絶壁!?斜頭!?赤ちゃんの頭の形はどうやって予防・ケアすればいいの?( ;∀;)

2カ月になるうちの次男くん(^^)ミルク・オムツ以外はあまり泣かず、よく寝てくれるいい子ちゃんなのでとっても助かっているのですが、よく寝るせいか気が付くと頭の右側が平らになってました(;_;

長男の時は気になる事もなく(ドーナツ枕で予防はしていましたが、、)次男くんも同じようにドーナツ枕を使っていたのですが、向き癖がひどいせいかかなりの斜頭になってしまいケア方法を考える毎日。。

そこで今回は先輩ママさん達にどのようにケアしたか聞いてみました!





なぜ斜頭になるの?

出生前あるいは出生後(またはその両方の場合もあります)の頭が作られる途中の頭蓋骨がまだ柔らかい時期に、偏った力がかかった結果起こるもの。医学的には「位置的頭蓋変形症」と言われるようです。

斜頭の赤ちゃんは向き癖(いつも同じ方向を向いて寝ること)が原因でなります。

先天性変形の原因

まだお腹の中にいる時の子宮内での環境や分娩時の処置によって扁平または形状異常で生まれてくる赤ちゃんは多いです。

これは特に珍しいことではなく、その赤ちゃんのほとんどは、出生後に自然と丸い形の頭に戻る傾向があります。

後天性変形の原因

後天性変形は、長時間同じ体勢で寝かせることが原因でなります。

なぜ絶壁になるの?

絶壁の赤ちゃんは長時間仰向けの状態で寝ていることが原因でなります。

ずっと仰向けで寝ていると頭の重さで下に押し付けられる力が加わるので後頭部が平らな絶壁の頭になってしまうのです(T T)


絶壁 改善 「天使のねむり」カバー1枚セット 絶壁防止 赤ちゃん 向き癖 ドーナツ枕 枕 向きぐせ防止クッション 斜頭 変形 ベビー 頭 ドーナッツ枕

価格:12,990円
(2019/6/24 14:07時点)
感想(161件)

先輩ママに聞いた!赤ちゃんの頭の形はどうやって予防・ケアしましたか?

新生児の頃は寝返りもできず、寝ている時間も長いので、頭の形が絶壁になりがちでした。上の子がまさにそうで、布団に、薄いタオルで作った枕を置き、寝かせていたので、後頭部が平状態。気になって、横抱きで寝かせてみたり色々試しました。下の子が生まれた時には、赤ちゃんグッツも進化していて、ドーナツ型の枕に寝かすことで、かなり頭の形がよくなったように思いました。しかし、大きくなり寝ている時間が減ったり、動けるようになると、自然と頭の形も改善されていくように思います。上の子の頭はすっかり形がよくなりました。

産まれてすぐの新生児の頃から、ドーナツ枕を使用しました。それでもずっと寝ている時期なので、少し頭の向きを右や左に傾けたりしていました。また、車の中でも寝てしまうことが多かったのですが、赤ちゃん用の首当てのような枕を見つけたので購入し使用していました。少し大きくなると、枕を嫌がるようになったので使えなくなってしまいました。それもあったのか、我が子は少し絶壁です。そのため、髪の毛の量がはえてきた今は形が良く見えるようにカットしています。

もともと吸引分娩をして娘の頭の形が気になっていたので、西松屋やバースデイなどどこにでも売っている真ん中がへこんでいるドーナツ枕を使用しました。寝返りをうつ前の時期はずっとねているだけで頭が絶壁になってしまうのではと思い購入しましたが、やはり買って正解でした。右や左やどの向きに顔を向けて寝ていてもドーナツ枕のおかげで頭が絶壁になったり形が変になったりすることがありませんでした。安い物なので買ってみる価値はあると思います。

私の子供は生まれた時も頭の形はよくまだ柔軟な頭なのでこれからも変形しないように色々気をつけていました。まず、枕!赤ちゃん用の真ん中がへこんでいる枕が売っているのですが、そちらの枕を使っていました。 極力平たいところでは寝かせないように窪んだ枕で寝かせるように心がけていました。二つ目は赤ちゃんの寝る向きに気をつけていました。片方だけ向いて寝ることがあったので両方で均等に寝るように向きを変えてあげていました。この二つだけ気をつけていたらとても綺麗な形をキープしてくれました!



