ちゃんとケアしてる?知らないと怖い!?髪と頭皮の日焼け

髪・頭皮が日焼けするとどうなる?

髪の日焼け

人の体の中でも太陽との距離が近い髪・頭皮は、浴びる紫外線量も多く、腕や顔の2~5倍もの量になるといわれています。この紫外線によって髪が日焼けすると、まず髪の表面を覆うキューティクルが剥がれやすくなってしまいます。その影響で水分やツヤを保つことができなくなり、パサつきの原因にもなります。

また、キューティクルが剥がれると紫外線が髪の内部まで届きやすくなり、髪の強度を保つたんぱく質にもダメージを与えてしまいます。すると、髪の構造を支えることができなくなり、枝毛や切れ毛が起こるかもしれません。他にも、本来の髪の色はメラニン色素によるものなのですが、紫外線はこれを分解する作用もあるので、黒髪の場合赤茶けた色に褪せてしまいます。ヘアカラーをしている場合は、その退色が進んでしまうでしょう。

頭皮の日焼け

それでは、頭皮が日焼けするとどうなるのでしょうか。他の部位の皮膚とあまり違いはありませんが、まず赤くヒリヒリとした炎症を起こします。これは火傷と同じような症状なのですが、治まってくると今度はかゆみが出ることがあります。

そして、他の肌で日焼けの治り際に皮が剥けるように、頭皮ではフケが多くなります。また、炎症を治すために汁(浸出液)が出ることもありますが、日焼けがひどいと膿が出る恐れもあります。他にも、水泡ができたり痛みがひどいなど、皮膚科での受診が必要なケースもあるので気を付けましょう。

ケアの2つのポイント

日焼けを予防


まず、髪・頭皮の日焼けを未然に防ぐ予防策として、スプレータイプの日焼け止めが利用できます。このUVカットスプレーは、紫外線吸収剤を霧状にして髪・頭皮を満遍なく覆います。髪型が崩れにくいのが特徴ですが、汗や皮脂で流れやすくあまり効果が持続しにくい傾向にあります。また、日頃からアウトバスオイルやヘアミルクで髪をコーティングするのも有効です。乾燥やホコリ、髪同士の摩擦などからも髪を守ってくれるでしょう。同様に、保湿力の高いシャンプーで髪を丈夫に保つことによっても、バリア機能を高められます。

加えて、UVカット加工の帽子や日傘を用いるのも効果的です。帽子の場合は縫い目が緻密で、つばが7~10cm程度と大きく、紫外線を透過しにくい黒色のものを選ぶと良いでしょう。日傘に関しては、遮光率が99%の遮光傘で、遮熱加工がしてあるとより涼しく感じられるはずです。
頭皮の日焼けの場合、一番症状がひどくなるのはつむじや髪の分け目です。そのため、週に1、2回でも良いので分け目や髪型を変えると、紫外線の影響を抑えることができるでしょう。また髪を下ろしたダウンヘアでは、髪全体が紫外線を浴びることになるため、お団子ヘアやシニョンなどで髪をまとめることも大切になります。
さらに、根本的に紫外線の影響を抑えるには、紫外線を浴びないに越したことはありません。外出は紫外線が強い時間帯(10時~14時)を避け、早朝や夕方以降にすることをおすすめします。

アフターケアの方法


次に、日焼けしてしまった場合のアフターケアの方法について紹介します。紫外線でダメージを受けた髪を元に戻すには、できるだけ早く髪に栄養を供給することが大切となりますが、そこで有用なのがヘアパックです。トリートメントでする場合とオイルの場合に分けられますが、両者とも行う前にはブラッシングしておきましょう。前者では、はじめにシャンプーとコンディショナーで洗髪した髪にトリートメントを付け、蒸しタオルで全体を包んだ上からシャワーキャップをかぶります。10分程度時間を置いたら、しっかりと洗い流してください。後者は、人の皮脂の成分でもある「オレイン酸」を含んだ、ホホバオイルや椿油といったオイルを髪に馴染ませます。続いて、トリートメントの時と同様蒸しタオルで髪を包んでシャワーキャップをかぶり、今度は15~20分待ちましょう。時間がきたらシャンプーで2度洗いし、コンディショナーまたはトリートメントをすれば完了です。
他にも、洗髪に用いるシャンプーに注意する必要があります。市販の製品の大半は、洗浄力が高く髪・頭皮への刺激が強いので、低刺激の「ベタイン系」や「アミノ酸系」シャンプーを用いるようにしてください

