フェイシャルエステってどうなの?値段と効果を徹底調査!

フェイシャルエステのお店って高いイメージがあるけど、実際はどうなんだろう?効果ってあるのかな?「行ってみたいけどちょっと不安」という方に向けて、どんな種類があるのか、効果あるの?値段は?など気になるポイントを解説します☆





フェイシャルエステってどんなことをするの?

フェイシャルエステサロンには様々な機械があり、ハンド+機械で施術をしていきます。コースによってもやる事は異なりますが、一般的には下記7つを行います☆

  • スチーム
  • クレンジング
  • ピーリング
  • マッサージ
  • 毛穴吸引
  • パック
  • イオン導入

スチーム


エステサロンでは、メニューにスチームを加えている場合は多く、定番のケアと言えます。蒸気を顔に当てることでリラックス・癒やし効果を得ながら、毛穴を開かせて詰まった汚れを落ちやすくするのが主な役割。血行を促進したり、熱とうるおいを加えることで角質を柔らかくする目的でも使用されます。他のメニューの効果を高めるような作用も期待できますから、エステの下準備の段階で用いられる事が多いです。

クレンジング


クレンジングは家庭ではメイク落とし、と言うイメージがあるかも知れません。しかしエステサロンではメイクに限らず、不要な皮脂や角栓なども除去していきます。この作業で肌をできるだけまっさらな状態に近づけるのが、エステの腕の見せ所の一つです。肌に汚れが残ったままだと、クリームやパックで栄養や潤いを与えようにも、上手く浸透しにくくなります。きちんとトリートメントを肌に行き渡らせるためにも、クレンジングは大切な作業です。

ピーリング


ピーリングは肌のターンオーバーの乱れによって、表面に溜まってしまった角質を取り除くためのメニューです。微小粒子を使ったり、フルーツ由来の酸性のエキスを使って、肌表面の角質を研磨したり溶かしたりすることで、一皮剥けたような肌を得られます

ピーリングには「皮を剥く」という意味合いがありますが、まさに言葉通り!ペロンと古い角質を除去してしまうわけです。トリートメントの効果も高まることもあって、良く利用されるメニューとなっています。

マッサージ


施術者の手技やマシーンを使ってのマッサージも人気のあるメニューです。しっかりと揉みほぐしていく強めのマッサージもありますが、優しく肌を労るような、リラクゼーション効果の高いタイプも存在します。

強めの圧を用いる場合は、ダイエットや小顔向けのコースで多いでしょう。優しく刺激するタイプは、リンパマッサージのコースで主流となっています。マッサージに使うオイルやクリームの種類によっても、効果に違いが現れるので、各サロンが工夫をこらしているメニューの一つです。


毛穴吸引


毛穴吸引は毛穴の奥に詰まってしまい、中々落とせない汚れに対応します。肌に黒いボツボツが目立つときは、毛穴に角栓が詰まってしまっている状態なのですが、これは洗顔程度では除去は難しいもの。

毛穴吸引はそのような、頑固な角栓を除去するために作られた、専用の吸引マシーンを使って丁寧にケアしていきます。角栓を取り除くと見た目にもきれいになりますが、スベスベ感やモチモチ感も期待できます。

パック


肌にたっぷりと栄養とうるおいを与えていくのが、フェイシャルパック。上記のような下準備をきちんと行った後に、各サロン自慢の方法でパックを施していくので、高い効果が期待できます。

パックの内容はサロンによって千差万別と言って良く、実に多彩なメニューが用意されていますから、目的や要望に応じて選んでいくことも大切です。種類は石灰マスクや、天然ミラルの豊富な泥パック、コラーゲン補給を目的とするようなタイプなど実に様々となります。

イオン導入


イオン導入は電気の力を借りて、ビタミンCなどの成分を、肌の深部まで確実に浸透させるためのメニューです。肌には天然のバリア機能が備わっているのですが、実はこれは美容成分すらも弾き返してしまう効果があります。

イオン導入は微小電流を使って、このバリアをかいくぐることで、トリートメント成分を肌奥に届けることが可能です。痛みやダメージの心配も少なく、エステサロン未体験の方でも施術を受けやすいメニューと言えます。


