脱毛クリームって効果ある!?持続時間と効果を検証!

最近気温も上がってきたし、そろそろ露出も増えてくるこの時期。。手や足を出す前に脱毛しないと(;´・ω・)今からじゃ脱毛サロンも間に合わないし、取り急ぎ脱毛クリームを使おう!そう考えている人にぜひ読んで頂きたい!!脱毛クリームの効果や持続時間について徹底調査しました!

脱毛クリームの使い方

処理を繰り返しても、すぐに生えてくるムダ毛は困りますよね。そんなとき、自宅で手軽に手入れできる脱毛クリームはとても便利です。脱毛クリームはアルカリ性の薬剤によって毛のタンパク質を溶かし、除毛する製品です。脱毛とありますが抜くのではなく、取り除く除毛のためのクリームだと言えます。

脱毛クリームの効果的な使い方を見ていきましょう。まず、クリームが肌に合っているか確認するために、必ずパッチテストを行いましょう。腕の内側など皮膚の柔らかい部分に10円玉くらいの大きさにクリームを塗ります。10分ほど待って洗い流し、それから24時間様子を見ます。
かゆくなったり赤くなったりするようであれば、脱毛クリームの使用は止めましょう。
脱毛クリームを使用するときは、その前にお風呂に入って脱毛する個所を温めておくと毛穴が開いて、ムダ毛の根元までクリームが行き渡ります。お風呂に入ることができなければ、お湯を含ませて絞ったタオルで温めるのもいいでしょう。
次に水分をきれいに拭き取って、脱毛クリームを塗っていきます。市販の脱毛クリームにはヘラなどが付属していますからそれを使い、製品の説明書通りに塗布します。毛が隠れる厚さで均一に塗っていきましょう。塗り終わったら、ムラをなくすためにラップを巻きます。そのまま説明書に書いてある間、待ちます。だいたい10分程度でしょう。その後、商品に付属しているヘラやスポンジなどを使ってクリームをやさしく拭き取ります。拭き取ったら、シャワーで丁寧に洗い流します。

脱毛クリームには肌を守る成分が配合されていますが、肌荒れが心配な人はベビーローションや脱毛後専用のローションなどでケアすると安心です。

脱毛クリームの効果を持続時間


脱毛クリームを使用後、どのくらい経てば再びムダ毛が生えてくるのか知っておくと、何日おきに使えば良いかの目安になります。しかし、毛が生えてくる期間には個人差があり、またムダ毛の生えてくる部位によっても伸びるスピードが違ってきます。だいたいワキ毛は1日に0.3mm、足や腕の毛は0.2~0.4mmほど伸びると言われています。そのため、一般的な脱毛クリームを使って再び毛が生えてくるのは、およそ3~7日後になるでしょう。前に脱毛したときに毛穴の深い部分の毛まで処理できたか、それとも表面だけだったかという処理の仕方によっても差が出てきます。何度か使ってみて、それぞれの部位について自分の目安を持っておくことをおすすめします。毛周期に合わせて使うことでより便利に使えるようになるでしょう。

脱毛クリームのメリット・デメリット


脱毛クリームは毛を溶かして処理するため、毛先が丸くなっています。そのため、再び生えてきたときもチクチクとする感触が少ないのがメリットです。また、毛穴の中まで溶かすので、見た目も綺麗に仕上がります。自宅で手軽にできるという点も大きなメリットでしょう。急な外出の予定が入っても、クリームを買ってくればその日のうちに脱毛することが可能です。ただし、肌への刺激を避けるため、クリームを使った当日に海やプールなど日焼けする場所へ行くのは禁物です。時間的なゆとりをもって使用しましょう。手が届かない場所を脱毛するときも、長いヘラを使えば塗ることができます。
しかし、デメリットもあります。広い範囲を脱毛するときや継続的に脱毛するときには、クリームを購入する費用がかさみます。また、人によっては肌に合わないこともあります。しかし、カミソリを使うよりは肌への負担が少ないという人もいます。肌への刺激に関しては、体質や肌の強さなどが関係するのでどちらとも言えません。品質のよい脱毛クリームはよく研究開発されており、肌にやさしい成分が配合されています。ちゃんとパッチテストをしてからであれば、敏感な肌の人でも安心して使用できるでしょう。

脱毛クリームの選び方

肌への負担と効果

特に肌が弱い人は、刺激の少ないものを選びましょう。敏感肌用と書いてある製品がおすすめです。女性用と男性用の両方の商品が出ていますが、メンズ用は剛毛でも脱毛できる効果の高い製品が多くなっています。女性でも刺激に強い人でしっかりと脱毛したいのであれば、メンズ用を使っても良いでしょう。一般的に効果が高いものは肌への刺激も強いと言えますので、刺激と効果の兼ね合いを考えて選ぶようにします。脱毛したい場所によっても選び方が変わり、ワキ・ビキニライン用、アンダーヘア使用可能など使いたい部位によって選ぶと効果が得やすくなります。

放置時間

塗って放置しておく時間の長さは製品によって違います。広い範囲を脱毛したい場合、あまり放置時間の短いものでは全部を塗り終わる前に洗い流す時間になりますから、ある程度の放置時間が必要なものが適しています。ワキなど狭い部分であれば、短い時間で済むものが良いでしょう。

ニオイ

独特のツンとするニオイは、アルカリ成分によるものです。バスルームなどの狭い空間で脱毛する人には、ニオイがしないように改善された製品もあります。様々な脱毛クリームが販売されており、それぞれの商品に工夫された点があります。自分ではこの点は譲れないというポイントをはっきりさせ、そこをクリアした製品を選びましょう。

使用する際の注意点

脱毛クリームを使う際は必ず事前にパッチテストをして、自分の肌への刺激の有無を確認しましょう。薬剤が毛のタンパク質を溶かすのが脱毛クリームですから、皮膚のタンパク質にも当然影響を及ぼすということを理解しておく必要があります。万一肌に合わない製品を使ってしまったら、かぶれたり炎症を起こす可能性も否定できません。製品の説明書をよく読んで、クリームの塗り方や放置する時間なども指示通りに使用しましょう。

使用不可な箇所
例えば、多くの製品は顔やデリケートゾーンへの使用は禁止されています。購入するときに自分の希望する部位に使えるか、確かめておくことが必要です。

使用後はクリームをしっかり流し、肌に残らないようにしましょう。また、脱毛後の肌はいつもより過敏ですから、直後の日焼けや強い刺激は避けます。

肌のケアを大切に
洗い流した後、タオルで肌をゴシゴシと拭くこともやめましょう。脱毛後はアルコールを含まない弱酸性の肌にやさしいローションで、肌のケアをします。ただし、美容液や美白クリーム、オイルなどで本格的なケアするのは1日以上経ってからにしましょう。
また、妊娠中や生理前中後、産前産後など肌が敏感なときの使用は避けましょう。
また、クリームが床や家具についた場合、その部分が変色することがありますのでついても大丈夫な場所で使用しましょう。衣服にもつかないように気を付けます。

脱毛クリームはこんな人におすすめ

脱毛クリームは自宅で使うことができますから、忙しくてサロンに行く時間がない人におすすめです。肌が弱くてカミソリ負けする人にも良いでしょう。たくさんの商品が発売されていますから、比較して自分の肌や目的に一番合ったものを選べます。「今度の日曜日に海水浴に行こう」など急に誘われたときも、近くのドラッグストアで簡単に購入できます。手軽にムダ毛のないツルツル肌を手に入れたい人は、脱毛クリームを試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です