あなた子供は大丈夫??忘れ物が多い原因と対策

今日も忘れ物、昨日も忘れ物、気が付けば「また忘れたの?」と言ってばかり。呆れてしまって、どうしたらよいか分からなくなっていませんか?優しく注意しても、ガミガミ怒っても、子供の耳に届いていないような気がしますよね。忘れ物が多い子供には、忘れ物をしないためのルーティン作りが効果的なのです。お堀のように周りから固めて、子供も自分も忘れ物ループから解放してみませんか。




子供はどうして忘れ物が多いの?忘れ物をする原因


子供の脳は発達途中のため集中力が続かなかったり、遊びに夢中で準備を後回しにしてしまったりすることで、忘れ物をしやすいのです。また、自分の興味がない物や事柄に関しては、記憶として残りづらくなってしまうので、どうしても忘れ物が多くなってしまいます。大人になるにつれ興味のあるなしに関わらず、物事を整理して記憶すべき内容と忘れても良い内容を分類分け出来るようになりますが、子供の脳は脳に入ってきた情報の優先順位が、重要度ではなく興味によって分類分けされてしまいがちです。子供の忘れ物が多いのは、脳の中で情報を管理する能力が未熟なために起きてしまう、重要度の取り違えなのです。



こんな子は要注意!忘れ物が多い子の特徴

忘れ物が多い子供には共通の特徴があります。まずは、集中力が続かず興味があちこち飛んでしまうタイプです。次の日の時間割の準備をしていても、途中で興味が違うことへ移ってしまい、最後までやり遂げられていないのです。このタイプは、連絡袋に宿題やプリントをしまったのに、連絡袋をカバンに入れ忘れるうっかりミスが多く見られます。次に整理整頓が苦手でノートやプリントがゴチャゴチャになってしまうタイプです。カバンの中が散乱していて何をどう準備したら良いのか分からなくなってしまうのです。このタイプは、必要な物と不要な物の判断基準がつけられず、保管しすぎてしまい重要な情報を見逃してしまいます。そして、ボーっとして人の話を聞いているように見えないタイプの子供も、忘れ物が多い傾向にあります。親から見ればボーっとしているだけに見えますが、子供は自分の世界に浸っているので、声で忘れ物をしないように助言をしても実際には聞こえてないことが多いでしょう。



忘れ物が多い子供には○○は逆効果!


子供が忘れ物をした時の対応で一番多いのが、「自業自得」の押し付けではないでしょうか。忘れ物を繰り返していくうちに、いつか自分で気を付けるようになって欲しいと、心を鬼にして忘れ物は子供自身の責任だと反省させたりしていませんか?実は逆効果なのです。日々忘れ物を繰り返していたら、学校の友人や先生からどんな対応を取られるでしょうか。いつも忘れ物をする子としてレッテルを貼られてしまっては自分に自信の持てない子供になってしまうばかりでなく、どうせ忘れるからもういいやと、忘れ物を気にしなくなってしまうこともあります。友人や先生からの信頼感を得て自己肯定力を伸ばすためには、忘れ物を減らす対策は親子で取り組むことが大切なのです。



これでもう大丈夫!子供の忘れ物対策


子供の忘れ物対策に効果が高いのが、帰宅後の行動のルーティン化です。例えば、帰宅したら配布物の有無の確認、宿題を済ませる、次の日の準備というように、順序立てて行動する癖をつけてみましょう。配布物の有無を確認するには、親に提出する専用の棚や箱などがあると子供も実践しやすくなります。また、宿題を済ませる時に連絡帳の確認も同時に行えば、宿題のやり漏れの確認にもつながりますし、次の日の持ち物確認も済ませられます。子供が何をカバンから出せば良いのか戸惑う場合には、一度カバンの中身を全部出してひとつずつ整理する癖をつけてあげれば、優先順位をつけやすくなり必要な物を見つけやすくなりますよ。興味があちこちに飛んでしまいやすい子は、準備リストを作るのが効果的です。やることが多い日でも、準備リストにチェックをしながらカバンに入れる癖をつけてあげましょう。



忘れ物が多い子供への親の神業サポート☆

親にとって子供の忘れ物が多い原因は、しつけが悪かったのかと悩みの種になりますが、子供にとって忘れ物は自分がダメな子に感じてしまう種でもあります。「またなの?」と声を荒げるのではなく、的確なサポートをしながら忘れ物をしなかった日の達成感を多く体験させてあげたいものですね。親のサポートあってこその忘れ物対策、実践してみる価値はありそうです。最後に、忘れ物をしても学校の授業で困らない裏技を紹介します。学校と家、どちらに忘れてきても勉強に支障がでないようにするため、筆箱(中身も)とノートを2つ準備してしまう方法です。2つとも忘れるなんてこともあるかもしれませんが、2つ準備しておくことで、子供の忘れ物に対する余計な緊張感から解放してあげられるので最終手段として考えてみても。。。汗







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です