洗剤で手荒れがひどい。。原因と対策

食器用洗剤で手が荒れる理由


毎日の食器洗いで手のかさつきや荒れにお困りの方は多いのではないでしょうか。手荒れを起こす原因は食器用洗剤かもしれません。洗剤で手が荒れる理由を知り、適切な対策を取りましょう。食器用洗剤には、食器についた汚れをきれいに落とすためにさまざまな成分が配合されています。中でも手荒れの原因となることが多いのは界面活性剤です。界面活性剤は油になじむ部分と水になじむ部分とがあり、食器に付着した油汚れを包みこんで浮かし水とともに流す働きがあります。素手で洗うと洗剤は食器だけではなく手の皮脂まで落としてしまいます。手の潤いは皮脂によって守られていますので、これが取り除かれることで水分も蒸発してしまい、手が乾燥してバリア機能が低下することで、肌荒れを招きます。また体質や肌質によって、洗剤の成分が合わずに荒れることもあります。

対策法は??


洗剤による手荒れを予防するなら、手に触れないようにするのが一番です。そのため食器を洗う時にゴム手袋や使い捨てのビニール手袋をはめるのもひとつの方法でしょう。ただしゴムによってアレレルギー反応が起こったり、蒸れによってかゆみが起こったりることもありますので、注意してください。素手で洗う場合は、食器を洗う時に熱いお湯を使わないようにしましょう。これはお湯を使うと皮脂が流れ落ちやすくなるためです。とはいえ真冬に水で洗うのも辛いですので、できる範囲で行ってください。また、洗い物をしたあとの手の肌は敏感になっていますので、保湿クリームをよくすりこんで保護することも大切です。

綿手袋で保護!


洗剤によって手荒れを起こしている肌は、バリア機能が低下して外部刺激に弱い状態になっています。家にいて洗い物をしていない時は、肌に刺激となりにくい綿の手袋をして過ごすのも対策法としておすすめです保湿剤やクリームを手に塗ってから、綿の手袋をするのも良いでしょう。手に保湿成分がより密着して上から守られますので、効率的に保湿効果を得ることができます。手袋にをはめると手が冷えるのも防げますので、血行の滞りを予防して肌の調子が整いやすくなります。

優しい洗剤の選び方

肌に優しい食器用洗剤を使うのも、有効な手荒れ対策となります。合成界面活性剤が配合されていない洗剤がおすすめ。植物由来の天然の洗浄成分が配合されている洗剤なら、安心して使えるでしょう。また、手への刺激を減らすために洗剤を薄めて使うのもおすすめです。食品衛生法によると台所洗剤の使用基準は界面活性剤の濃度が0.1%以下となるようにと定められています。その基準に従うと、水1リットルで0.75mlが適正量ということになりますので、薄めても効果が落ちる心配はありません。ただし、薄めた洗剤は時間が経つと雑菌が繁殖しやすくなりますので、保管せずに薄めた都度使いきるようにしましょう。

ひどい場合は病院へ!


さまざまな対策をとってもひどい手荒れが治まらない場合は、皮膚科を受診して治療を受けることをおすすめします。皮膚科では、症状がひどい場合はまずステロイドなどの外用薬を塗って炎症や荒れを治療してから、ヒルドイドなどの保湿剤で肌の保護と保湿を行います。荒れてかゆみがひどい場合は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤などの内服薬でおさえることもありますが、治療の中心は外用療法となります。処方された薬でこまめに手の保湿を行うことが大切です。また、外用薬や内服薬で改善が見られない場合は、血行を整えたり冷えを改善する作用のある漢方薬が処方されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です