爪の病気!?グリーンネイルって何?


どんな症状?


グリーンネイルはその名前の通り、爪が緑色になってしまう症状のことです。グリーンネイルの軽度の状態ははっきりとした緑色を示さず、黄色から薄い黄緑色を示し、やや乾燥している状態です。はっきりとした症状が出ないため、気づかないこともあります。中度の状態は、一目見ただけで爪の色の変化に気づきます。爪の色は緑色から黒色になり、爪の内部まで侵食している可能性もある状態です。中度になると治療が難しくなってきます。
重度の状態は、爪にカビが生えたような状態になります。重度になると病院を受診する必要が出てきます。グリーンネイルは緑膿菌と呼ばれる菌が原因で起こりますが、爪を変色させるだけで体の中に入っていくことはありません。しかし、著しく免疫が低下している病人などには大変な感染源になるため、注意が必要です。グリーンネイルは基本的に痛みはありません中には痛みを感じる方もいますが、そういった方は爪が侵食され、組織に到達するくらいまで症状が進行している方でしょう。初期の段階では見た目も自覚症状もあまりないため、日頃の爪の観察が必要になってきます。

グリーンネイルの原因


爪を緑色に変えてしまう原因は、緑膿菌という菌です。緑膿菌は、私たちの身の回りのどこにでも存在するような菌です。特に水回りなどのジメジメとしているところや生暖かい場所で繁殖します。水場で緑色の苔のようなものを見たことがあると思いますが、それが緑膿菌です。
ネイルをする前に、ネイリストの方とネイルをされる側が手指消毒をしていないことも原因の一つとなります。ネイルをしてから時間が経つと段々とジェルが浮いてきます。それをすぐに処理すれば問題ありませんが、せっかくしたネイルをすぐに取る人はそうそういないでしょう。そうして浮いているのを放置すると、ネイルと爪の隙間に緑膿菌が入り込み繁殖してしまいます。そのまま放置してネイルを取る頃には、爪が緑色になっているというわけです。ネイルをしていない人でも、グリーンネイルになることがあります。そういった人は、水虫菌やカンジダ菌などに犯されている可能性があります。そういった菌に侵された爪に緑膿菌が付着することによって、グリーンネイルになってしまうのです。

なりやすい人の特徴

ネイルアートを始めたばかりのネイリストさんにネイルをしてもらうと、ベテランの人よりもネイルが浮いてくる可能性が高いです。その浮いてきたものを放置していると、ネイルと爪の隙間に緑膿菌が侵入し、グリーンネイルになりやすくなります。さらに、手汗をかきやすい人は手のぬくもりと湿気で、緑膿菌からしたらとても繁殖しやすい環境になります。そのため、手汗をかきやすい人も注意が必要です。その他に、手先をよく使う人や水仕事が多い人なども緑膿菌と接触する機会や繁殖する機会が多いため、気を付けた方が良いでしょう。

対処法・治療法とは?


初期の状態でグリーンネイルを発見した場合は、まず緑膿菌を洗い流しましょう。爪の表面を削るように洗うことで、変色した部分を落とすことができます。ヤスリでこするだけでも大丈夫です。変色した部分の色が落ちない場合は無理に落とそうとせず、新しい爪に変わるのを待ちましょう。緑膿菌が付着していたであろう期間に使用した道具は処分します。しっかりと洗浄した後は、手指消毒剤でしっかりと消毒し乾燥させます。消毒剤で手が荒れてしまう方は保湿も行いましょう。グリーンネイルが治るまでは、ネイルはしないようにします。もし、ネイルをしていた場合は、無理に自分で剥がそうとせずにネイルサロンに行き、グリーンネイルになったことを伝えて綺麗にネイルを落としてもらいましょう。中度まで進行している場合は、削りすぎない程度まで削り、しっかり消毒を行います。そのあとは、初期段階同様に経過を見ましょう。重度になっている場合は、ネイルサロンにいっても処置できません。ネイルサロンに行き、ネイルを綺麗に落としてもらってから病院を受診しましょう。病院を受診するときは、皮膚科にかかります。グリーンネイルは、完治するまでに約2ヶ月〜1年かかる場合もあります。

グリーンネイルにならないために!予防法とは?


グリーンネイルを予防するためには、爪を綺麗に保つ必要があります。そこらへんにいる菌は色んなことで爪に付着してしまいます。何かをした後は、こまめに手を洗うようにしましょう。手を洗った後も、しっかりと乾燥させることが大切です。しかし、乾燥させすぎるとネイルが浮くのを早めてしまう可能性があるため、ハンドクリームなどで保湿を行いましょう。自分でネイルをするときにはしっかりと消毒を行い、乾燥してから行うように心がけましょう。ネイルサロンを選ぶときには、グリーンネイル防止に下準備をしっかりとしてくれるか確認すると安心です。そして、ネイルをオフする日を設けましょう。爪を休ませてあげることも予防につながります。ネイルを長く楽しむために、爪の病気にならないように予防して気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です