脇のニオイ、そのケアで本当に大丈夫?

ワキガは脇からする独特な悪臭ですが、臭いが強いと周りの人に不快な思いをさせてしまうこともあるので気を付けないといけません。ここでは、そもそもワキガとは何なのかについて解説し、ワキガの原因やセルフチェックの方法、日頃からできる対策方法について紹介します。ワキガに悩んでいる人はぜひ参考にしてみて下さい。

わきがって何?


ワキガとは、腋臭症(えきしゅうしょう)という悪臭のことを言います。腋臭症は主に脇から発生され、鼻にツンとくる独特の臭いを放ちます。
ワキガの原因は汗ですが、ワキガになるかどうかは汗腺の数と働きの違いによって変わります。人間の脇には「エクリン腺」と「アポクリン汗腺」という2種類の汗腺があります。エクリン腺は99パーセントが水分、残りが塩分なのでサラッとした汗を出します。一方のアポクリン汗腺は、水分のほかに脂質やアンモニア、タンパク質などの成分を含んだ、乳白色や黄色がかった汗を出しています。この、アポクリン汗腺から出る汗がワキガの原因となるのですが、実はこの汗腺から出ている汗自体には臭いがありません。独特な臭いを発生する原因には、皮膚の常在菌であるコリネバクテリウム属の菌「ジフテロイド菌」がアポクリン汗腺から出た成分を分解することで発生するのです。

ワキガを発症する原因

ワキガを発症する原因としては様々ありますが、遺伝(体質)・ホルモンバランス・食生活の乱れ(脂質、肉の摂り過ぎなど)・生活習慣の乱れ(ストレス、睡眠不足、飲酒など)によって引き起こされます。


まず、ワキガの多くは遺伝が原因で発症することがあります。両親がワキガである場合は約80パーセント、片方の親がワキガの場合は約50パーセントで発症すると言われています。しかし、外国人は70パーセント以上の割合でワキガであるのに対して日本人は10パーセントであるとの研究結果があり、日本人がワキガになる確率は外国人より少なくなっています。また、ホルモンバランスの変化もワキガに大きな影響を与えます。ワキガを発症しやすいのは身体が子供の身体から大人の身体に変化をする第二次性徴の時期になります。この時期には男性では男性ホルモン、女性では女性ホルモンが増加することで汗腺への刺激が増え、汗を多く出すようになります。また、生理や妊娠、更年期などで身体のホルモンバランスが変化する時にも発症しやすくなります

食生活も気を付けないといけません。動物性脂肪を多く取ることで汗に含まれる脂質やタンパク質が多くなるほか、唐辛子等の刺激物を多く食べることは汗を多くかく原因にもなってしまいます。脂質の多いものやタンパク質はほどほどにして、野菜を積極的に摂取すると良いです。食生活の乱れのほかにも、生活習慣の乱れもワキガを発症させる原因となります。寝不足や過度なストレスが続くと交感神経の働きが活発になり、アポクリン汗腺から汗を多く出してしまいます。また、過度な飲酒も発汗量を増やします。

喫煙をする方はニコチンが中枢神経と体温調節機能を刺激することで本来出るべきでない汗が外に出ることで体温が下がり、代謝が悪くなるためワキガの臭いもきつくなってしまいます

セルフチェックしてみよう!


ワキガをセルフチェックする方法としては、自分と近しい血縁者にワキガの方がいるかどうか・耳垢が湿っているかどうか・洋服を着て汗をかいた後に脇の部分に黄色っぽい汗じみができているかどうかなどを確認して下さい。ほかには、脇の毛が太くしっかりしたものが生える女性や広範囲に毛がたくさん生える男性、わきの下に汗をかきやすい人も要注意です。臭いに関しては、汗臭い臭いとは異なる悪臭や刺激臭がするかどうかで確認できます。これらに当てはまっていても確実にワキガを発症していると決まるわけではないので、参考程度に確認をしてみて下さい。

日常に潜む意外な悪化原因

ワキガの意外な原因としては冷暖房の使用やカフェインの摂取が挙げられます。
冷暖房の使用によって人間に備わっている、夏の暑さで汗をかいたり、冬の寒い時には代謝を上げて体温も上げるなどの本来の身体の機能が低下してしまいます。冷暖房設備によって汗腺の働きに影響が出ることで臭いの増加をもたらしてしまうのです。

また、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を飲むことで発汗作用をもたらし、アポクリン汗腺からでる汗の量を増やしてしまうことも臭いの原因となります。

日々の生活でできる対策法

ワキガの対策方法としては、まず脇の汗をこまめにふき取ることが必要です。

ワキガの臭いは汗そのものではなく、皮膚の常在菌に分解されてしまうことで発生するため、分解が行われる前にふき取ることが重要です。ふき取る際には、乾いたタオルよりも水気を絞ったタオルやウェットシートを使うのも良いです。制汗剤の使用も効果があります。また、食生活の見直しとして、油っぽいものや香辛料などのアポクリン汗腺を刺激する食べ物の過剰摂取を控えて下さい。

梅干しやきのこ、酢やほうじ茶などの体臭に効果のある食材を摂り、睡眠やストレスに気を付けた生活を心がけましょう。お風呂に入る際には、専用石鹸の使用や酢風呂、重曹風呂などで身体を清潔に保つこともワキガ対策に効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です