綺麗な髪になりたい( ;∀;)

シャンプーのCMで見るようなサラサラ、つるつる綺麗な髪の毛にしたい!!でもトリートメントに気を使ってもあんなに綺麗になる気がしない。。(>_<)理想の髪の毛にどうしたら近づいたのか、徹底調査しました!食生活から、髪の毛を労わって今までにない最高の髪にしましょう♪

髪が傷んでいく仕組み

コルテックスとキューティクルが整っていることは健康な髪に欠かせない条件です。髪が傷んでいく時には、大抵この2つの成分に問題が生じてきます。例えば、髪の弾力を左右するコルテックスという脂質が減っていくと髪のコシが失われ、切れやすい状態になります。また、髪の表面をコーティングしているキューティクルが剥がれてしまった場合は髪の内部がむき出しになり、栄養分などが流れ出てパサつきや枝毛といったダメージを招いてしまうのです。

サラサラを妨害する原因


サラサラの綺麗な髪を妨害する原因は色々あります。例えば、多くの方が行っている自然乾燥もサラサラの髪を妨害してしまう原因の1つです。髪を濡れたまま放置すると、タオルや衣服との摩擦でキューティクルが傷みやすくなってしまうからです。また、濡れた状態はもちろん、乾いた髪にも無理なブラッシングは禁物です。市販のカラー剤を使って家で行うカラーリングも、サラサラの髪を目指す上では避けましょう。市販のカラー剤はキューティクルにダメージを与えやすいからです。紫外線も帽子などを着用して避けます。アイロンやコテを使用する際に温度を高く設定しすぎることなども、キューティクルやコルテックスにダメージを与えてサラサラの髪を妨害しますので注意しましょう。

髪を綺麗にする方法


綺麗な髪になりたい時にぜひこだわりたいのが、シャンプーやトリートメントの仕方です。プロの美容師が行っているような正しい方法をマスターすれば、髪のダメージを防いで適切なケアが出来るでしょう。シャンプーをする時は適量を手に取り、指先を使ってマッサージするように泡立てていきます。指の腹を使うようにすると、頭皮への刺激もマイルドになります。頭頂部からうなじの部分まで万遍なくマッサージを行い、その後シャンプーをしっかりと洗い流しましょう。シリコン製のシャンプーブラシなどを使えば、マッサージ効果は倍増します。濡れた髪に使用するトリートメント剤は、シャンプーを行った後に使います。適量のトリートメント剤を髪に馴染ませ、数分間そのままにして成分をしっかりと浸透させましょう。この時にホットタオルやキャップなどを使って軽くヘアパックをするのも効果的です。その後、軽くお湯でトリートメント剤の成分を洗い流します。

ブラッシングは、必ず髪が乾いている状態で行います。髪のうねりやクセが気になる方は、最初に下を向いた状態でうなじから頭頂部に向かってブラッシングをすると良いでしょう。その後、顔を起こして今度は上から下にブラッシングをします。髪が絡まった時は無理やりブラシでほぐそうとせず、一旦ブラッシングをやめて手で絡まりを取り除きます。馬毛などの天然素材のブラシなら、髪にも余計なストレスを与えません。

髪を乾かす時には、ドライヤーの温度に気を配りましょう。キューティクルを守るためにも、高い温度で乾かすのは避けたいところです。やや温かみを感じる程度の温度に設定し、やや離れた所から温風を当てていきましょう。ドライヤーのかけ方を工夫すると、スタイリングもしやすくなります。最初は水分を飛ばすようにやや荒く温風を当ててていき、仕上げの段階で後ろ側から前側に向かって温風を当てると、サイドの髪もまとまりやすくなるでしょう。

髪のパサつきが気になる場合、オイルトリートメントをプラスすると潤いや艶がアップします。マカデミアナッツ油やアーモンド油には、髪の健康に良い栄養素がたっぷりです。乾いた髪に使用出来る製品であれば、外出前にも手軽にトリートメントが出来ます。こういったオイルトリートメントは使い方も簡単で、適量をパサつきが気になる部分に馴染ませ、そのまま乾かします。オイルの成分は髪に保護膜を作りますので、髪を外的刺激から守る役割も果たしてくれます。

髪をキレイにする食事


髪の健康を保つ上でも、毎日の食事は大切です。例えば、綺麗な髪になりたい時に積極的に摂りたいのがタンパク質です。タンパク質は髪のもとになる成分ですから、この成分が不足すると髪が痩せてくるなどのトラブルが生じるため、注意をしましょう。タンパク質は肉や魚、大豆製品などから補えます。また、ビタミンB2やビタミンB6なども髪や頭皮の健康を保ちます。このような成分は、うなぎや鶏むね肉などから摂取が出来ます。

アーモンドなどに含まれるビタミンEも忘れずに摂取しておきたい成分です。抗酸化作用があるビタミンEは、頭皮のアンチエイジングにも効果があります。牡蠣や卵黄に含まれる亜鉛も育毛効果があるとして注目されている成分で、抜け毛を防ぐ効果も期待されています。薄毛が気になる方も、頭皮や髪の老化を防ぐためにぜひ摂取しておきましょう。タンパク質を活用するためにも亜鉛は欠かせません。タンパク質を十分に摂っていても、亜鉛が不足している場合は十分に活用出来なくなるのが可能性があります。亜鉛は体のエネルギーをアップする成分でもありますから、コンスタントに摂っておきたい栄養素と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です