高校生におすすめ!バイト代で通える脱毛サロン

脱毛サロンに通うには大人の女性だけではなく、最近では高校生のうちから脱毛を始める人が増えてきています。親御さんが費用を負担してくれる場合もありますが、自身で稼いだお金で施術代を支払い通っている人もいるのです。
そこで今回は、高校生がバイト代で通うことができる脱毛サロンについてご紹介していきたいと思います。





脱毛サロン選びのポイント

全身脱毛か部分脱毛か?

費用はかかっても全身のムダ毛を一気に脱毛するのか、それとも、脇や腕、脚など普段から露出する部位から脱毛を始めるのか・・・?
脱毛サロンには、全身脱毛専門のプランのみ用意しているところと、気になる部位のみ脱毛できる部分脱毛のプランも選べるサロンがあります。
全身脱毛もしくは部分脱毛のどちらを選択するかによって当然料金も大きく変わってきますので、気になる部位と金銭的な面を考えて選びましょう。ちなみに、全身脱毛するのにかかる平均的な料金は、30万円前後(施術18回)、ワキだけなら数百円から可能なサロンもあります。

学割があるサロンを選ぶ

最近では、学割のある脱毛サロンも多く、その内容も学生にとって非常に魅力的なものとなっています。
例えば、キレイモなら「学割プランはシェービング代が無料」であったり「最大で67,900円の学割」を受けることも可能です。
脱毛にかかる料金は、社会人であっても高額だと感じる金額ですので、学割を利用してできるだけ費用を抑えることをおすすめします。

自宅の近くに店舗があるか?

自己処理が不要なレベルにまで綺麗にするのであれば、12回~18回程度定期的にサロンに通う必要があり、その期間は2年~3年です。
自宅の近くに店舗があるサロンなら、高校在学中はもちろん、進学したり就職して環境が変わっても通いやすいですよね!


お試しでまずは施術を受けよう

初めて脱毛サロンに通う高校生にとっては、施術やお金のことなど不安が少なからずあるかと思います。
「1部位だけお試し」がワンコインでできるなど、非常にリーズナブルな価格で通うことができるのです。
いきなり全身脱毛をするのは少しハードルが高いかもしれないので、まずは特に気になっている部位のみの施術をお願いするのも一つの方法です。
また、何度か通うことでサロンの雰囲気もわかるのもメリットです。「ここのサロンはスタッフも優しいから、新たにコース契約をしてもいい」などと判断材料にもなるので、いきなり長期で通うのではなくお試しを利用してみましょう(^^♪

高校生がバイト代で脱毛する際の注意点

計画的に通う必要がある

脱毛は一度で完了するわけではなく、何度かサロンに足を運ぶ必要があります。コース契約をしているときは、そのコースメニューが終わるまで通わなくてはいけません。
ですので、「今はバイトもしているので貯金もあるから通える、しかしこの先はわからない」ということであれば、いったん考え直しましょう。
また、「テスト期間中は通えない」、「そろそろ受験勉強が始まるから通えるか不安」といったケースもあるでしょう。
今後通えるかどうか、バイトで稼いだ費用で通う場合は今後も働き続けることができるか、その点念頭に置いてスケジュールを考えましょう。

月額払いと分割払いの混同に注意!

脱毛サロンの料金の支払い方法は、一括払い・月額制・分割払い・都度払いの4パターンがあり、それぞれの支払い方法に対応しているかどうかはサロンによって異なっています。
ここで注意したいのが、「月額払い」と「分割払い」の混同です。
月額払いとは、スポーツジムや習い事の月謝のように「毎月○○円」というかたちで一定の料金を支払う方法で、サロンによっては初めの数か月間は辞められないという縛りがある場合もありますが、それ以降は辞めたい時にいつでも辞めることができます。

一方の分割払いは、クレジットカードの分割払いとサロン独自の分割制度のことを言います。
例えば、20万円の全身脱毛の料金を一括で支払うことは無理なので、数回に分けて支払います、というのが分割払いです。この場合は月額制と違い、途中で支払いを辞めることはできませんので、これらを混同しないように注意が必要です。


