赤ちゃんの歯磨きっていつから始めるべき?子供が歯磨き好きになる魔法の方法♪

離乳食開始頃から徐々に生え始めるかわいい歯。最初は生えてるのかわからない程度の長さだし、、歯磨きっていつからすればいいんだろう?と悩む方も多いですよね。。そこで今回は、赤ちゃんの歯磨きを始めるタイミングや歯磨きの方法などをお伝えします☆子供が歯磨き好きになる魔法の方法とは??




赤ちゃんの歯磨きっていつから始めるべき?


歯が生え始める6か月~1歳の間に始めるのがいいと言われていますが、歯の生え具合などでやはり個人差があります。うちの子は9カ月の時に地域の保健センターの赤ちゃん歯磨き教室に連れて行きましたが、まだ前歯が2本ちょろっと出ている程度だったので「まだ必要ないねー」と言われちゃいました(*_*;その頃から慣らす為に歯ブラシのような形の歯固めを買ったり徐々に準備はし始めましたが、実際に歯ブラシで歯を磨いたのは10カ月すぎ。フッ素をつけて磨くようになったのは1歳頃からでした。

赤ちゃんの初めての歯磨き、どうやったらいいの?

突然口の中に歯ブラシや指を入れられると嫌がってしまう事があるので、歯磨きの前に遊びながら歯や歯茎をさわってみたり、指が大丈夫になったら次は歯ブラシを入れてみる(磨かずに入れるだけ)など、慣らしていきましょう。磨く時は太ももの上に頭を乗せ(赤ちゃんの頭がママのお腹側にくるように)、左手で頬やあごを軽く押さえます。右手で歯ブラシをえんぴつ持ちして力を入れずに上下・左右に軽く動かしましょう。

先輩ママに学ぶ!子供が歯磨き好きになる魔法の方法は○○

歯磨きが嫌いな息子でしたが、歯医者さんで勧められて、歯磨き後のごほうびにキシリトールのタブレットをひと粒与えるようにしまた。甘くて美味しい上に、お砂糖が入っておらず、虫歯を防ぐ効果があるんです。それまで意地でも歯ブラシを持ちたがらなかった息子も、タブレットの味を気に入ったのか「磨いたら食べていいんだよね?」と、自ら洗面所に立つようになりました。シールのおまけがついたキャラクターもののタブレットもあるため、バリエーションを変えて購入しています。

お子さんが小さいときに最初に歯磨きさせるにも大変です。最初に歯磨きさせるときってどうしても嫌がり、うがいのタイミングもうまく掴めないかと思います。最初は、お母さんが歯磨きをしてあげていますが、歯磨きを楽しく出来るように工夫も必要だと思います。ある程度なれて自分で出来るようになったごろに、ちゃんと歯磨きをしないと歯が無くなっておやつを食べられなくなるよ、その他に歯磨きを毎日したらご褒美に、おもちゃを買ってあげるよ、とかですね。。歯磨きをすることで何かいいことが有るのかな?という期待感をもたせて上げたらいいかと思います。ただ、子供に頭から押し付けるような言い方ではどうしても嫌だな、と思うようになっては困ってしまいますので、そこはお母さんが上手に考えてやってあげたら間違いなく、自分でほっといても歯磨きが好きな子になってきます。

それはずばり!歯磨き粉です。キャラクターなどの歯磨き粉がドラッグストアやベビー用品店に売っていて、イチゴ味やブドウ味など種類も多く、魔法のアイテムです。大人と同じように歯ブラシに歯磨き粉を付けて磨くのが嬉しいのと、味がおいしいみたいで喜んで歯磨きをしてくれるようになりました。フッ素入りの歯磨き粉を使えば虫歯予防も出来て一石二鳥です。子供と一緒に買いに行って選べば、歯磨きの時間が楽しくなること間違いなしなので試してみて下さい。

