タキシードのレンタル代金、相場はいくら?

一生に一度の大イベントである結婚式を思い出深いものにするために、こだわりたいポイントは沢山ありますよね?でも、引き出物や食事、ドレスやお色直しだけでなく、プランナー代やお花代、お車代など、結婚式にかかる費用はなにかと嵩みがちです。

貧相になることを避けつつ、できるだけ安く済ませるには、どこにお金をかけてどこを節約するかのメリハリが大切になってきます。そこで注目されるのが男性(新郎)の着用するタキシード!

女性(新婦)の思いが詰まったウェディングドレスよりも費用を調整しやすいとされています。今回はこのタキシードについて、レンタルした場合や、購入した時の料金の相場などをご紹介いたします。





新郎の衣装も忘れずに!タキシードのレンタル料の相場はいくら?

タキシードをレンタルする場合、料金がいくらかかるのかというと、その相場は10万円~20万円です。結婚式場で借りれば、式当日に着用し、終われば返すだけなので、これといって新郎側がすることはなく、管理が非常に楽です。

結婚式場で借りるデメリット

提携しているドレス業者は古くからのお得意様である場合が多く、最新の流行しているデザインのものは手に入りにくい傾向にあります。また、この業者には式場側から多額のマージンが支払われているため、上記のように1日でも高額なレンタル料が必要になってしまいます。

そう!とにかく高いんです。。私も式場で提携しているドレス屋さんでレンタルしましたがタキシードの種類は5種類しかなく(しかも1つは予約済みだったので選択肢は4つ)、旦那は「じゃあコレで。。」と即決していました(;´・ω・)


新郎のタキシードはこれで節約!


タキシードにかかる費用の節約に有効なのは、まずはインターネットなど外部でレンタルすることです。

インターネットでのレンタル

その相場は3万円~5万円と非常に安いのが魅力

一方で、式場で借りる場合にも当てはまりますが、実際に来てみないことにはサイズが合っているかわからないという問題点もあります。同じ身長でも体格や体重は人によって大きく異なるので、レンタル品は基本的に大きめに作られているためです。

購入してしまうのも一つの手段

式場でのレンタル料金と同程度か少し安いくらいの金額が必要ですがです。準礼装のタキシードならば、他の人の結婚式といったフォーマルな場で着る機会もあることでしょう。紳士服の量販店でも取り扱われていて、ズボンに付いたアジャスターでウエストサイズを調節できるので、将来体型が変わってしまっても安心。

他にも、さらにお金が多めにかかる可能性はありますが、後述しているように自分だけのタキシードをオーダーするのも選択肢に入るでしょう。既成品やレンタルではサイズが決まっているので、肩幅と袖の長さが合わないなどの問題が発生するかもしれませんが、オーダーではこのような心配はいりません。

また、結婚式が終われば、普通のスーツに仕立て直すことも可能です。黒のロングタキシードであれば、ジャケット丈を短くするだけでビジネスシーンや礼服として冠婚葬祭に使用できます。


いっそ買おうか!?タキシードは○○円で購入


セレクトショップなどでタキシードを購入するのにかかる費用の相場は、10万円前後です。並べられた商品の中から試着して吟味することができ、お店のスタッフにセンスの良いコーディネートをしてもらい、パンツ丈や裾幅、袖などの直しにも対応してもらえます。

一方で、式場で使用するには持ち込み料がかかるのに加え、着丈の調整にも1万円前後必要なので、正味の費用は相場額よりも3万円程度多くかかることを想定しておく必要があります。

セレブなら余裕!?オーダータキシード☆

タキシードをオーダーメイドするとなると、高額の費用が必要になると思うかもしれませんが、その相場は10万円~30万円と、安いものでは10万円程度で購入できます。

オーダーメイドならば、自分の体型にピッタリ合ったタキシードが手に入るのに加え、細かな部分の要望もデザインに取り入れられるのが何よりのメリットです。体型の気になるところをうまく隠し、足を長く見せるといった自身の魅力を引き出すスタイルを実現できます。

