意外と知らない!?カラコンの選び方☆

色の種類で印象が変わる!

つけるだけで「盛れる!」「可愛くなれる!」と大人気のカラコン。実は、選ぶレンズによって印象が大きく変わることをご存じですか?気分によって変身できるのがカラコンの魅力のひとつでもあります。また、自分に似合うカラーを見つければ、自分の魅力も最大限に引き出せますから、カラコンを選ぶときはカラーの印象を押さえておくことが大切です。

ピンク系カラコン
甘くガーリーな印象を演出してくれます。ちょっぴりロリータなワンピースや、ドーリーなスタイルには特におすすめです。普段使いというよりは、ちょっと特別なパーティやイベントなどで使うとインパクト大。大きめな目の方にはもちろんですが、小さなつぶらな目の方にも似合います。

ブラック系
黒目がはっきりするので、クールな印象に。モノトーン系の洋服や、モード系の洋服と好相性です。メイクもふんわりした感じよりも、キリリとした方が目元の印象を引き立ててくれます。色が強いので、どちらかと言うと大きめな目に似合います。

どんな目のタイプでも似合うブラウン系
必須アイテム。ナチュラルで普段使いにも違和感がありませんから、いつでも使えます。どんなシーンにも馴染むブラウン系は1枚は持っていると便利です。

グレー系
グレー系はミステリアスでノーブルな印象。個性的な雰囲気を出したいときにはおすすめのカラーです。クールな中にも柔らかさがあるので、小さめの目の方でも取り入れやすいカラーです。

フランス人形のようなブルー系のカラコン
フランス人形のようなブルー系のカラコンは、ポップなコーディネートに良く合います。原色系の洋服を着るときなどは思い切ってブルーのカラコンにチャレンジ。髪の色も明るめが好相性です。

ブラウンよりも優しい印象のヘーゼル系
優しい印象を与えてくれます。ナチュラルなコーディネートの時にはぜひ取り入れたいカラーです。また、優しい印象を与えるので、ゆっくり過ごすデートの時にもおすすめです。

グリーン系
ハーフ顔になりたいときにおすすめです。ブルーよりも日本人の顔に馴染みやすいので、違和感なくハーフ顔に変身できます。黒髪よりも、明るめの髪色に良く合います。

このようにカラーの特徴が分かれば、なりたい印象を作るのも簡単になります。

レンズのサイズが重要

カラコンの選び方で大切なのがレンズの大きさ。瞳を大きく魅力的に見せるには、自分の目に合ったレンズのサイズを選ぶことが重要です。カラコンのサイズ表記に「DIA」と「着色直径」があるのをご存じですか?
DIAとは、レンズそのものの直径のことです。ソフトレンズではおおよそのレンズが14mm前後となっています。こちらは主に目のフィット感に関係するのですが、14mm~14.5mm前後であれば問題なくフィットしてくれます。瞳の大きさに関わってくるのが、着色直径。大きい瞳にしたいのであれば、着色直径の大きいものを選べば良いのですが、自分の目に対してあまりに大きい直径のものを選んでしまうと逆に不自然になってしまいます。日本人の白目と黒目の比率は「1:1.5:1」が平均的といわれていますが、より魅力的に見える黄金比は「1:2:1」といわれています。この比率に近い大きさを選ぶことが大切。黒目の比率がこれより小さい場合も、逆に大きい場合も魅力的と感じる人は少なくなります。雑誌などで見かける大きな黒目のモデルさんに憧れて、着色直径の大きなレンズをつけたいという女性も多いのですが、見た目が不自然で好感度を下げてしまっていることも少なからずあるようです。自分の黒目の大きさを測ってみて、理想に近い着色直径のレンズを選べば、違和感なく可愛く盛れるというわけです。

フチで変わる印象の違い!