ディバインタイム アロマシャンプー&トリートメント500ml2本セット (ベタインシャンプー、アロマシャンプー)

価格:2,700円
(2018/6/20 14:49時点)
感想(0件)

さらに、髪・頭皮ともに保湿をしっかりと行うことが重要です。髪については、トリートメントやヘアオイルなどの他に、髪専用の化粧水・乳液などが利用できます。頭皮には、普段お肌に使っている化粧水や乳液で問題ありません。

正しい洗髪の仕方


十分に日焼け対策をしたと思っていても、外出して紫外線を浴びれば髪・頭皮は少なからずダメージを受けてしまいます。外出先で付着した汚れに加え、日焼け止めに使ったスプレーがかえってトラブルの原因になることも考えられます。そこで、日焼けした髪・頭皮の正しい洗い方を紹介します。
まず髪全体をしっかりと濡らし、洗う時は決してゴシゴシと強くこすったり、爪を立てないようにしましょう。汚れを落とすことも大切ですが、日焼けした髪・頭皮はとても傷つきやすいため、シャンプーを泡立ててから指の腹で優しく洗うようにしてください。洗い流す際のシャワーの温度は38~40℃を目安にし、洗い残しがないようしっかりと流します。温度が低すぎると日焼け止めや整髪料、皮脂を十分に洗い流せず、高すぎると必要な皮脂なども洗い流してしまうので要注意です。


洗い終わったらいったんタオルで髪の水分を拭き取ります。こうすることでトリートメントがより馴染みやすくなる効果がありますが、あくまで優しく抑えるように髪にタオルをあててください。トリートメントを髪全体に塗ったら、最低でも5~10分くらいは置いて成分をしっかりと浸透させます。この時に、ヘアパックのように蒸しタオルやシャワーキャップをかぶったり、優しくコーミングすると良いでしょう。気になる方は、もう一度同じようにトリートメントするのも有効です。トリートメントが残ると、頭皮にダメージを与えることもあるので、すすぎはしっかりと行いましょう。再び髪を優しく拭いたら、洗い流さないトリートメントを髪の中間から毛先にかけてたっぷりと馴染ませてください。


濡れた髪は傷つきやすいだけでなく、頭皮に雑菌が繁殖する原因にもなるので、自然乾燥ではなくドライヤーで乾かしましょう。この際、髪から30cm以上離し、同じところに長く温風を当てすぎないよう注意してください。

カラーリングに注意!


紫外線は髪の色を褪せさせる作用があること紹介しましたが、髪の色の素であるメラニンには紫外線を吸収する役割もあります。カラーリングでは、希望した色に染める前に一度脱色を行ってこのメラニンを分解する上、色素を浸透させるために髪の組織を破壊してしまいます。そのため、ヘアカラーをした後の髪は、紫外線に対してさらに敏感で、ダメージを受けやすくなっています。よって、髪をこれ以上傷つけないためには、カラーリングやブリーチを控えることが最善です。とはいえ、どうしても髪を染めたい場合もないとはいえません。そういった場合は、染髪の間隔を4週間以上空け、脱色を行わず髪の表面に色を付けるだけの、ヘアマニキュアタイプのカラー剤を選ぶようにしてください。美容院で行うのであれば、低刺激の成分が使われたものにするか、トリートメントをしてもらうよう美容師の方に頼みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です