オフィスネイルってどこまで許される?

女子だしネイルはしたい!!でも会社で変な目で見られるのは嫌(:_;)今は3Dとか押し花とか、いろんな種類があるし、どこまで許されるんだろう?今回はそんなオフィスネイルについて世間はどう思っているのか、どこまでOKなのかを調査しました☆

世間はどう思っている?


大人気のネイル、とてもかわいくおしゃれで多くのデザインが紹介されていますが、オフィスネイルという観点からはどう思われているのでしょうか。飲食店などでは衛生面を考え全面禁止というところもありますが、オフィスワークでは支障がないということでネイルをしている女性も多いでしょう。理解のある上司であれば問題ないのですが、ネイルをしない男性や、ネイル世代ではない方にはなかなか理解をしてもらえず注意を受けてしまうことも。もちろん必要以上に派手なものはもってのほかですし、目立たないものでも「ネイル」自体が不快という人もいるでしょう。世間でも世代によってはネイルは美容院に行くように当たり前という人と、不必要なおしゃれと考える人といるのが現実です。

最近よく見られる会社の規定

多くの会社には社内規定というものがありますが、服装等についても細かく定められている会社もあります。その会社の社風なども表すものであり、どこまでOKかという判断基準にもなるのでチェックしてみるのがいいでしょう。完全に「ダメ」という会社も少なくありませんし、業種や職種によっても細かい指定があり、例を挙げると、美容部員さんなどは「他社のネイルは使用禁止、ジェルネイルも禁止」などという規定もあるようです。

オフィスに適したネイルとは?

比較的寛容な会社では「オフィスネイルならOK」や「オフィスに適したネイルはOK」などと定められていたりしますが、オフィスに適したネイルとは実際どのようなものなのでしょうか。

基本的なことですが、不潔に見えてしまうような長いネイルは完全にアウトとなり、仕事にも適していません。また、キラキラのストーンだらけのネイルや派手な色使いやデザインは仕事という観点からかけ離れてしまうため、こちらも適したネイルとは言えません。

違和感のないネイルは、色としてはうすいピンクやベージュ、ブラウンなど肌になじむようなものがいいでしょう。ポイントとして差し色を入れる場合も同系色を使うなど、落ち着いた色でまとめましょう。

デザインですが、あまり凝ったものは落ち着いた色を使っても目立ってしまうのでシンプルなものが好まれ、フレンチネイルなどが代表的です。フレンチネイルの変形などのデザインであれば極度に派手にならずにオフィスネイルとして適していると言えるでしょう。

そもそもなぜネイルをするの?

ネイルとは最近では当たり前のおしゃれ、身だしなみと認識されるようになってきましたが、まだまだ一般的と言えるほどではありません。オフィスネイルをしている女性からしたら「きれいに見せるため」「必須の身だしなみ」というのが根底にあり、きれいに身だしなみをしているということから自信や仕事への意欲に繋がるという声も聞きます。確かに、メイクにしてもネイルにしても全くしないというよりかは印象も明るく変わってきますし、女性心理としては自分をきれいにすることで気持ちに差が出てくるものです。ですが、せっかく時間やお金を使ってオフィスネイルをしても、不快に思われるようなものでは意味もなく、逆効果になってしまいます。どこまでなら会社でもOKか、自分の職種での範囲はどの程度許されるのかなどをしっかり見極めないとただの自己満足になりかねません。まわりからの印象を悪くさせない行動などとともに大事なポイントではないでしょうか。

ネイルを上品に見せるコツ

ではオフィスネイルを印象良く、上品に見せるにはどうしたらよいでしょう。きれいな手と思われるようなデザイン、シンプルなもので色も落ち着いたもの、しっかりお手入れをされているという印象を受けるようクリームなどのケアも大切です。
また、このような見た目のみだけではなく、おしゃれをしている気持ちで前向きになれるような心構えも大切な要素です。清潔感がありながらも素敵に見えるようなオフィスネイルを心掛けたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です