写真は残したい!おすすめのフォトウエディング♪

これから結婚!という方の中には、話題のフォトウェディングに興味をお持ちの方もいるかもしれませんね。実のところ、結婚を控えたカップルから注目されているのが、フォトウェディングです。フォトウェディングは、結婚式よりもリーズナブルな価格で出来るのが1つのメリット。フォトウェディングってどんなことをするの?費用はどのくらい?といった疑問をお持ちの方のために、具体的な内容や費用の相場、メリットデメリットなどを簡単にご紹介していきます。ヘアメイクや衣裳、撮影にオススメのスポットについても触れていきますので、参考にしてみてください。撮影の流れや注意点、話題の韓国フォトウェディングについてもまとめていきます。







フォトウエディングって何?

ドレスやタキシードなどの衣裳を身につけて写真撮影をするのが、フォトウェディングのスタイル。撮影場所はチャペルやリゾート地など、様々な所から選べます。挙式や披露宴をしないため、「費用をできるだけ抑えたい」、「大げさにならない形で、ウェディング気分を満喫したい」といったカップルから大人気です。「ウェディングの記念写真を残したい」という願いも、フォトウエディングなら叶います。家族や友人と一緒に撮影出来る場合もあるので、ベストなプランを選びましょう。



フォトウエディングは高い?費用の相場は?


フォトウエディングの費用は、撮影場所によって若干変わります。例えば、スタジオで撮影をする時には、費用は概ね10万円以内です。ドレスやタキシードの場合は、3万円から8万円前後、和装の場合は4万円から10万円前後が相場と言えるでしょう。和装と洋装を利用した場合は、10万円前後が相場です。リゾート地などでロケーション撮影を行う場合は、少し費用が上がります。洋装の場合は10万円前後、和装の場合は15万円前後といったところ。和装と洋装で撮影すると、約25万円前後になります。



フォトウエディングのメリットとデメリット


このフォトウエディングのメリットは、やはり費用がかからないことです。リゾート地で撮影をする場合でも25万円前後で済みますので、経済的な負担が大分抑えられます。選べる衣裳の選択肢も豊富で、コストをかけずにウェディング気分が味わえるのがフォトウエディングの魅力と言えるでしょう。演出にこだわった撮影も出来るため、ヴィジュアルに優れた1枚を残すことも可能です。一方、デメリットとして考えられるのが、撮影出来る枚数が限られている点。フォトウエディングのプランの場合は、短い時間に集中して撮影を行います。メイクやヘアスタイルなどが決まらない場合でも、そのまま撮影に臨まなければならず、場合によっては不満が残ることも。1発勝負の撮影になりやすいので、その日のコンディションによって仕上がりが左右されやすいのが1つのデメリットです。予定を入れた日には、万全のコンディションを整えて撮影に臨む必要があるでしょう。



フォトウエディングの衣装・メイクはどうする?


美しい写真を残すためには、当日の衣裳やヘアメイクにもこだわりたいところ。最近のフォトウエディングは、衣裳はもちろん、ヘアメイクも撮影とセットになっているケースが少なくありません。衣装、ヘアメイク込みのプランを選べば、自分サイドで特別な準備をする必要はないでしょう。衣装やヘアメイク込みのプランは、ほぼ相場の金額で利用が出来ます。ただ、選べる衣裳の種類やメイクスタッフの技術には、サービスによって若干の差があることも。満足出来る仕上がりが得られるかどうかが、サービスを選ぶ時のポイントになってくるでしょう。女性の場合は、ポイントメイクだけを自分で済ませていくという方法もあります。お気に入りのヘアスタイルがある時には、撮影前に美容院で整えてもらうのも1つの方法です。



綺麗な写真が取れる!オススメのスポット5☆


ベストショットを残したい方にオススメなのが、次の5つのスポット。オススメスポット第1位が、東京タワー!オシャレなカットが期待出来そうなのが、こちらの東京タワーをバッグにしたフォトウエディング。2位は浜離宮恩賜庭園。日本庭園がある浜離宮恩賜庭園は、和装のカップルには特にオススメです。3位の迎賓館赤坂離宮は、ロケーションそのものがかなりフォトジェニック。夜の時間帯なら、幻想的な1枚が撮影出来るでしょう。4位はリゾート地でのフォトウエディングにオススメな千葉県の九十九里浜。こちらのスポットは、壮大な海をバッグに撮影出来るのが魅力。5位の軽井沢高原では、ロマンチックなチャペルなどを利用してこだわりの1枚が残せます。



韓国フォトウエディングって何?

1泊2日程度のスケジュールを組み、韓国に出向いてフォトウェディングを行うのが、韓国フォトウエディングというスタイルです。このスタイルの場合も、通常は衣裳代やヘアメイクなどがセットになっています。ツアーとして組まれているプランが多く、空港からホテル、スタジオへの送迎費用や宿泊費、食事代などもすべてツアー料金に含まれているのが便利な点です。このフォトウエディングは、ちょっとした韓国旅行を兼ねて写真撮影が出来るのが特徴で、ハネムーンとして利用しているカップルも見られます。短時間で行き来が出来る韓国でのフォトウエディングは、費用も比較的リーズナブルです。現地では、撮影だけでなくショッピングやグルメも楽しめるというプラスアルファのメリットがあります。



フォトウエディング当日!撮影の流れ


フォトウエディングの当日は、ヘアメイクからスタートします。その方のスタイルにもよりますが、ヘアメイクは大体1時間から1時間半程度かかることが多いです。その後、ウェディングドレスやタキシードなどの衣裳を着て、スタジオ、または撮影を行うスポットまで出向きます。カメラマンと簡単な打ち合わせをしたら、早速撮影に入ります。撮影は、大体1時間半前後かかるとみておいた方が良いでしょう。色々な衣装に着替える場合は、3時間以上かかることもあります。撮影後は、写真をカップルで選んでいくことになります。モニター映像などをチェックして、気に入った写真をピックアップしていきましょう。写真の受け取り方法が決めて、当日のフォトウエディングのスケジュールは終了です。



ここに注意!フォトウエディング


こちらのフォトウエディングを利用する時に注意したいのが、サービスのルールです。例えば、キャンセルや変更に関するルールは、サービスの提供先によって異なりますので、事前によく確認しておくことが大切です。どの時点で料金が発生するかは、特に重要なポイントです。選べる支払い方法についても聞いておくと、急な請求などに慌てずに済むでしょう。フォトウエディングのサービスを提供する業者は大変増えていますので、見極めが求められてきます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です