女性も必読!!あなたの頭は大丈夫?頭皮ケアの方法




頭皮の悩みやトラブル

代表的な頭皮トラブルとしてニオイやフケ、乾燥が挙げられますが、これらにはそれぞれ原因があるため、原因をしっかりと把握して正しいケアを行いましょう。

ニオイ

ニオイは、自分ではなかなか気づかないことも多いです。そもそも頭皮が臭ってしまう原因は、皮脂が関係しています。皮脂が酸化すると頭皮に常駐する菌のエサとなり、ニオイの原因となるノネナールが生成され、臭ってくるのです。健康な人であっても皮脂は分泌されていますが、何らかの理由によって皮脂が過剰分泌されるとニオイにつながります。

フケ

ぱらぱらとした白い細かな塊が頭皮から落ちるフケも、いくつかの原因が存在しています。まず、ひとつは乾燥です。季節的な空気の乾燥もありますが、栄養不足や体調不良で健康状態が悪くなると血行も悪くなり、頭皮が乾燥してフケが発生する可能性が高まります。さらに、常在菌の異常繁殖が原因となってフケが発生することもあります。常在菌が増えると新陳代謝が異常に高まり、頭皮の細胞ができあがる前にフケ状に剥がれるという状態になりやすくなるのです。

乾燥

頭皮の乾燥は一見気にする人は少ないですが、立派な頭皮トラブルのひとつです。放置するとかゆみやフケを引き起こし、炎症となることもあります。乾燥の原因は、ひとつは季節的な空気の乾燥です。頭皮や肌にとって快適な湿度は60~65%ですが、1年の内およそ7カ月はそれを下回り、乾燥の原因となります。さらに寒さにより血行不良となることも乾燥の原因の一つとして考えられます。暖房や冷房を使用することも必然的に空気が乾燥することになるため、注意が必要です。この他、ヘアケアを過剰にしすぎることも頭皮の乾燥を招きます。ヘアアレンジを繰り返し行うことが乾燥の原因となっている場合も多いです。

今すぐ始められるケア方法

頭皮トラブルに見舞われた場合、専門家の意見を聞いて対処することが最適ですが、身近にできる頭皮ケアの方法もあるため、まずは実践してみるのも良いでしょう。



シャンプーの見直し


簡単にできる頭皮ケアの方法のひとつは、今まで使用してきたシャンプーを見直すことです。一口にシャンプーと言っても様々な種類があります。アミノ酸系や石油系、石けん系、ノンシリコンなどが代表として挙げられ、この中で頭皮ケアにもっとも適しているシャンプーはアミノ酸系のシャンプーです。洗浄力が強力な界面活性剤が使用されている石油系や敏感肌やアレルギー体質の方にお勧めの石けん系、人工成分が含まれないノンシリコンなどそれぞれの特徴がある中で、身体の成分にもっとも近いアミノ酸系が一番頭皮に優しくなっています。また、シャンプーだけでなく、洗髪方法も合わせて見直すと良いでしょう。まずは乾いた髪をブラッシングしてほこりを落とし、お湯で予洗いします。その後、しっかりと泡立てたシャンプー液で下から上に向かってジグザグを描くように洗っていきます。生え際から頭頂部へ、両サイドから全体へやさしくほぐしながら洗い、最後にシャンプーが残らないようにしっかりすすいで完了です。

マッサージで血行促進


頭皮ケアとして、頭皮のマッサージも有効です。頭皮トラブルを防ぐためには、乾燥や頭皮に悪影響を与えるスタイリング剤などの使用を避けるといった外的要因を取り除くことも重要ですが、内的要因を整えることも重要です。頭皮トラブルの原因のひとつに血行不良が考えられますから、頭皮の緊張をほぐして柔らかくし、血行を促すマッサージをすることが効果的になります。
マッサージの方法は非常に簡単です。両手で頭皮全体を包みこむようにし、指の腹で頭皮を揉むような感覚でマッサージします。これを生え際から頭頂部というように、下から上に向けて行いましょう。さらに、頭皮全体を動かします。この動作を朝晩で5分ずつ行うと血行促進効果を期待できます。また、手軽に髪を洗いながらマッサージできるマッサージブラシを使用することもおすすめです。

頭皮クレンジング


頭皮クレンジングとは、頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂を洗い流すことでニオイや乾燥、フケなどのトラブルを解決に近づけます。頭皮クレンジングも使用されるオイルによって様々な種類に分けられ、ホホバオイルや椿油、オリーブオイルなどの色々な種類の中から自分の肌質に合ったものを選びましょう。頭皮クレンジングはブラシで髪をすいた後、頭皮に直接塗りこむようにつけてなじませます。ぬるま湯で洗い落としてから、シャンプーとトリートメントをすると本格的な頭皮ケアになります。



頭皮ケアの注意点

頭皮ケアには様々な方法がありますが、そのいずれを実践するにしても共通した注意点がいくつかあります。それらの注意点を守らなければ、却って頭皮を傷つける結果になることもありますのでしっかりと守りましょう。注意点の一つ目は、シャンプーやクレンジングなどを行っているときに爪を立てないということです。爪を立てて頭皮を洗うと傷ができ、そこから炎症が発生することもあり得るため、指の腹でやさしくケアすることを心がけましょう。また、シャンプーなどはしっかりと洗い流すことも重要です。これらの成分がすすぎきれずに残ると頭皮への過剰な刺激となり、結果として頭皮を傷つけることになります。さらに、ブラッシングはある程度であればマッサージやほこり落としの効果がありますが、やりすぎると頭皮への過剰な刺激となるので注意が必要です。この他、紫外線なども頭皮への刺激となるため、外出時は帽子をかぶるなどして対策をすると頭皮ケアとなります。

身体の内側から改善!


頭皮ケアに役立つ方法とは、外部から行うことばかりではありません。生活習慣を見直して身体の内側から頭皮環境を改善に向かわせることも可能です。頭皮を健康にするには、食生活を正しくすることが重要です。脂肪分の多いものを取りすぎると皮脂の分泌が過剰になる可能性が高く、また女性がしがちな無理なダイエットで栄養バランスが崩れると抜け毛や薄毛につながります。睡眠をしっかり取ることも重要な要素です。夜10時から夜中の2時までは身体にとってのゴールデンタイムですから、この時間帯にしっかりと睡眠を取ることで頭皮環境も整いやすくなります。さらに、ストレスが溜まり続けると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが乱れると乾燥や皮脂の過剰分泌、抜け毛につながりますので、生活習慣を見直すことが必要です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です