期待できる効果


フェイシャルエステに通うと、色々な効果を期待することが可能です。肌色を明るくするホワイトニングや、艶やハリのある美肌に導くような効果は、一般的にイメージされやすいのではないでしょうか。

近年は、エステ機材のパワーアップやアイテムの進化によって、更に多彩な効果を目指すことも可能になっています。小顔化やフェイスラインの引き締め、たるみやシワを目立たなくするアンチエイジングにも有用です。綺麗な肌に近づくほど、メイクで誤魔化す必要がなくなるので、美容はもちろん、時間の有効活用の点でもメリットと言えるでしょう。

値段の相場を教えて!


フェイシャルエステの価格は、機材の効率化などによってリーズナブルになりつつあります。店舗によって価格設定が異なるので平均相場を確かめるのは難しいですが、一回あたり7000円から1万円前後がよく見当たるようです。

回数コースが設定されている場合は、割引になって通いやすくなるのも魅力。はじめての場合には、お試しの体験メニューを用意している店舗は多くなっていて、数百円から数千円でエステコースを体感できるようになっています。


上手な通い方

フェイシャルエステを利用する時には、効果がでやすいタイミングがあるのでチェックしておきましょう。生理を終えてから1週間程度がエステに向くとされています。この時期は肌の状態が良いのでケア効果が得やすいのが理由です。

逆に生理中は肌も体調もコンディション的に心配なので、避けたほうが無難でしょう。サロンに通う間隔については、時間を空けすぎると効果は薄くなりますが、頻繁すぎるのも良くありません。目的やメニューにもよりますが、2週間に一度程度を基準として考えておきましょう。

効果を持続させるには

エステに通うと、プロのテクニックやアイテムで肌をメンテナンスしてくれますが、この良い状態を保つには、自宅で行うケアについても工夫していくことが大切です。基本的な3つのスキンケアを押さえて、毎日のケアの品質をアップさせましょう。


洗顔

まずホームケアの基本は、洗顔をきちんと行うこと。ノーメイクの日でも面倒がらずに綺麗に洗顔することが重要です。

保湿

保湿ケアも大切ですから、化粧水やうるおいクリームはたっぷり使って、肌に潤いを与えて乾燥から守ります。加えて紫外線対策も欠かせないものなので、UVケアアイテムを上手に活用していきましょう。

エステ当日の時には、余りメイクやケアアイテムを使わない方が望ましいかもしれませんから、カウンセリングの際に、スタッフの方に相談しておくのがおすすめです。ホームケアについても、スタッフの方にアドバイスを貰うと、より効果的な方法を取り入れられるはずです。


エステサロンの選び方


サロンを選ぶ時には、押さえておきたい幾つかのポイントがあるので、確認しておきましょう。評判や口コミだけに頼らず、通いやすくて信頼できる店舗を選びたいですね。

まず、サロンに通うのが苦痛にならないように、遠くない店舗から探し始めるのはセオリーです。移動に時間がかかると疲れますし、面倒に感じやすくなります。移動の点では、自宅から電車を使いにくい場合は、駐車場有りの店舗を探すのも良いでしょう。お試しの体験メニューが用意されている場合は、実際に店内の雰囲気やメニューの効果を確かめられるので、気軽に活用していくのがおすすめです。


よくあるトラブル


エステサロンでの営業は一昔前はトラブルが多く、法律での規制が強化されることになりました。それでも場合によっては、安心できない店舗が混ざっている可能性があるので、気をつけたほうが良いかも知れません。

トラブルとして目立っていたのが事実を告げないで、契約を行うというもの。うっかり契約すると、後から後から聞いていないメニューが実施されたりします。

また、法律的にはクーリングオフが可能なのに、お店のほうが無理にそれを隠して、解約できなかったような事例も見当たりました。重要な事実を告げないで契約したら、取消対象になっていますから、このような事態に遭遇したら解約できると覚えておきましょう。

また、万が一ですが強く契約を迫られたら、その場ではサインしてしまっても、後から取り消せることを覚えておいてください。解約金にも制限があるので、高額なものを請求されても言われた通りに支払う必要はありません。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です