息子は歯が生えはじめる頃から、赤ちゃん用の歯ブラシでブラッシングしていました。赤ちゃんは歯が生えはじめると気持ちわるいのか、おもちゃや様々な物を口に入れ噛もうとします。歯磨きを始めるタイミングはその時が狙い目だと思います。まず最初は、赤ちゃん用の歯ブラシ(奥まで入らないように安全な輪っかがついているもの)を何気なく置いておきます。赤ちゃんは新しい物好きなので、すぐに興味を示し、手に取り口に入れます。これで歯ブラシを口に入れる段階はクリアです。次に、親が歯ブラシを持って磨く段階なのですが、歯磨きの絵本で遊びながら慣らしておき、鏡に赤ちゃんの顔を移し、ごしごしと歌をうたいながらすると機嫌よくできます。赤ちゃんの時から慣らしてあるおかげか、今では歯磨きが大好きです。息子の場合、フッ素ジェルが好きで、そのおかげもあるかもしれないです。

我が家で成功したのが「スマホwith歯磨き」です。スマホで歯磨きの歌の動画を見せながら歯磨きするだけの簡単な方法です。動画が流れている間はおとなしく口を開けて歯磨きしてくれます。検索すると歯磨き動画はたくさん出てくるので、一つの動画で飽きてしまっても他の動画でトライできるのがいいところです。お風呂などで一緒に歯磨きの歌を歌って、歯磨きの歌を好きになってもらうと、なおやりやすいと思います。歯磨きイコール楽しいと思わせることが大事みたいです。

子供の好きなキャラクター(アンパンマンやトーマスなど)の歯ブラシを用意して、「お口の中をアンパンマンがお散歩するよー」や「トーマスが通りまーす」と言いながら歯磨きしています。子供が途中で飽きてきたら、「あ!お口の中にカビルンルンがいる!アンパンマンがやっつけるから大きいお口して!」と言うと、最後まで磨かせてくれます。何本か歯ブラシを用意しておいて、選ばせてあげるのも喜びます。「今日は誰にお口磨いてもらう?」というと、自分から歯ブラシを選びによってきてくれます。

現在1歳7か月の7娘がいます。歯磨きは、自分でする分(短いブラシ)には問題ないのですが、仕上げの歯磨きで私が歯ブラシ(長いブラシ)になると目をそらして顔をブンブンしてブラシを拒否していました。嫌々言うばっかりなので、仕上げの歯磨きは諦めていましたが、1歳半検診で歯科衛生士さんにも「頑張ってみてください。」と言われたので、心を鬼にして仰向けにした娘の両手を足で羽交い絞めにして歯磨きをすることに。結果は暴れまくって歯磨きはできず終わってしまいました。しかし、「わぁ~~~!!○○(名前)、歯磨き上手~~!」「すごーーー!」と大げさに褒めて、ブラシが振動するくらいの力加減で、少しでも嫌がる素振りをしたら終了、というやり方にしたら本人も笑顔で歯磨きをさせてくれるようになりました。

子供は嫌がってなかなか歯磨きをしてくれないよ、と先輩ママから聞いていたため、息子の歯が生えてくる前から下準備ということで歯磨きに関する絵本を意識的に読むようにしていました。絵本ではリズムよく楽しそうに歯磨きのシーンを描いてくれているため、私も絵本に合わせて息子の前で歯みがきをして見せたりしていました。現在4本の歯が生えている息子ですが、嫌がることなく口を大きく開けてくれます。歯磨きをひとつの遊びとしてとらえてもらうために、楽しい演出を考えるのがおすすめです。

もともと、歯磨きを嫌がるタイプではなかったのですが、歯磨きをする時間帯には眠くなっていて、多少ぐずったりしていました。そこで、膝の上に頭をのせて、好きなアニメのテーマソングをかけて、その曲が終わるまでしっかり歯磨きをするという約束をしていました。困ったのは一緒に歌いたがってしまうことです。「歯磨き、終わったらキレイなお口でもう一回歌おうね」と言って、歯磨きをしていました。アニメのテーマソングでなくても、歯磨き用の歌もあるそうです。そういったものを活用するといいと思います。

下の子が歯磨きが大嫌いで、育児本などを参考に色々試しましたが一切ダメ…もちろん、本人に持たせて、自分でやらせても、歯磨き自体に興味もなく、一切やろうともしませんでした。結局、仕上げみがきを私がずっとやり続けるのですが、嫌がり、歯医者さんに相談すると、上唇の裏、真ん中あたりにある筋に当たると痛いから、そこを抑えて痛くないことをわからせて、あとは仕上げみがき中は、膝に寝かせて、すきなテレビでも見せておけばいい‼︎というので、試してみたら大正解で、その後はスムーズにできてます、




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です