30代女性の肌荒れはやっかい!?スキンケア最善策

30代で自覚する肌荒れ

肌の老化は10代後半から始まり、20代になると小さなシミやシワが肌表面に現れ始めます。20代後半になって、化粧のノリが悪い日があると感じたことのある人は多いのではないでしょうか。30代では、化粧のノリが悪い日の数が増え、ファンデーションの色もワントーン暗めを選ぶようになったりしていませんか?中でも多い悩みはくすみやかさつき、20代の子に負けないぞとメイクでカバーする人は少なくありません。30代女性がやりがちな化粧の厚塗り(下地の重ね塗りも含む)によって、その場限りの美肌を作っても、肌荒れは改善しません。肌の回復能力を取り戻すべく、まずは日頃のお手入れや生活習慣を見直すことが大切です。それぞれの肌タイプによって自覚症状が違います。

乾燥肌タイプ
20代に比べてさらに乾燥しやすく、カサつきが目立つようになってくる。乾燥部位が赤くなったりかゆくなったりする。細かいシワがふえてくる。くすみや血色の悪さから疲れているように見られやすい。。。
混合肌、脂性肌タイプ
思春期の頃とは違う吹き出物が出やすくなる。毛穴の凹凸(開き)が目立つようになる。吹き出物の跡がシミのように残る。乾燥するようになる。くすみが取れない

肌荒れの原因は?

30代になると、皮脂の分泌量が減ってきます。そのため肌内部の水分が蒸発しやすくカサカサ肌になったり、水分が足りなくなり毛穴が開いてしまったりするのです。外気の刺激が直接肌に触れやすくなることで、古い角質をため込んで肌を守ろうとしてしまう防衛反応が起き、肌荒れやくすみを生み出す原因となっています。朝起きたら、枕の跡が頬からなかなか消えないと感じたりしませんか?30代の女性は、肌本来の回復能力が低下し始める年代でもあるので、連日の残業や夜更かしは大敵です。


また、ストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れやすい年代に入ったことも原因のひとつです。女性ホルモンの「プロゲステロン」と「エストロゲン」という2つのホルモンがバランスよく分泌されていると、体も肌も調子が整う仕組みになっていますが、このバランスが乱れてしまうと急な肌荒れが発生しやすくなります。生理前になるといつもの化粧品が合わなくなったり、吹き出物が増えたりするのはこのためです。さらに、吹き出物が出来る原因の一つとして、男性ホルモンの分泌があります。実は女性でも体内で男性ホルモンが分泌されているのですが、自身のホルモンバランスが乱れることで男性ホルモンの分泌量が増え、男性のヒゲラインに吹き出物が集中してしまうのです。

30代に適した肌荒れ改善策

スキンケア

20代の頃、肌は約28日周期でターンオーバー(肌の生まれ変わり)していますが、30代になるとターンオーバーが遅れやすくなり約40日かかると言われています。不要になった角質が肌表面に残っていると、化粧品の浸透も悪く、化粧のノリが悪い原因にもなります。だからといって、ゴシゴシこすったりピーリングをやりすぎたりするのは逆効果です。水に濡れた状態の肌はとても繊細で、少しの刺激でも角質がめくれてしまいます。不要な角質だけが取れるようクレンジングや洗顔は肌を撫でるように優しく行い、化粧品は保湿を重視したお手入れがオススメです。肌を潤いで満たして乾燥を防ぐことで、ターンオーバーの促進につながります。また、どの肌タイプであっても皮脂の分泌が減ってくるので仕上げの保湿クリームは忘れないほうが良さそうです。

生活習慣

成長ホルモンを味方につけることが重要です。
「寝る子は育つ」という言葉がありますが、肌もその通りで、質の良い睡眠は何よりも肌荒れ改善につながります。22時~2時が肌のゴールデンタイムで、その時間に睡眠できているかどうかで肌の老化速度が変わってしまうのです。

なぜその時間なのか。寝ている間に様々な成長ホルモンが分泌されますが、良質な睡眠をとる為に重要なのが「メラトニン」という深い眠りのためのホルモンです。メラトニンは21時頃から分泌され始め、23時頃にはピークを迎えるので、メラトニンが一番分泌されている時間帯に睡眠のタイミングを合わせれば、深く良質な睡眠をとることが出来るわけです。また、肌を生まれ変わらせるための成長ホルモンは6時間かけて細胞分裂を行うため、できれば短くても6時間の睡眠時間を確保したほうが良さそうです。

おまけですが、女性は「恋」することでも成長ホルモンが分泌されるのを知っていますか?特定の相手がいる方はもちろん、息子でもいいのです。ときめいたぶんだけ成長ホルモンが促され、案外肌荒れ改善の近道かもしれません。

肌荒れに良い食事・栄養素とは?

肌荒れを改善するうえで、毎日の食事が重要なことはわかっていても、肌荒れの悩みに合わせて何の栄養を摂取すればいいのかが悩みどころです。肌のために食生活を見直すことで、たまった疲れやストレスの改善にもつながりますから、一石二鳥ではないでしょうか。

ナッツ類や納豆、ゴマ
これらはビタミンEを豊富に含んでいて、血行促進や抗酸化作用の効果があります。シミや吹き出物跡の増殖を抑えてくれます。ただし、商品によっては味付けされているものもあり、塩分の取りすぎにならないように気を付けて下さい。
アボガド、アスパラガス
細胞の再生や代謝を促進するビタミンBを多くふくんでいて、ターンオーバーを正常に導く効果があります。アボガドは世界一栄養価の高い果物としてギネスに認定されているほどです。
はちみつ、乳酸菌類
はちみつに含まれるグルコン酸には、腸内のビフィズス菌を増やしてくれる働きがあります。肌荒れの原因のひとつでもある便秘は、天然のはちみつや乳酸菌による整腸効果で改善が望めます。
鶏肉
コラーゲンを気軽に食事で摂取するなら鶏肉がオススメです。ビタミンAが豊富に含まれていて皮膚を丈夫にしてくれるので、乾燥がひどく敏感な肌タイプ人には肌強化の役割も果たします。

食生活の癖を見直す


肌の悩みに適した栄養素を取り入れても、食べているものが偏ってしまっては効果半減です。普段から、炭水化物を多く食べていれば代謝能力が落ちてしまいますし、油分の多い食事が多ければ吹き出物の悪化や肌の酸化につながります。スキンケアで外からケアすることも大切ですが、30代は睡眠や食事の改善からでも、まだ肌荒れ改善のチャンスがあります。健康と美肌のために、出来る事からはじめてみてはいかかでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です