子供に家庭教師は必要?家庭教師の月謝や先生の質などを徹底リサーチ!

子供の成績を上げるには家庭教師から教えてもらうことが最も早い近道です。もちろん、塾もありますので、家庭教師とどちらの方がいいのか迷ってしまう家庭もあるでしょう。毎月どのくらいの金額がかかるのか、おすすめの家庭教師を派遣している会社はどこなのか、家庭教師との契約の種類はどういったものがあるのかといった家庭が疑問に思うことなどについて広く紹介していきます。家庭教師をお願いしようと思っている家庭はぜひ参考にしてください。

意外と知られていない!?家庭教師の契約の種類

家庭教師の契約の種類は主に2つあります。1つは個人契約でもう1つは法人契約です。前者は会社とは契約していないフリーの家庭教師と契約することです。典型的なのは近所の知り合いの人に頼むときでしょう。正式の契約書を交わす必要がありません。ただし、なんらかのトラブルが起きたときにはその家庭の自己責任になります。また、後者は家庭教師と契約して派遣している会社と契約することです。正式の契約書を交わします。何かトラブルが起きたときには会社が責任を持って対応してくれます。

家庭教師っていくらかかる?月謝の相場をリサーチ


家庭教師の月謝の相場はどのくらいでしょうか。これは教える生徒に応じて変わります。たとえば、中学受験のない小学生の場合は1時間あたり1500円から4000円が相場になります。中学生なら2000円から5000円です。週2回で1回2時間というのが一般的なので、小学生なら月に24000円から48000円で、中学生なら月に32000円から64000円です。このように相場に差があるのは契約の種類や受験の有無が関係しています。個人契約の方が法人契約よりも安価になる傾向がありますが、質を重視して家庭教師を選ぶことが重要です。

家庭教師を変えたい!先生の質と相性


家庭教師が予定していた時間に遅刻したり、教え方が間違っていたり、成績がなかなか上がらないようなときには、家庭教師を変えたいと思うのは当然のことです。先生に不満があるなら個人契約の場合は直接契約を終えたい旨を伝えましょう。法人契約の場合は会社に連絡すれば会社側で対応してくれます。家庭教師の月謝と質は比例関係にあります。月謝が高いということは会社から評価されている証拠です。ただし、生徒との相性もありますので、月謝が高ければ生徒の成績が必ずしも向上するわけではありません

塾と家庭教師、どっちがオススメ?

塾と家庭教師のどちらが向いているかという問題は常に付きまといますが、ある程度学校の勉強についていくことができる子供、人見知りをあまりしない子供、他の人と競い合いたい子供には塾が合っているでしょう。勉強の目安としては偏差値が50前後で学校のテストで平均点くらいを取っていることです。一方、あまり学校の勉強についていけない子供、マイペースに勉強をしたい子供、人見知りが激しい子供などは家庭教師が向いています。

子供部屋VSリビング、家庭教師の先生にどこで教わる?


家庭教師に教えてもらう場所で多いのは子供部屋です。子供がリラックスしながら勉強ができますし、先生と子供が1対1で教わることができて周囲を気にせずに勉強できるのは大きなメリットです。一方のリビングで教わるときは家族がうろうろしたりご飯やおやつを食べたりテレビの音がつけっぱなしになっているなど集中力が途切れやすいです。子供だけでなく先生側も家族から監視されているような気持ちになってしまうこともありますので、あまりおすすめできません。

家庭教師はどこで探す?オススメのサイトは学研グループの家庭教師

おすすめの家庭教師会社は学研グループの家庭教師です。家庭教師を派遣してくれる会社は日本全国にありますが、悪質な勧誘がなく料金も相場どおりの優良な家庭教師会社です。無料で資料請求もできますし、無料の授業体験も実施しています。学研グループの家庭教師は大学生などの普通の家庭教師だけでなくプロ家庭教師も派遣しています。子供の成績を着実に上げたかったり、受験を控えている子供を抱えている家庭にはプロ家庭教師がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です