もちろん着丈を直す費用は不要で、業者によっては持ち込み料を負担してくれるところもあるので追加費用が必要になる心配も少ないでしょう。ただし、発注から納入までには1、2ヵ月程度かかるので、結婚式が目前に控えた状況での作成は困難です。


意外と高額!?タキシードの持ち込み料


インターネットでのレンタルや、オーダーメイドのタキシードを結婚式で着る際に、式場側から持ち込み料や保管料を請求される場合があります。この相場は1万円~5万円となっていて、提携しているドレス会社からの出資の補填や、責任をもって補完するための費用として使用されます。

小さい式場であれば値引きに対応してくれるところもあるのに加え、当日持参することで節約できる場合が多いです。ホテルでの挙式であれば、前泊する際にフロントに預かってもらうのも手段の一つです。

思わぬハプニングに気を付けて!?レンタルタキシードの注意点

レンタルタキシードの生地はクリーニングを繰り返すことで傷んでいるかもしれません。入荷して間もないものを頼めばそのようの心配は少なくなるでしょう。

また、レンタル品はサイズが大きめに作られている場合が多い傾向にあります。特にズボンはだらしなく見えるので、多少短めのものを意識してください。

汚してしまった場合は、その原因や生地の素材によって対応が異なりますが、重要なのはシミをそれ以上広げないことです。飲み物などであれば、ハンカチなどで水分だけを吸い取り、固形物の場合はティッシュやハンカチでつまむようにして取ってください。クリーニングやメンテナンス代は基本的にレンタル料金に含まれていますが、そうでなければ別途クリーニング代として基本料金が提示されているので確認しておきましょう。



先輩花嫁さんに聞いた!タキシードのレンタル代はいくらだだった?

新郎のタキシードのレンタル料は15万円くらいのものを選びました。服にあまり興味のあるタイプではなかったため、できるだけ安いものを選びました。本人もどれでも構わないと言っていたので。ですが並べるとやはり1番安いものではあまり見栄えが良くないということもあり、特に黒は、並べると違いがよくわかります。そのため、2番目に値段が安いものを選んだと思います。新婦のドレスが生えるように、シンプルなデザインのものにしました。

タキシードはレンタルにしたのですが、レンタル代は約15万でした。ノーマルなグレーのタキシードです。結婚式のパックプランに新郎新婦合わせて10万円までの衣装代補助があったのですが全然足りませんでした。新婦の方がもっとレンタル代は高かったのですが、タキシードも10万以下でレンタルできるものはありませんでした。でも10万の補助は大きかったです。10万は補助があるし、と思うと心に余裕ができて好きなデザインが選べた気がします。パックプランでレンタル代補助が付いているものがあったらおすすめです。

オーダーメイドで15万~20万ぐらいでした。もともとアパレル関連に勤めていたこともあり、スーツを作ることにそんなに抵抗はなかったようでした。というのも作ったものは、タキシードというよりパーティにも対応できるような黒の上下で、こだわりが強い旦那の希望にそったものだから、今後先々のことも考えると、たった1度で10万~15万すならば、何回かいろんなシーンでも使えるようなものの方か合理的かな?と思ったからです。案の定、結婚式以降も、友人の結婚式・ちょっとしたドレスコードありのパーティなど既に何回か着用しているようです。購入してよかったと夫婦共々思っております。



平成元年2月、中野サンプラザで結婚式を挙げました。レンタル料金は約1万円でした。スタッフの方々の対応も良く、細かい気配りを感じられる場所でした。持ち込みの場合も持ち込み料が1万円でしたので、現地調達で良かったと思います。新郎は特にこだわりが無ければ式場側で複数用意された中から事前に選べば楽です。購入しても着る機会はないに等しく、体形が変わった場合、着られなくなってもったいないと思います。レンタル料金が2万円だとしても、購入するより良いと思います。

