公立高校でもお金はかかる!?公立高校の入学費用を計算!

小学校や中学校までは義務教育の範囲であるため、教育基本法をはじめとする国の制度によって授業料や教科書代が無償となっていましたが、高校からは入学費用や教科書代などは自己負担になってくるため、はじめてお子様を高校へ入学させる保護者の方は、どれぐらいの費用がかかるのか不安ですよね。

そこで今回は公立高校へ進学させる保護者の方のために、高校入学前と入学後にかかる「入学費用」についてまとめてみました。入学費用の目安や参考にしてみてくださいね。





公立高校、入学までの流れ

公立高校に入学するためには、様々な手順や費用が必要となります。高校によって手順が違ってくる場合がありますが、一つの例として参考にしてみてください。

まず公立高校に入学するには、入学試験に合格する必要があります。この入学試験には「推薦入試」と「一般入試」があり、出願方法や試験内容が違います。公立高校において一回の入学試験を受験するにあたってかかる受験料は、平成29年度の時点で2,200円(福岡県と佐賀県は2,100円)となっていますが、入試日程の組み方によって実際に必要となる受験料の総額は変わっていきます。

受験の際には、受験者の個人情報や在学している中学校を記載した「入学願書」を提出します。願書の入手方法も異なる場合がありますので、受験前に学校の先生に手順を聞いておくとよいでしょう。調査書を学校の先生に作成して貰ったら、実際に入学試験を行います。合格発表は、インターネットに掲載する場合や封書によって合格通知が届く場合などがあります。


公立高校の入学前に必要な費用っていくら?


入学試験に合格すると、入学費用や入学準備金が必要となります。お金がかかるイメージが強い私立だけではなく、公立高校でも入学金や授業料は必要です。合格発表や合格者オリエンテーションの際に必要書類を受け取ると、期日までに入学金を納付する必要があります。

公立高校の入学金についてですが、

公立高校の入学金は5,650円(鳥取県、福岡県、佐賀県、長崎県では5,550円)

となっています。入学の時点では、この入学金に加えて施設費や制服代なども用意しておく必要があります。「入学準備金」についてですが、高校入学までに必要なものとして主制服や体操服をはじめ、教材費、通学費などが必要となります。通学する高校によって異なりますが、

入学準備の時点で平均15~20万円の費用が必要となります。

公立高校入学時に必要な金額

入学金や授業料以外の費用は学校によって異なりますが、平均的な金額は下記の通りです。

入学金 5,650円(一部の地域:5,550円)
授業料 9,900円/月 (年間11,800円)
修学旅行積立金 35,000円
生徒会費・PTA会費 20,000円
教材費 20,000円~40,000円
空調費など 10,000円

入学までの用意するもの・金額

こちらも学校によって金額に差はありますが、平均的な金額は下記の通りです。

用意するもの 金額
制服 40,000円~60,000円
体操着 7,000円~10,000円
通学用の靴 5,000円~10,000円
運動靴 3,000円~7,000円
通学鞄 5,000円~10,000円
教科書・副教材費 30,000円~50,000円
合計 90,000円~147,000円

人によってはこれらの金額にプラスして、通学するための自転車や定期券などが必要となります。

公立高校の入学後に必要な費用っていくら?

公立高校に入学すると、各学年において入学費用とは異なる費用が必要となります。
1年~3年次において必要な費用は授業料をはじめ、先ほど触れたように冷暖房費、教材費、クラブ活動費、PTA会費などがあります。また遠足や修学旅行にかかる費用も別途用意しておく必要があります。

公立高校にかかる年間の学習費(=学校教育費・学校給食費・学校外活動費の3つ)は、高校1年生で約44万円、高校2年生で約39万円、高校3年生で約32万円となっています。また、学年があがると、家庭教師や学習塾などをはじめとする大学進学に向けた受験勉強にかかる費用やそれに伴う毎月の交通費などもかかってきます。


私立の場合に必要な費用はどのくらい?

親は公立高校を希望していても、本人がどうしても行きたいと言っている学校が私立である場合や、公立のすべり止めで私立の高校を受験する方も多いかと思います。もし、私立の高校へ進学することになった場合、学費はどのくらいかかるのでしょうか?
私立の高校は学校によって入学金や授業料は異なりますが、目安としては下記のようになっています。

初年度の納入金額
(授業料含む)
3年間の総額
東京都 120万円 260万円
神奈川県 120万円 255万円
埼玉県 120万円 255万円
千葉県 105万円 220万円

私立高校の場合も、公立高校の場合と同様に入学金・授業料にプラスして制服代などの費用がかかります。

公立高校は授業料・教科書代タダ?


公立高校は私立高校とは違い、教材費や授業料がかからないというイメージを持っている方も多いと思いますが、実際には、公立高校でも教材費や授業料は自己負担になるのです。

学校によって教材費は異なりますが、教科書だけでなく副教材や実験費などを含めると30,000~50,000円もかかります。平成29年の時点では、公立高校の授業料は118,800円ですが、平成26年度より公立高校の授業料無償化についての法律が変わっているため注意しましょう。平成22年度から25年度までに公立高校に入学した生徒については授業料が一律無償となっていましたが、平成26年度からの新制度では、家庭の所得に応じて就学支援金が支給されるというシステムとなっています。


就学支援金制度とは?

正確には「高等学校就学支援金制度」と言い、年収が910万円未満の世帯に対して、月額9,900円が国から支給される制度のことです。(全日制高校の場合)
公立の全日制高校の授業料は一律月額9,900円ですので、実質授業料が無料になるというわけです。この制度は、公立だけでなく国立や私立にも適応されます。ただし、私立の学費は月平均すると10万円程度かかるので、実質無料というわけにはいきませんので、注意しましょう。

この「高等学校就学支援金制度」を利用するには申請が必要です。詳細は文部科学省のホームページに記載されていますので、利用する方はチェックしておきましょう。

公立高校の入学費用が用意できない!?どうしたらいい?

このように公立高校とはいっても、かなり高額な費用が必要となることがわかります。入学費用は合格通知などに記載されている期限までに納入する必要があり、この高額な費用を納入することは、高校を入学する上で避けては通れません。そこで、入学費用が用意できないという場合には、身内への相談だけでなく、各銀行が行っている教育ローンや奨学金の活用も視野に入れると良いでしょう。

教育ローンとは、保護者が借主となり、必要な費用が一括で振り込まれます。奨学金の場合は借主が学生本人であり、毎月決まった金額が振り込まれるシステムです。これらのシステムを活用する際に注意しておきたいポイントは、奨学金は返済が卒業後から開始され、在学中は利息が発生しませんが、教育ローンの場合は、借りた翌日から利息が発生し、借りた翌月から返済が開始されるということです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です