まだ早い?!高校生の娘が脱毛に通いたいと言ってきたらどうする?

「そもそも高校生でも脱毛サロンに通えるの?」「娘が脱毛に通いたいと言ってきたら、どうしたらいいの?」と、少し前よりもずいぶんと敷居が低くなってきた脱毛サロンの存在に、悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、実際に高校生の女の子を持つママ達に、「高校生の娘が脱毛に通いたいと言ってきたら、どう対応しますか?」というアンケートに答えていただきました!





高校生でも脱毛サロンに通えるの?

「高校生でも脱毛サロンに通えるのか?」と疑問を持つかもしれませんが、結論からいえば高校生でも脱毛サロンを利用することは可能です。ただし、未成年である高校生が脱毛サロンに通う契約をする場合は、親の同意が必要になります。

大人の場合、何かトラブルがあったとしても自分で対処をする力を持っています。しかし、高校生の場合は何かトラブルが発生した場合に自分で解決することができず、サロン側が有利な契約を結ばされて不利益を被る可能性がないとは言えません。
経験の乏しさから悪徳業者に利用されるケースもあるため、法律で親の同意がなければ契約ができないように定められているのです。

まだ早い?それとも賛成?他のママはどう対応するの?

もし高校生の娘が「脱毛に通いたい」と言ってきたら、他のママはどのように対応するのでしょうか?実際に高校生の女の子を持つママ達に聞いてみました!

賛成です。
自分はさほど毛深い方ではありませんが、それでも毛の処理にかなりの費用をかけてきた気がします。また、毎日カミソリなどを使うと肌も痛めますし、黒ズミの原因にもなると思います。女の子にとって毛の処理は重要なことですし、将来的にコンプレックスや悩みになって高額の脱毛サロンを契約してしまったり、高額の脱毛器などを買わされてしまったら大変です。整形やエステとは違い、毛の処理はエチケットの一つだと思いますので、そんなに高額でなければ出してあげたいと思います。

個人的には子供が脱毛サロンに通いたいと言ってきたら通うことを賛成すると思います。日本は無駄毛やメイクなどの身だしなみに厳しいところがありますし、実際自分が高校時代の時にもプールの際に無駄毛の処理が甘かった子がかなり酷いあだ名で呼び続けられていたこともありました。昔の話ではないか?と言う意見もあると思いますが、美容整形や脱毛の広告で溢れかえっている世の中になりましたので、面倒くさいからと言う言い訳は余計に通じなくなってきていると思います。

脱毛サロンが悪いわけとは思わないが、未成年の肌にとって、脱毛の施術を行うのはあまり良いことではないと考えているので、未成年のうちは、やめてほしいという。どうしても本人が悩んでいて、通いたいというのならば、脱毛サロンの施術を行うデメリットをホームページや実際にサロンのカウンセリングなどを受けてすべて納得をした上で、アルバイトで、自分で脱毛サロンにかかる料金分を全部稼いで貯めてからにしなさい、と言うと思います。

私は反対です。
脱毛サロンに通うためにはお金がかかります。
どれくらいかかるのかはわかりませんが、私の子どもはアルバイトをしていません。
アルバイトをして、その稼いだお金で脱毛サロンに通うのだったら文句は言いませんが、私の子どもはアルバイトをしていないので、反対です。
また、脱毛サロンに通っている高校生が周りにいないので、私の子どもが脱毛サロンへ通うのは考えられません。
もう少し歳を重ねたら、通ってもいいと思います。



賛成。
私自身も思春期にムダ毛が濃くて悩んだ経験があるので、娘にはそういった悩みを抱えてほしくないから。高校生になるとお友達や彼氏と遊びに行く機会も多いですし、まだまだ見た目を気にする年齢だと思うので、かわいく綺麗になりたいというのは理解できます。ただ、自分のおこづかいで通えるところに通ってほしいと思います。脱毛は通いだすとキリがないので、親のお金で通うのではなく自分のお金で通ってお金の大切さも学んで欲しいと思います。

高校生の娘が脱毛サロンに通いたいと言った場合私は賛成します。綺麗になれるのなら高校生でも良いと思います。そのかわり費用はアルバイト代で払うように言います。私自身も中学生ごろから毛深いことを気にしていましたので娘も思いは同じだと思います。女の人は綺麗なるとさらに磨きをかけて綺麗になりたいと思うものです。早かれ遅かれ脱毛サロンに通いたいと言うと思います。その時のために慌てないように今から心の準備をしています。脱毛サロンでしたら自分で処理をするより綺麗にしてくれると思います。

