あなたは大丈夫?これで解決!背中ニキビの原因と治し方☆

あなたの背中は大丈夫??

背中のブツブツに悩む方は年齢と関係なく多いです。自分ではなかなか見えにくく、手が届きにくいパーツだけに余計に気になってしまうという方もあり、一体どのようにしてケアすればよいのかわからずに長年の悩みとなっている人もいるようです。ここでは気になる背中ニキビができてしまう原因と正しいケアの方法をご紹介していきます。

背中ニキビの原因


背中ニキビの大きな原因の一つが多湿による雑菌の繁殖です。背中は普段目に付かない場所だけについケアが疎かになりがちですが、実際は大変汚れがたまりやすいパーツです。背中は角質が厚くなりがちで古い角質がいつまでも残ってしまいやすいだけでなく、汗腺が多く常に汗をかいて高温多湿になりやすい環境です。常に衣類に包まれて保温されているため、汗で蒸れて雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。そのためニキビの原因となるアクネ菌も繁殖して肌あれを引き起こしてしまうのです。

また、シャンプーのすすぎ残しも背中ニキビの原因となります。シャンプーの洗浄成分を髪からよく洗い流しても、背中に洗浄成分が残っているとそれがニキビや肌荒れの原因となってしまうことがあるので注意が必要です。

そしてホルモンバランスの乱れも、背中ニキビを引き起こします。ストレスや睡眠不足は自律神経のバランスを崩し、男性ホルモン過多に傾いてしまいがちです。そうすると皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が詰まって炎症を引き起こし背中ニキビとなってしまうことがあります。

同様に糖質の多い食生活を続けることも男性ホルモンを活発にして皮脂の過剰分泌を引き起こします
このように、背中ニキビは角質や汗による雑菌が繁殖しやすい環境、シャンプーのすすぎ残しによる肌あれ、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌など、さまざまな原因により引き起こされます。

背中ニキビの治し方

背中ニキビをセルフケアで改善するためには正しいスキンケアと生活習慣の見直しをすることが大切です。まずは保湿をしっかりとするということです。背中の保湿ケアをしている方は意外と少ないものですが、皮脂が過剰分泌されている背中は、実は角質の内側は乾燥していることが多く、そのため肌がさらに自ら潤いを与えるために皮脂を分泌してしまうのです。保湿成分で潤いがある肌はそれ以上の皮脂の分泌をしませんので、背中ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑えて環境を改善することができます。

そして何よりも洗い流しをしっかりするということです。ボディーソープで洗ったあとの流しはもちろんですが、シャンプー後には必ず背中までスッキリと流します。できればシャンプー後にボディや背中を石鹸で洗うようにするとシャンプーのすすぎ残しを防ぐことができます。
私のオススメ石鹸はコレです↓↓

【ペリカン石鹸】薬用石鹸ForBack 135g【背中ケア】【ニキビケア】【せっけん】【石けん】

価格:318円
(2018/6/19 13:33時点)
感想(9件)


背中ニキビ専用に開発された事もあり、すっきりさっぱり(でもつっぱらない)優れものです♪


さらに皮脂の過剰分泌を防ぐためにホルモンバランスを整える規則正しい生活を心がけることも大切です。睡眠をしっかりとり、糖質をとりすぎないバランスの良い食生活を送るとホルモンバランスも整い、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。その上で、化学繊維の下着ではなく、綿や絹などの天然繊維の下着を身につけることも背中の摩擦を防ぎ、背中ニキビを予防する良い方法になります。

治らないときは皮膚科へ!

それでも改善しない背中ニキビは迷わず皮膚科に行くことをおすすめします。ただのニキビではなく、マラセチア毛包炎や毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)といった他の皮膚の症状の可能性もあります。マラセチア毛包炎はカビが繁殖して引き起こされる症状で、背中に均一な赤いポツポツができます。また毛孔性苔癬は古い角質が肥厚化してできるもので、ニキビのケアでは改善しません。自分の背中ニキビの原因を見極めて正しいケアをすることが、美しいスベスベの背中を作る近道となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です