生まれた時から比較的、絶壁ではなく丸い方でしたが、そのままの形をキープしたかったので、お昼寝は抱っこしたままにして頭を硬いところに置かないように心がけてました。さすがに24時間それは無理なので、夜寝るときはドーナツ枕を使いました。もちろん朝になると枕は外れてしまっていますが、今のところ絶壁になることはなく、丸みをキープしています。絶壁を気にしてうつ伏せで寝るときは必ず近くで見守るように注意が必要です。

ドーナツ枕を中心に使っていました。だけどドーナツ枕を使用しても頭が動いて枕が外れる事があるので、寝返りが出来ないうちは体を横にして背中とお腹側にタオルを丸めて壁を作って動けないようにしていました。添い寝・寝ながら授乳ができるようになってきたら、おっぱいをあげる時、頭を凹んでいない方に顔を向けておっぱいをあげていました。同じ方向だと変形してしまうので、なるべく両方バランス良くなるようにあげていました。

私自身が絶壁で悩んでいるので子供には同じ思いをさせまいと、なるべく早い段階から、頭の形を崩さない枕を使用しました。あっち向いたりこっち向いたりするので、頭が落ちていたりすることもありましたが小まめに直すようにしました。そのうち同じ方向ばかり向くようになって来ましたが、なるべく逆の方向から呼びかけたりおもちゃを鳴らして見たりして反対側も向くようにしていました。また、抱っこの仕方も同じ方の腕でばっかり抱かない様にしていました。今、子供は二人とも綺麗な頭の形をしています。

長女は抱っこばかりだったので頭の形は良く悩みませんでしたが、次女は良く寝る子だったので絶壁が気になり頭の方向をこまめに変えてみたり暇があれば抱っこしたりしていました。ママ友の赤ちゃんは向き癖のせいか頭が長くなったと言っていたので向き癖にも気を使いました。真ん中が凹んだ枕もママ友から借りましたがなんとなく寝づらそうで結局普通の枕で過ごしました。おんぶが出来るようになると昼間はおんぶが多くなり絶壁も気にならなくなり寝返りが打てるようになると寝相があまり良くなかった次女は全く問題無くなりました。



赤ちゃん用品のお店に行くとよく「ドーナツ枕」が販売されています。この枕、使えるのは赤ちゃんが寝返りをうつまでです。たった数ヶ月しか使わないのに買うのがもったいないと思った私は、バスタオルをグルグル捻って、ドーナツの形にして髪の毛をくくるゴムで留めました。自作のドーナツ枕を寝返りするまで使いました。それ以降は、ピロークッションを使いました。
座布団くらいの大きさのモノで首に当たる部分が低くなるように紐で軽く縛って、後頭部が当たる部分を握り拳で押してから寝かせました。最初は絶壁でしたが、だんだんと絶壁じゃなくなりました。

枕は平らなものではなく、頭の部分がヘコんでいるものを使いました。平らなものだと頭の形に影響すると聞いたことがあり、布団セットに入っていたものは平らだったので、それとは別に、真ん中がヘコんでいるものを購入しました。別に購入したものは、ライオンやクマなど、動物のものが多かったので、頭の形の予防やケアという目的ももちろんですが、見た目が可愛いという点でも、普通の平らの枕よりもオススメできるなと感じました。

1カ月ケアした後の赤ちゃんの頭の形の変化☆


1カ月半頃から斜頭(うちの場合は右側後頭部が平ら)が気になり、2カ月頃から向き癖矯正クッションを使って時々無理矢理左向きに寝かせてました。

仰向けで寝かせるときも右側だけ枕の下にタオルを敷いたりして出来るだけ左に向くように調節していました。

1カ月経った現在、斜頭はだいぶ改善されましたが、今度は絶壁が気になる。。(笑)

頭の形を矯正する医療用ヘルメットがあるようですが、日本では保険適用外の為自費との事(35万円~でした(*_*;)。ドーナツ枕+向き癖矯正クッションで頑張ろうと思います!


1歳になった息子の現在の頭の形

寝返りを打つようになり、仰向けで寝たり横向きになったり、ころころ体制がかわるので斜頭・絶壁もだいぶマシにはなりましたが、まだきれいな丸型にはなっていません。(> <)

10ヶ月健診の時に先生に相談しましたが、「小さいうちはまだ頭柔らかいから戻るよ。心配いらないよ」と言われましたがやはり気になります^^;

若干いびつだけど、、という程度なので、次回の健診の時にまだ丸くなっていなければまた先生に聞いてみようと思います。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です