巻き髪をキープするには○○!?


巻く前の下準備はしっかり!

巻き髪キープするには、下準備が大切になります。特に大切なことは大きく分けて2つです。1つはよく髪の毛を乾かすことです。髪の毛は濡れるとキューティクルが開くという性質を持っています。そのため、濡れた髪の毛に直接コテを当ててしまうと、髪の毛が強く傷んでしまうのです。そのため、必ずよく乾かしてから髪を巻くようにしましょう。もう1つはカール専用のスタイリング剤をつけることです。濡れた髪の毛に直接コテを当てると痛みますが、乾燥した髪の毛に当ててしまうのもよくありません。スタイリング剤をつけると、熱でダメージを受けてしまった髪の毛を補修することができます。コテを使う時には必須のアイテムと言えるでしょう。

上手な髪の巻き方


髪の毛の巻き方は5つのステップに分けて行います。

1.ブロッキング

髪の毛を巻きたいパーツごとに分けることによって、上手に巻くことができるようになります。ブロッキングはシャーククリップやダッカールなどの使いやすい道具を使って分けていきましょう。これらは百均でも手に入れることができるので、ぜひ探してみてください。

2.巻く時は高温・短時間で巻く

長い時間、髪の毛が熱にさらされてしまうと傷んでしまいます。なるべく長時間コテを当てることは避けるようにして、さっと巻いてしまいましょう。

3.髪の毛を挟んだら、コテは滑らすように動かす

途中で止めてしまうと変な段が出来てしまい、美しくありません。途中で止めないようにしましょう。

4.毛先だけではなく中間から巻く

巻きたいのは毛先ですが、中間から巻くことによって、なめらかでまとまったヘアスタイルにしていくことができます。髪の根元は無為にボリュームが出てしまうので、触らなくて大丈夫です。

5.最後に髪の毛をほぐす

しかし、焦らずに髪の毛をほぐす前にはよく冷ますようにしましょう。髪の毛は冷えるときに形が決まるという性質を持っています。よって巻き髪キープをするには、冷ますことが重要になってきます。焦らずにゆっくり冷まして、それからほぐすようにしましょう。

巻いた後はワックス?スプレー?


ワックスやムース、スプレーなどのスタイリング剤はどのように使い分けたら良いのでしょうか。それぞれ目指すスタイルによって使い分けていく必要があります。

ワックス

こちらは万能に使える便利なアイテムです。いろいろな用途のワックスが発売されていますので、自分の髪の毛の長さや用途に合ったものを使うようにしましょう。ロングヘアの場合や柔らかい印象を与えたい時には柔らかめのもの、あまりしっかりしすぎず、でもキープ力も欲しい時には中間の硬さのもの、そしてショートヘアやしっかりキープをしたい時には硬めのものを選ぶと良いでしょう。また、美容成分が含まれているものを使うとダメージケアができます。傷んだ髪にもおすすめです。

ムース

ムースはパーマヘアのウェーブコントロールに最適で、ふわっとボリュームを出すことができるため、優しいパーマヘアにぴったりです。ムースを使うとしっかりした毛束感が出ないので、使っています感が前面に出過ぎないのも感じが良いでしょう。
巻き髪を一日中維持したい時やムースやワックスではスタイルが維持できないという人には、スプレーが向いています。ハードスプレーを使うとしっかり固めることができるため、お色直しができない時や忙しい日にも重宝します。やわらかい印象にしたい時は、アレンジタイプのスプレーを使いましょう。少し空気を含ませながらスプレーを使うことによって、こなれ感を演出することができます。また、髪にツヤを出したい時はグロススプレーが向いています。キープ力はありませんが、ツヤが出て好印象になるでしょう。

それでも巻き髪が取れやすいのはなぜ?

正しい方法で髪の毛を巻いているのに、カールが取れやすい場合があります。その時は一体どうしたら改善できるのでしょうか。例えば、元々の毛が直毛すぎるという方です。まっすぐすぎる髪の毛は、コテで巻いても取れやすい場合があります。なぜなら本来の髪の毛の癖がまっすぐなので、後から付けた癖はなかなか付きづらいためです。その場合は美容院でパーマやデジタルパーマをゆるくかけてもらう事で改善されることがあります。癖をつけた上からさらに巻くことで、うまくカールが出るようになるでしょう。直毛で悩んでいる方にはぜひ試してほしい方法です。また、せっかくカールをつけたのに髪の毛をいじりすぎるのも考えものです。髪を巻くと言う事は癖をつけている状態ですので、手であまりにも触りすぎると簡単に取れてしまいます。ちゃんとキープできているか気になってしまうかもしれませんが、触るのは少し我慢してみてください。取れやすかった状態が改善されるかもしれません。髪を巻くことでいつもと違う雰囲気を演出できます。準備や手順を守って、素敵な髪形をキープしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です