写真館で家族そろってプロに撮ってもらう方法があります。他にも、スナップ写真やムービーでわが子の成長を残すことができます。例えば、誕生から1歳までの成長の過程を記録したフォトブックを作り、それを1歳の誕生日パーティーの際に部屋に飾りつけるという演出をすることもできるのです。紙粘土や絵の具を使って手形や足形を残す方法もあります。紙粘土や絵の具は100均で買う事もできるので簡単に手に入りやすく片付けも容易なのが特徴です。手形や足形を記念に残しておくと成人式などの節目の時に見返すことができるので懐かしい気持ちを思い出すことができるということで人気の残し方になります。子どもと同時に親や兄弟の手形や足形を記録するのも瞬間の思い出になるので家族の記念になります。絵の具で手形や足形を取った物を使ってアート作品を作成するのも人気があります。型を取ったものにイラストを書いてくれるプロの業者があります。そこに依頼をすると、手形や足形の特徴に応じて動物や乗り物のイラスト描いてくれて1つのアート作品ができあがります。1度型を取ってしまえばコピーをすれば何度も手足に絵の具を付けなくてもいいので安心して依頼することができます。出来上がったものを自宅に飾るとインテリアとしてもおしゃれに飾ることができたり思い出を日々確認することもできるのです。

一升餅って何するの?

そもそも一升餅とは、一升分のお米、約1.8kgのお餅のことで実際は蒸してお餅なので、だいたい2kgぐらいのお餅を使うことになります。
一升餅にどのような意味が込められているかと言うと、一生食事に困らないように、一生が健康に暮らせるようになどの願いや思いを込めているのです。ほかにも、一升餅が丸い形をしているので、円満な人生を送れるようにとの意味も込められているのです。
一升餅の具体的なお祝い方法は、風呂敷に包み背負わせる方法が一般的になります。地域によって背負わせたり踏ませたりなど様々ですが、立ったり立てなかったり、転んだりしてしまっても何をしても縁起が良いとされています。

将来は手先が器用に!?1歳の選び取り


1歳の選び取りというのは、子どもの将来を占う方法でやり方は、家にある様々な物を子どもの前に並べて、どの物を取るかでその子どもの将来を占うというものです。用意するものは、そろばん、お財布や筆、定規、ハサミなどです。そろばんを手に取った場合は、計算が得意であったり商人に向いていると言われています。お財布を選んだ場合には、お金に困らないことやお金持ちになるとされています。筆を選んだ場合は、芸術や文学の才能があることや、定規を手に取った際には几帳面と言われているのです。ハサミを手に取った際には、手先が器用になるとされています。
選び取りは、特に決まりがないので例えば、親が大工の場合には、大工道具を置くことも可能です。しかし、子どもは普段目にしている物や触れている物を選択する傾向が多くあるので歳の選び取りをする前には、他の物も慣れさせておくことが必要になります。

一緒に食べれる☆1歳の手作りバースデーケーキ

1歳の子どもと一緒に食べる事が出来るバースデーケーキのレシピが数多くあります。卵アレルギーの子どもでも卵を使わずホットケーキを焼いて、その周りにヨーグルトを塗るだけでケーキになります。ホットケーキの代わりに食パンでも対応できます。ケーキの形を子どもの好きなキャラクターにすることやフルーツをたくさん使えば豪華に見せることもできるのです。

誕生日だから離乳食もゴージャスに♪

子どもが初めて迎える特別な1歳の誕生日に可愛いバーステープレートを作るのが人気です。どのようなバースデープレートを作ればいいのかというと、 子供の大好きな食材を沢山使ってあげることやカラフルな食材を使い食べて楽しくなるような彩りを心掛けることが挙げられます。ほかにも、手掴み食べ物を運んでしまう時期なので、一口サイズの手掴みメニューも取り入れてあげることや星やハートなどのクッキー型を使うとゴージャスになるのです。

1歳の誕生日の体験談!やってよかった事とやればよかった事

1歳の誕生日にやってよかった事は、年賀状に子どもの写真を使って祖父母に出そうと思い、写真スタジオに行きって誕生日の記念撮影をしたのです。1歳の記念にもなると同時に年賀状にも使えたので満足をしたことを覚えています。撮影した写真を使いカレンダーを作ることができるので自宅に飾ることができます。ほかには、誕生日プレゼントを買ったことです。靴や服なの度に誕生日や名前の刺しゅうを行ってくれるところもあるので記念になります。
事前に一升餅とお誕生日ケーキの手配しておいて、祖父母を自宅に招き誕生日パーティーをおこなったのです。一升餅を背負った時には皆がビデを構えて録画をしていて何度も見返していた光景があったのです。
やればよかった事は、子どもの手形や足形を取っておくことです。やはり一生に一度の初誕生日なので記録を取っておくと後々記念になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です