睡眠時間を効率よく短く!?ショートスリーパーになる方法とは?

3つの睡眠タイプ

ショートスリーパー

ショートスリーパーは、平均睡眠時間の8時間よりも2時間少ない、6時間以下の短時間睡眠者です。ショートスリーパーの睡眠は、脳が深く眠るノンレム睡眠が多く現れるため、短時間でも深く眠れる回数が多く、大変効率の良い眠り方をしている特徴があります。

ロングスリーパー

ロングスリーパーとは10時間を超える長時間睡眠者のこと。ロングスリーパーは、浅い睡眠であるレム睡眠の時間が長いため、夢を見ている時間が長いのです。

バリアブルスリーパー

6時間から9時間の睡眠時間を必要とする、どちらにもなれる可能性のある人のことをバリアブルスリーパーと呼びます。

日本人の睡眠時間別タイプの割合は、ショートスリーパーは日本人の5%から8%、ロングスリーパーは3%から9%、バリアブルスリーパーは80%から90%の割合で推移しています。

寝不足とは違う!!


ショートスリーパーは睡眠時間が短くても、日中に眠気や集中力の低下を感じません。短時間の睡眠でも十分に疲労回復されているため、寝不足とは全く異なります。ショートスリーパーは短い睡眠でパワフルに活動可能な人であり、なおかつ健康な状態を保てる人を指します。寝不足である人は強い疲労感を感じたり集中が途切れたりしますが、ショートスリーパーはそういった症状は一切なく健康的です。ショートスリーパーと呼ばれる人たちは、遺伝子レベルで細胞を修復する能力が非常に高いともいわれています。

ショートスリーパーになる方法

元々の体質だけでなく、習慣によってショートスリーパーになることも可能です。就寝する3時間から4時間前には夕飯を済ませ、スムーズに眠りに入るために入浴して体温を上げておきましょう。起床時刻はいつも通りに設定し、就寝する時刻を少しずつ遅らせて睡眠時間を徐々に短縮していきます。一週間に15分程度ずつ寝る時刻を遅くしていきましょう。起床後、朝日を浴びてしっかり目を覚まします。特に、午前中の良質な太陽の光を浴びましょう。午後からもできるだけ活発に過ごして、適度な運動を心がけることで夜の寝つきが良くなります。また、昼食後には20分から30分程度の軽い仮眠をとっておくと、午後からもアクティブに活動しやすくなります。30分以上の長い仮眠は、夜眠りに入りづらくなります。軽い仮眠にとどめましょう。起床時刻を変えないことは大事なポイントで、いつもと同じ時刻に太陽の光を見ることで体内時計がリセットされるため、睡眠時間を少なくしても体内のリズムが崩れずにぐっすり眠れるようになります。

ドーパミンの分泌がカギ!


ショートスリーパーには夢や目標に向かって、毎日をパワフルに楽しく過ごしている人が多いです。目的や欲求を達成するために楽しんでいる時、体内ではドーパミンが分泌されています。ドーパミンとは快楽を司るホルモンのことで、欲求や目的を達成することで多幸感を強く感じます。このドーパミンというホルモンを分泌することにより、毎日をポジティブに楽しみながら、眠くならない状態を作り出すことができるのです。ショートスリーパーになる方法の一つとして、ドーパミンの分泌を高めることが重要なポイントとなります。

ショートスリーパーのメリット・デメリット


ショートスリーパーのメリットは数え切れないほど沢山ありますが、1日の起床時間が長いため自由に使える時間を多く持つことが可能になり、充実した毎日を送れるようになります。通常は人生の3分の1程度を睡眠時間に充てますが、ショートスリーパーならば人生の5分の1程度を睡眠時間に充てる計算になります。ゆとりを持ってやりたいことを存分に悔いなく行えます。貴重な時間を最大限に有効活用できるのが、ショートスリーパーの一番大きなメリットといえます。ショートスリーパーのデメリットは、睡眠時間を徐々に短くして、あえてショートスリーパーになった人はレム睡眠だけでなくノンレム睡眠も必然的に短くなります。ノンレム睡眠が短くなれば、自律神経やホルモンバランスが乱れる可能性も考えられ、健康面での大きなデメリットとなります。また元々の体質によってショートスリーパーである人はレム睡眠のみが短くなり、ノンレム睡眠は深くなる傾向にありますから健康面でのデメリットはほぼないといえます。しかし、ショートスリーパーの人は眠っていたくても短時間で目が覚めてしまうストレスを感じる人が少なくありません。暖かい布団でゆっくりと睡眠を味わうことのできない体質であることがデメリットでもあります。また、睡眠時間が短くなると血糖コントロールが効かなくなり、血圧が上がりやすくなります。

最適な睡眠時間は人それぞれ


睡眠時間は遺伝子や生活環境などさまざまな要因で変化しますので、必ず何時間睡眠が必要というわけではありません。睡眠は疲労を回復するために大変重要なものです。無理をして睡眠時間を減らしてしまうと、疲労が蓄積して健康上の問題が出てくる可能性も考えられます。誰でもショートスリーパーになれるわけではなく、睡眠を多く必要とする人もいます。体質などにより、合う、合わないがあるため、決して無理はしないようにしましょう。ご自身の体調の様子を見ながら、無理のない範囲で行なっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です