1日着るだけなのに〇〇円!?ドレスのレンタルっていくらかかる?

結婚式を挙げることになると、一番楽しみなのはドレス選びではないでしょうか。しかし、その費用は一番気がかりなことでもあります。ドレス代は結婚式全体の金額の中でも大きな割合になるので、相場が気になっている人も意外と多いはず。また、結婚式を成功させるためにはお金のことだけでなく、スケジュールをしっかりと立てることも重要です。ドレスで失敗しないためのレンタル料金の相場や節約方法、予定の立て方を紹介していきます。

ドレスのレンタルっていくらかかる?気になる相場

結婚式のドレスのレンタル料は、ウエディングドレスとカラードレスで異なります。

ウエディングドレス

25万〜30万円
カラードレス

20万〜25万円

どちらかというと、ウエディングドレスの方に予算を使いカラードレスは抑える人が多くなっています。ドレスは結婚式の費用の中でも大きな割合をしめています。いつの間にか高額になってしまうことが多いので、どちらかで奮発したらどちらかは控えめにするなど、いくら以内に収めたいのかきちんと決めて選ぶようにすると安心です。

高額なドレスのレンタル料( ;∀;)これで節約!


結婚式のドレスは高額なので、実は費用を削りやすい項目でもあります。なんとかしてここで節約を成功させたいものです。ドレスを節約するために、絶対外せないのは値引き交渉です。結婚式のドレスの値段は、あってないようなもの。積極的に交渉することで値下げをしてくれることが多いため、恥ずかしがらずにどんどん聞いてみてください。意外と簡単に値段が下がるかもしれません。また、節約のためにドレスを購入する人も増えてきています。ハードルが高いように思いがちですが、最近では低価格で高品質なドレスが増えてきたので、上手に利用すると価格をグッと抑えられます。ドレスを手作りするのもひとつの方法。手作りなら自分の理想通りのドレスをつくれるので、裁縫が趣味の人を中心に人気が集まっています。会場の提携店ではなく持ち込みをした方が安くなる場合もあるので、最初から絞ってしまわずに何軒かドレスショップを巡ってみたり、いろいろな方法を検討してみると良いでしょう。

結婚式のドレス、購入費用は〇〇円!

まだまだ結婚式のドレスはレンタルする人が多いですが、購入した方が意外と安く済む場合もあります。その相場はどちらも約5万〜25万円程ですが、レンタルするよりも安く済ませている人も多くなっています。中には2万円ほどで購入できてしまうドレスもあるので、とてもお得。最近では自宅で試着可能のネットショップもあり、安いけれどサイズは自分にぴったりと合わせられます。見た目も普通にレンタルするものと遜色ないものも多いので、ぜひ候補に入れてみてください。

最高の節約!?ドレスを自分で作っちゃおう☆


ドレスを手作りするのもひとつの方法。裁縫が好きで、作りたい!と思っている人もいることでしょう。ウエディングドレス、カラードレスを手作りする際の費用の相場は10万円ほど。シンプルなデザインにすればもっと費用を押さえられます。手作り教室や手作りキットを利用する手もあるので、自分に合った方法で作ることができます。作業ペースにもよりますが、だいたい2ヶ月〜半年くらいで完成させる人が多いため、余裕を持って作り始めてください。ドレスを着た本人はもちろん、ゲストにとっても手作りドレスは印象に残ります。作っている過程も思い出になり、とても満足度も高くなっています。気になっている人は作ってみる価値が十分にあるのではないでしょうか。

意外と高額!?ドレスの持ち込み料

お気に入りのドレスが会場の提携店で見つかるとは限らないものです。そんな時、厄介なのが持ち込み料。その相場は2万〜10万円と幅はあるものの、高額なことに変わりはありません。せっかく見つけた唯一無二のドレスを着るためには仕方がありませんが、できることなら支払いたくないものです。最初から着たいドレスや選びたいお店が決まっている時は、会場と契約をするときにうまく交渉しておくとなんらかの値引きやサービスを提案してくれることもあるので、覚えておくと良いでしょう。私の場合、絶対に提携先からしか借りないように?持ち込みをするとドレスのプラン適用外になるので持ち込み料1着20万~でした( ;∀;)