カラーと着色直径の他に、目の印象を左右するのがフチ。選ぶときに着色直径の大きさやカラーは気にするものの、フチまではあまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?
フチには主に、「フチあり」「フチなし」「ぼかしフチ」があります。フチありは、着色部を濃い色で囲むことで白目との境がはっきりするため、インパクトは大きくなります。ですから、目が離れているのが気になる、という人にはその印象がより強調されてしまう可能性があるため、フチなし、あるいはぼかしフチを選ぶと良いでしょう。他にも、柔らかな優しい印象を与えたいのであればぼかしフチやフチなし、かっちりとした雰囲気にしたいときはフチありを選ぶなど、こちらもコーディネートや気分に合わせて使い分けることもできます。これまで、あまりフチは気にしなかった人も、これからはちょっとこだわってみるとより自分に合ったレンズが見つかるかもしれません。

コンタクトのタイプと価格


カラコンを選ぶとき、迷うのがコスパの良さです。主には「ワンデー」「2week」「定期交換」がありますが、それぞれコスパやメリット・デメリットはどういったものか知っておくことは大切です。

手軽さが人気のワンデー
毎日使い捨てで交換するため衛生面では安心して使えます。ただし、価格はやや高め。相場としては1箱10枚入りで1600~1800円前後なので、1日あたりおおよそで320円~360円くらいになってきます。コスパとしては3つのタイプの中で最も高くつきます。ですが、衛生面や手間のなさを重要視する人、たまにしかカラコンを使わない人にはおすすめです。まとめ買いをすることで割引があるところもあるようなので、そういったところを利用することも賢い買い方といえそうです。
定期交換タイプ
1箱およそ1000~1800円前後が相場のようです。1箱2枚入りで1ヶ月使用の場合、1日当たりおよそ34円~60円程度となってきます。ですが、洗浄液や消毒液・保存液などを購入しなくてはならないことや、毎日レンズのケアをしなくてはならないという手間がかかってきます。ケアの手間を惜しまない方や、毎日カラコンを使いたい方は定期交換タイプがおすすめです。
2weekカラコン
2週間使用交換タイプのカラコンです。定期交換タイプと同様、毎日のケアが必要となりますが、1箱4枚入って相場はおよそ1400~1600円くらい。1日あたりおよそ46円~53円程度となります。コスパはワンデーよりもお得となり、頻繁に付け替えを楽しみたい方や、定期交換カラコンの破損が心配な方には2weekタイプが最適です。

それぞれ、メリット・デメリットがありますから、良く検討してレンズを選びましょう。

使用するときの注意点

カラコンの選び方、魅力については分かったけれど、初めて購入するときは不安や心配も多いものです。カラコンを試すときはまず眼科で検診を受けましょう眼科でカラコンについて相談をすると、カラコンの仕組みや安全な使い方、装着方法などきちんとした説明を受けられ、自分の目に合ったレンズ選びのアドバイスも受けられます。例えば、眼球は球状のためレンズもそれにフィットするようにカーブがついていますが、これをベースカーブといいます。ベースカーブの合わないレンズを装着すると、レンズがずれたり、痛みが生じたりといったトラブルが起こります
こういったトラブルを避けるためにも眼科でベースカーブを測ってもらい、きちんと目にあったレンズを購入することが大切なのです。また、気になるレンズを試しに装着させてくれるので、黒目のバランスや装着感、付け方・外し方などもしっかり確認することができます。初めてレンズを装着するときは痛みがあったり、違和感があったりするものですから、眼科できちんと検診を受けながら購入することは後々のカラコンライフを楽しむためにもとても重要なことなのです。

使用時間を守る
カラコンは目に装着するもので、いわば目に異物が入っている状態となんら変わらないのです。ですから必ず正しい使用方法を守りましょう。カラコンの1日の使用時間は8時間とされています。特にカラコンの場合着色部分は空気を通せないので、目への負担が大きくなります。使用時間は必ず守り、寝るときも必ず外すようにしましょう。
使用期間を守る
もったいないからといってワンデーコンタクトを再使用したり、使用期限を過ぎても使い続けるという使い方は目のトラブルを起こしてしまう可能性が高く、とても危険です。コンタクトに慣れてくると「このくらい、きっと大丈夫」と考えがちですが、大切な目のためにきちんと使用期限を守りましょう。

カラコンの選び方と注意したいことをしっかり踏まえて自分に合ったカラコンでおしゃれを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です