全身脱毛も夢ではありません

全身の脱毛をすると、「費用が割高になるのでは?」と思うでしょう。1ヶ所や2ヶ所の脱毛をするよりも、全身のほうが費用がかかることがほとんどです。
しかし、少し前と比べるとリーズナブルな価格で通えるようになったため、高校性がバイトをしながら通うというケースも増えています。

全身脱毛の場合は、月額制で月々決まった金額を払うという体制を採っている脱毛サロンも多いです。
おこづかいの範囲では難しいサロンもありますが、バイトをしていれば問題なく支払いができる範囲ということから高校生も活用しています。
全身脱毛というと大人の女性がするもの、社会人になってから、まとまったお金が手に入ってからと言われていた時代もありますが、現在はそうではありません。
友達よりも毛が濃い、成長が早いのか毛が生えていると言われてショックを受けたという高校生も少なくないでしょう。しかし、カミソリなどで自己処理をすると、肌を傷めてしまう可能性もありますので、やはりそこはプロにお任せするのが正解です。
無理なく通えるコースがありますので、バイト代で通えそうなサロンを検討してみましょう(*^^*)


高校生のうちに脱毛を始めるメリット

学割でお得に脱毛できる

学割が使えるのは、学生だけの特権ですよね!
学生のうちに申込みをしておけば、卒業して社会人になっても学割が適用されますので、学割を利用してできるだけお得に綺麗になりましょう(*^^*)

サロンに通う時間を作りやすい

脱毛は2~3か月に1回の間隔で定期的に通う必要があります。「社会人になって、自分のお給料で通ったらいいのでは?」と思われるかもしれませんが、社会人になると自分の時間を定期的に作ることが学生の時よりも難しくなってしまいます(>_<)
高校生であればサロンが比較的すいている平日でも通うことができるので、時間的にサロンに通いやすいという点もメリットの一つです。

コンプレックスを解消できる

ムダ毛が気になって、学校生活や休日のファッションを楽しめないという高校生は多いものです。ムダ毛が気になるからと、カミソリや毛抜きによる自己処理をしていると、黒ずみや赤いポツポツ毛穴、切り傷などのトラブルを起こしてしまい、せっかくの若くて綺麗な肌が台無しになってしまうことに。また、ムダ毛の自己処理に時間を取られてしまう事も悩みの種だったりします。
コンプレックスを解消できるのなら、時期が早いことに越したことはないですよね!


高校生が脱毛に通うデメリット

日焼けができない

部活や体育の授業など、高校生は屋外で日焼けする機会が多いものですが、脱毛に通うとなれば日焼けは基本的にNGです。
日焼けしている肌への負担が考えられていることはもちろん、サロンで使用される光脱毛は、毛根のメラニンに反応させることで脱毛を行う仕組みですので、肌が日焼けしてメラニンを多く含んでいると、肝心の毛根への反応が悪くなってしまうのです。
日焼けの度合いによっては、当日施術を断られてしまいますので、日常生活の中でも日焼けには十分注意する必要があります。
ただし、光脱毛の種類によっては日焼け肌でもOKなサロンもいくつかあります。

脱毛効果が薄い場合も

高校生はまだ成長期の段階ですので、ホルモンバランスが整っていない可能性があります。脱毛はホルモンバランスの影響を大きく受けるため、成長期の時期に脱毛を行っても効果が薄くなってしまうこともあります。
とは言っても、定期的に生理が来ているのであれば、それほど心配する必要はありません。

無理なく通えるサロンを選ぼう

学業とバイトを両立しながら、高校性が脱毛サロンに通うのは難しいのではと心配になるでしょう。サロンによって差はありますが、リーズナブルな価格で通えるサロンも増えてきました。
通いたいと思ったら、まずは費用を調べて無理なく通えるか考えましょう。
中間や期末テスト期間中また受験勉強中など、バイトがあまりできない時期もあります。あまり稼ぐことができない時期もあると念頭に置いたうえで、無理なく費用を払えるサロンを選ぶことが大切です(^^♪






関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。