セレブなら余裕!?フルオーダードレス☆


ウエディングドレスは、レンタルだけでなくフルオーダーすることも可能です。どこで作ってもらうかによっても大きく変わってきますが、オーダーメイドの場合の代金の相場はウエディングドレスもカラードレスも、ブランドのドレスなら50万〜100万円以上になります。ブランドにこだわらなければ、20万円前後で作ってくれるところも。実はレンタルとあまり変わらない価格で作ることができるフルオーダードレスもあるのです。
フルオーダーの良さは自分の思い描いていた理想のドレスを着ることができることではないでしょうか。もちろん自分の物になるので、いつまでも手元に置いておけるのも魅力のひとつ。世界にたったひとつの自分専用のドレスは、セレブを中心に人気があります。お金に余裕がある人も、逆に節約したい人も、候補に入れてみてはどうでしょうか。

ドレスレンタルが間に合わない( ノД`)スケジュールはしっかりと!!

ドレスをレンタルする時は、まず来店予約を取ることから始めます。人気店はなかなか予約が取れないこともあるので、早めに動き始めることが何よりも大切。ドレスが一度で決まることはほぼありませんので、何度か足を運ぶつもりで余裕を持って行動しましょう。どのドレスにするかが決まったら、やっと契約です。それまでは気に入ったドレスを仮押さえできる店舗もあるので確認してみてください。その後サイズ調整、最終フィッティングをし、当日までにドレスを会場に届けます。これでようやく当日を迎えることができます。その後はドレスを返却することになりますが、店舗によっては翌日にはドレスを返却しなければならない場合もあるので、注意してください。自分で運ばなければならないのか、代わりに運んでくれるのかも店舗によって違うので、その店舗のスケジュールややり方を確認し、「ドレスが間に合わない!」なんてことにならないようにきちんと予定を立てましょう。

思わぬハプニングに気を付けて!?レンタルドレスの注意点


ドレスをレンタルすると、予想外のハプニングに見舞われることももちろんあります。ドレスのサイズが合わなくて焦ってしまう人もいますが、事前に連絡すればお直しをしてくれることがほとんどなので、きちんと問い合わせましょう。披露宴の合間でドレスを汚してしまうことも無いとは言い切れませんが、そんな時気づいていない振りをするのはNG。汚してしまっても大抵はレンタル代金にクリーニング代も含まれているので安心してください。別途必要になる場合はレンタルする時に提示されるので確認しておくと良いでしょう。もし汚してしまったら自力でどうにかしようとせず、介添えなど近くにいるスタッフに応急処置をお願いした方が無難です。どちらにせよ、借りているので丁寧に扱うのが大切です。

先輩花嫁さんに聞いた!ドレスのレンタル代は○○円だった!

私はウェディングドレス・カラードレス共にレンタルにしました。海外で挙式、披露宴を地元で行いました。ウェディングドレスは15万円でした。付属のベールと手袋の生地が好きではなく購入も検討しましたが、ベールのみ購入してしまいました。披露宴の方が規模を小さくしたためカラードレスは7万円程度で収まりました。どちらとも一回しか着ないので購入は絶対ないと思いましたが、その代わり本当に気に入ったドレスを着たいと思いました。あとで写真を見て振り返ってもこのドレスにして良かったなと思えるよう、後悔しないようにしました。ただ、ベールの購入はしなくても良かったかなと思っています。

ウェディングドレス・カラードレスはレンタルしたので、色々と費用がかかりました。各々のレンタル代は、ウェディングドレスとアクセサリーなどセット料金で10万円、カラードレスは5万円だったので、計15万円ほどで抑えることができました。種類が豊富にあるので、けっこう求めやすい価格のウェディングドレス・カラードレスをレンタルすることにしたので、費用もかなり抑えることができました。一度しか利用しないので、レンタルすることにしました。

ウェディングドレスは式場のパックについていたのですが、カラードレスは別でした。お色直しで1回はした方がよいと言われ、あまり予算もなかったので、どちらでもよかったのですが、レンタル料22万円の赤のカラードレスをレンタルしました。はじめはもったいないなあという気持ちが大きかったのですが、終わってみてからはレンタルしてよかったなあと思っています。衣装にあまり興味がなかったので、母親に似合うものを選んでもらいました。

