パラジェル(削らないネイル)っていいの?ジェルネイルとの違いって何?







昔はみんなマニュキュアをしてたけど今はジェルネイルの方が圧倒的に多いですよね☆臭いもないし持ちもいいし(‘ω’)ただ毎月ネイルを変えていると段々と爪が薄くなっていきます。。。こないだはお風呂に浸かったら爪が痛かった( ;∀;)私の爪はもう限界!?爪に負担をかけずにジャルネイルってできないの??

通常のジェルネイルとは?


私もジェルネイルを愛用していますが、ジェルネイルは一度施術をすると3週間はそのデザインが楽しめ、マニュキュアにはない様々なデザインのネイルにも挑戦することができます。ジェルネイルをする時には爪の表面を削り、ジェルネイルを落とすときにもジェルを削ってアセトンに浸したコットンを爪に乗せ、アルミホイルで指一本一本を包んで時間をおいて削り落とすという作業を行います。

削らないパラジェルって何??

削らないパラジェルとは一体なんでしょうか。パラジェルとは、サンディング(ジェルネイルを塗る前に行う下処理の爪やすり)が不要のネイルです。今まではネイルをする際に表面を削ってからジェルをのせるのが主流でした。しかし、パラジェルはその工程が必要ありません。サンディング不要なので無理に爪を削る必要がなく、爪が薄い人から大人気のジェルとなっています。持ちが悪いわけではなく、3週間から長い人で1ヶ月ネイルを楽しむことができます。爪とジェルの間を真空状態にさせることで、密着度もアップします。

カラー展開について


削らないネイルとして人気のパラジェル。通常のジェルよりもカラーが不足しているのではと思うかもしれません。しかし、最近パラジェルは需要があり、カラー展開も非常に豊富です。ただし、他社のジェルを混ぜてしまうとメーカーによってジェルの硬化時間が異なるので、硬化不良になる可能性があります。もしカラー同士を混ぜるのであれば、パラジェル同士を混ぜれば問題はありません。ベースは通常のものでも特に問題はありません。メーカーによっては専用のベースジェルやクリアジェル、トップジェルにアートジェルが用意されているので、そちらを使用した方が硬化時間も同じでオフするときも楽になります。

パララジェルは扱うのが難しいって本当?


削らないネイルとして人気のパラジェル。実はネイリストの間で扱うのが難しいという噂があります。インターネットでパラジェルについて検索をかけても、やはり取り扱いが難しいという声があり、その内容は色むらができてしまう事や硬化させる際に熱くなったり未硬化になってしまったりするという内容です。パラジェルに限った内容ではありませんが、通常のジェルネイルも同じで、ネイリストの技術不足ですぐにリフトしやすくなります。私は根元のリフトやジェルネイルそのものが剥げてしまった経験があります。特に最近はセルフネイルをする人が多くなり、自己流でジェルネイルを楽しむ人が多いです。セルフネイリストには、このパラジェルを使いこなすことは少々難しいと言われています。剥げてしまうと爪にとって大きな負担となり、どんどん持ちの悪いネイルになってしまうことがあります。しかし、最近のネイリストは、授業でパラジェルを使用することが多く、一級ネイリストとなると、技術も知識も豊富なのでパラジェルをしたからといってすぐにリフトしてしまう心配はありません。リペアやフィルインも可能ですし、セルフレベリング効果が高く、筆でぬった後すぐにわからなくなるため、パラジェルをぬった後の色ムラの心配はありません。ここで気を付けたいことは、パラジェルを購入したらそのパラジェルに合ったライトを使用することです。メーカーによって照射レベルは異なるため、未硬化だったり照射が強すぎて熱いと感じたりしてしまうため、そのジェルに合ったライトを使用しましょう。

削らないネイルで大人気のパラジェル


削らないネイルというフレーズが多くの女性を魅了しているパラジェル。どんなにネイルを楽しみたくても、爪が薄くなったり傷んだりしては楽しむことができません。爪を傷つけないパラジェルは、まさに爪が弱い女性の救世主であり、今後ますます需要が高まってくるでしょう。専門の知識や技術を学べば、多くのネイリストでも扱えるジェルです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です