高校を卒業してからでもいいのではないかと伝えます。高校生はまだ成長期ですので、身体に変化がある時です。その時に人工的な力に頼るのがどうかと思います。しかし、子どもの考えも尊重はしてあげたいです。どうしても通いたいのであれば、まずはきちんと脱毛サロンで説明を受けてくるように促します。そして、それどうしても脱毛したいという思いが変わらないのであれば、自己責任でしてもいいかと思います。金銭面は自分でやりくりし、もし足りなければ貸すことも考えます。

自分もムダ毛に悩んでいた頃があって、気持ちはよく分かるので、まずはしっかりと話を聞きたいと思います。今は脱毛サロンもたくさんあるので、ネットなどで一緒に調べて、1度相談に行きたいと思います。若い肌への負担なども気になりますが、大丈夫だと分かれば、通わせてあげたいと思っています。ムダ毛の問題は、当人にとってはかなり深刻な悩みだと思うので、金銭的には多少ムリをしてでも、解決出来るならしてあげたいと思います。

今は安く脱毛に通えるため、賛成します。値段だけではなく、体毛の処理には時間がかかりますし、肌もカミソリで荒れやすくなります。その手間を省くために脱毛に通うのは賛成です。体毛の事で悩んでいるなら、早めに通って悩みを解消すべきです。脇やデリケートゾーンの脱毛には時間がかかりますから(2年くらいかかるでしょう)早めに通うのが良いと思います。またアルバイトを自分でさせてそのお金で通うように促します。自分で稼いだお金で脱毛に通う方が、途中で面倒になって通わなくなる事はないと思うので。

私は反対します。理由は大きくわけて2つあります。1つは私の娘は幼い頃から肌が弱いからです。肌が弱い人が若いうちから脱毛サロンに行くのは良心的なこととは言えないような気がします。もう1つはお金がかかるからです。子どもがアルバイトなどをして得たお金で通いたいというのであれば考えますが、脱毛サロンに通うというのは安いものでもありませんから、出来ればそのお金も将来に使ってほしいというのが正直なところです。



高校生のうちから脱毛サロンに通うメリット・デメリットは?

メリット

・ムダ毛による悩みやコンプレックスから解放される
・自己処理による肌へのダメージを防ぐことができる
・予約が取りやすい平日に通うことができる
・学割が使える

やはり、早い時期からムダ毛による悩みを解消できるという点が一番のメリットと言えるでしょう。
また、カミソリや毛抜きなどでの自己処理は肌へ大きなダメージを与えてしまうと同時に、ムダ毛の処理に夢中になって他のことが疎かになってしまうケースもあります。

デメリット

・日焼けができない
・お金がかかる

脱毛に通うのであれば、基本的に日焼けしてはいけませんので、体育の授業や部活などの際は日焼け止めを塗って対策する必要があります。脱毛するのに日焼けしてはいけない理由は、脱毛の仕組みにあります。一般的なサロンでは、脱毛の光を毛根のメラニン色素に反応させ、ダメージを与えることによって脱毛を行っていくのですが、日焼けして肌にメラニン色素が多くなると、毛根のメラニン色素に反応しにくくなってしまうのです。

脱毛サロンとクリニック(医療脱毛)の違いとは?

「脱毛」には、脱毛サロンで受けることができる光脱毛とクリニックでの医療脱毛があり、これらの大きな違いは脱毛の照射時の出力の差にあります。エステの要素が大きい脱毛サロンでの出力は弱めであるのに対して、医療機関でもあるクリニックでは強い出力で照射することができるのです。この出力の強さの違いによって、必要な回数や痛みのレベルなどがそれぞれ次の表のように異なります。

脱毛サロン クリニック
回数 12回~18回 5回~8回
脱毛期間 約2年半~3年 約1年~1年半
痛みレベル 痛みは弱い 痛みが強い
脱毛資格 資格者でなくても施術可能 有資格者が施術
医師の診察 なし あり

このように、脱毛サロンとクリニックではそれぞれにメリット、デメリットがありますので、一概に「こっちの方が良い!」とは言えませんが、もし高校生のうちから脱毛に通うのであれば、自宅の近くに店舗があって通いやすいサロンまたはクリニックがおすすめです。

また、脱毛サロンではワンコインから脱毛を体験できるキャンペーンも多く行っているので、「まずはワキ脱毛から」など、一番気になる部位からお試し感覚で通ってみるのもいいですね(*^^*)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です