5万円程度でした。ウエディングドレスはシンプルなデザインで体が綺麗に見えるドレスにしました。カラードレスは沢山種類があって迷いましたが、シンプルで上品に見えて、体のラインが綺麗に見える水色のドレスに決めました。着てみたら水色が自分に良く合っていて周りの友人がとても似合っているよ。おめでとうと言ってくれてすごく嬉しかったです。一生に一度着るウェデイングドレスは試着して決めて見るのも良いと思います。

私は費用を抑えたかったので、カラードレスはネット通販で購入しました。価格は5万円程度だったと思います。サイズに関してはウエディングドレスの試着の際に細かく採寸してあったので、その数値を参考にして購入しました。届いたものを開けてみると、確かに少しチュールが安っぽかったりはしました。でも私は海外挙式のビーチ撮影で着られればよかったので、人にじっくり見られる訳ではなく、特に気にはなりませんでした。お陰でビーチに映えるドレスを着て、リゾ婚感満載の写真を撮ってもらうことができました。

ウェディングドレスレンタルのみで18万です。ベールやティアラなどの小物はサービスでつきました。カラードレスはあまり興味がなかったため、着ていません。式場は神社で、和装婚プラン(神前式+衣装代+ヘアメイク込みで約20万)と披露宴もそれ用のプランを利用しました。ドレスはプラン内で着用できるもの(予算15万~20万程度のもの)をいくつか候補に挙げてもらい、その中で選びました。当時妊娠中だったため、おなか周りがゆったりして目立ちにくいものを選びました。もともと挙式の要望としては、友人を招いておいしい料理を食べて、お気に入りのBGMさえ流せれば満足だったため、ドレスにはあまりこだわりませんでした。着られたらそれでよかったので後悔したりとかはないです。

結婚式、披露宴をする会場が提携しているウェディングドレスサロンの一つに決めました。私はウェディングドレス、カラードレスともレンタルにし、二着で80万ほどの費用がかかりました。ウェディングドレス、カラードレスとも雑誌であらかじめ、自分のイメージする写真をピックアップしておき、サロンで実際にドレスを見て、何日もサロンに通い、妥協せず試着をさせていただいたので、後悔する点は全くありません。値引き交渉に関してですが、最初の契約の際に、お値引きは一切できないというお話を受けていましたので、特に行っていません。

ウェディングドレスは25万程度でレンタルをしました。妊娠中だった事もあり、後ろで調節できるタイプのもので限られてはいましたが、気に入っていました。しかし写真で見ると胸が大きくなっていた事もあり、胸が目立ってしまい、少し後悔しました。カラードレスは選んだものがちょうど割引中ということで、割引がきいて18万程度でした、マタニティ用ではなかったですが、こちらはすっきりと妊娠中だと分からないくらいで着る事ができました。

私がレンタルしたウェディングドレスは、レンタル代が28万円でした。購入しても30万ちょっとと、レンタル代とそこまで大きく変わりはなかったのですが、海外挙式だったため、飛行機でドレスを運ぶ手間や、使用後の保管などを考え、レンタルを選びました。ウェディングドレスブランドは、挙式プランがそこのドレスから選ぶという条件のものだったので、他のブランドは一切考えませんでした。ただ、選択肢がありすぎてもきっと困っただろうなと考えると、それで良かったと思っています。ドレス選びは、年齢もすでに30を超えていたこともあり、若作りに見えないシンプルで上品であることと、自分に似合うもの、スタイルが良く見えるものであることを重視しました。式では意外と細かいディテールまで目に入らないので、どちらかといえば遠目から見て全体の印象がしっくりくるものを選ぶことが失敗しないポイントだと思いました。

ウェディングドレス+タキシードで20万円のプランでした。ホテルが提携している衣裳屋さんでの特別プランで、ドレスとタキシードの合計額38万円までを20万円でレンタルすることができ、予算がオーバーしてしまった場合は差額分をお支払いしました。私が選んだドレスは30万円で、主人の選んだタキシードが11万円でしたので、3万円の差額が出ました。ドレスはお得感がありましたが、別途グローブ代や下着代、ウェディングベール代などかかりますし、いいものを望めば、お値段も高くなりますので少し痛かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です