新郎のタキシードを結婚式場でレンタルしました。その費用は55.000円でした。ウエディングドレスに合わせてレンタルしたのですが、ノーブランドのタキシードをチョイスしたのと結婚式場でのキャンペーンを利用して安くレンタルすることができました。本当ならば10万円程はするタキシードだったのですが、半額程に下げていただいたのでよかったです。ほとんどがウエディングドレスに合わせて決める方が多いと思いますが、ブランド物やオリジナルのタキシードにするとやはり高くつきますね。

都民共済でレンタルしました。挙式と披露宴はなおしなく、3万円で2次会用も三万です。小物が着いてその金額でした。都民共済に入会してると安くレンタルができました。ただ、旦那の場合は靴のサイズが32センチなのでレンタルが28センチまでしかなく、都民共済でオーダメイドで発注し購入しました。色も沢山あり、挙式でレンタルするタキシードより安いので満足でした。タキシードを全てホテルで管理していただけるので満足でした。



新郎のタキシードはレンタルしましたが、私のドレスをレンタルする時に初めて来店した時にそのまま契約したので初回来店時契約特典で無料になりました。夫はあまりこだわりのないタイプだったので、彼のタキシードも私の趣味で選びました。ドレスとのバランスを考えて色味を選択し、また夫の顔や雰囲気に合うものに決めました。具体的に言うといかにもな感じの白のタキシードもいいな、と思っていたのですが夫の顔立ちがどちらかというとふんわりしているので白だとぼやけてしまう気がし、また黒だとはっきりしすぎていたので光沢のあるグレーを選びましたカラードレスはブルーだったので並んだ時のコントラストも綺麗でした。新郎の雰囲気やドレスと合わせて全体的なバランスを見ながら考えるとまとまりが出て素敵だと思います。新郎のタキシードはレンタルしましたが、私のドレスをレンタルする時に初めて来店した時にそのまま契約したので初回来店時契約特典で無料になりました。夫はあまりこだわりのないタイプだったので、彼のタキシードも私の趣味で選びました。ドレスとのバランスを考えて色味を選択し、また夫の顔や雰囲気に合うものに決めました。具体的に言うといかにもな感じの白のタキシードもいいな、と思っていたのですが夫の顔立ちがどちらかというとふんわりしているので白だとぼやけてしまう気がし、また黒だとはっきりしすぎていたので光沢のあるグレーを選びましたカラードレスはブルーだったので並んだ時のコントラストも綺麗でした。新郎の雰囲気やドレスと合わせて全体的なバランスを見ながら考えるとまとまりが出て素敵だと思います。

ハワイで挙式をする際に日本で試着をしてレンタルの手続きをしました。早めに衣装選びを開始することが大切だと思いました。せっかく気に入ったものを見つけることができても人気のものは予約でいっぱいになってしまっていることが多いからです。15万円くらいだったと思います。リゾートウエディングでは白がステキだと昔から思っていました。タキシードのデザイン性よりもサイズ感を意識することが大切だと実感しました。フロックコートというタイプのタキシードで上着の丈が長いものを選んでしまったので、あまり長身ではない主人には合ってなかったように思いました。

レンタル費用は80000円でした。始めは、新郎本人は白いタキシードがいいと言っていて、白いタキシードをレンタルする予定で試着をしたのですが、新婦のウェディングドレスと並んでみた時に、どうしてもしっくりいきませんでした。同じ白でも純白とキナリがかった白だったからです。そのサロンには、ウェディングドレスに合う白いタキシードがなく、試しにシルバーグレーのタキシードを合わせて見たところ、とても相性が良かったのでそちらに決めました。やはり、ドレスが主役になれるように、色合わせはかなり重要だなと思いました。

白タキシードと色ドレスの時に新郎も衣装チェンジでチェック柄のタキシードを着たのですが、白が12万、チェック柄が18万で合計30万しました。色ドレスの時はお互い好きな衣装にしようと話していたのですが、チェック柄は紺に赤ラインの少し派手目のタキシードだったので、私の淡いカラードレスと一緒に並ぶと新郎の方が目立っていたと後から参列者に言われました。一生に一回のことなので好きな色やデザインのものを着るのが一番だと思いますが、お互いの衣装の色合いも合わせながら選ぶのも大事だったなーと思いました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です