二次会の景品は○○にしました!盛り上がる景品の選び方☆

結婚式当日は挙式や披露宴も大切ですが、その後の二次会も楽しみですよね。二次会では披露宴などよりもゲストとの距離も近くなります。ゲームなどで友人たちとの楽しいひと時を過ごすために、二次会が盛り上がる景品を用意したいと思っている方も多いはず。この記事では人気商品や景品の相場について紹介します。ゲストに喜んでもらえる景品や会場が盛り上がるものはどんなものか頭を悩ませている方はぜひ、参考にしてみてください。

二次会の景品選びのコツは?

1)予算を先に決めておく。
予算を決めておくことで、費用が高くなってしまうのを防ぎます。気に入ったものから買ってしまうと、一番良い景品と中間層の景品の差が激しくなってしまうことがあるので、どの景品にどのくらいお金をかけられるかも決めておくと買い物しやすいようです。
2)男女兼用の景品にする。
二次会で使う景品は、ほとんどの場合ゲームの景品としてゲストに配られます。そのため、男女の割合がわからないので誰がもらっても困らないものを選択しておくほうが喜ばれるでしょう。
3)多くのゲストに行き渡るようにする。
小さなものでも景品をもらうと、嬉しい気持ちになる人は多いため多くのゲストに思い出をプレゼントすると盛り上がるようです。

絶対に喜ばれる!オススメ景品TOP5


二次会の景品として特におすすめなものは

  1. テーマパークのペアチケット
  2. ロボット掃除機
  3. ゲーム機
  4. コーヒーメーカー
  5. 食べ物

テーマパークのチケットは、男女問わず喜ばれるようです。ポイントはペアチケットであることです。結婚式に参加した人だけでなくその人の友人や交際相手が一緒に行けるものなので、特に嬉しいようです。ゲーム機は、何歳になっても喜ばれるアイテムです。大人になると興味はあってもなかなか買わないものなので、その時人気のゲーム機を選んでおくと喜ばれます。ロボット掃除機やコーヒーメーカーも自分では買わない人が多いため景品におすすめです。食べ物は、高級食材などがリッチな気分になれるため人気です。

会場を湧かせる!面白い景品


二次会の景品の中には、会場が盛り上がる面白いアイテムも用意しておくと良いでしょう。例えば、米俵やお菓子一年分、ベジタブレラなどがおすすめです。米俵は、現在ではなかなか目にしないものなので、出てくるだけで盛り上がります。米はほとんどの家庭で毎日食べられているものなので、たくさんもらっても困りません。お菓子一年分はユーモアがあって喜ばれます。ベジタブレラは野菜に見える傘のことで、見た目は野菜そっくりです。折りたたみ傘としての機能はしっかりしているので安心です。

見た目も大切☆景品のラッピング方法


ディズニーランドや温泉旅行など、チケット系のラッピングではきれいな色の包装紙をチケットの形に合わせて折り、後ろをシールで止めると出来上がります。リボンを巻いたり、リボンシールを貼ったりすると特別感が演出できます。化粧品などの小物のラッピングは、チケットと同じように包装紙で包んでもよいのですが、化粧品は割れやすいものも多いためフェルトで出来た袋に入れるのもおすすめとなっているようです。大きいギフト物のラッピングは、包装紙では包まずに大きめの袋に入れるかリボンだけかける方法でよいでしょう。大きい景品は目玉景品の場合も多いので、ゲスト全員に見せるためにも包まない場合が多いようです。但し、ゲストが持ち帰る場合に備えて袋は用意しておきましょう。笑い取り用のラッピングでは、人気のキャラクターの顔の形になっているものや風船の中にプレゼントが入っているものだと盛り上がるようです。どのラッピングでも、雨にあたっても平気な素材を使うとより喜ばれるでしょう。

景品にいくらかかる?相場はいくら?


二次会で喜ばれる景品をたくさん用意したいですが、気になるのはその予算です。あまりに高くなってしまうのは避けたいという方も少なくありません。一般的には、景品の個数によってどの景品にどのくらいかけるかが決まってきます。景品が3つならば、目玉景品が50,000円、中間が25,000円、おもしろ景品が5,000円のトータル80,000円ほどが一般的となっています。また、12個用意する場合には、全体の値段を少し下げて、目玉商品を30,000円、中間を10,000円で3個、おもしろ景品を5000円で8個でこちらもトータル80,000円となります。同じ金額の中でもどの景品にいくらかけるかによって、もらえる人数を増やすことが出来ます。

コレは迷惑!?二次会の景品選びの注意点

二次会の景品選びはとても楽しいのですが、その景品が本当にふさわしいがということを考える必要があります。例えば、人気景品の食べ物の中に要冷蔵の牛肉などが含まれているとゲストに迷惑になってしまうことがあります。ゲストは必ずしも近隣から来ているとは限りませんので、誰に当たっても郵送できるようにしておくほうが良いようです。また、パークチケットなどの高い景品だけを用意してしまうと当たらなかったゲストが不満を持ってしまうこともあるので、できるだけ多くの人に行き渡るよう目玉商品は一つにするほうが良いようです。参加賞は日用品を選ぶ事が多いですが、間違っても100円ショップで買わないようにしましょう。お金がかけられないとは言え、結婚式の二次会の景品としてはふさわしくありません。

先輩花嫁さんの体験談!二次会の景品は○○にしました!

IKEAやニトリなどで揃えました。二次会は気の知れた友人が多く、一人暮らしの人も多かったので暮らしに役立つグッズを揃えました!特にセットで売っている食器シリーズがオシャレで、実際に買わないけどあったらいいなと思うようなもので良かったなどと声をもらいました。良かったものの、遠方から来てくださってる人には少々重かったのか郵送できる?などと聞かれたりもしました。あまり重いものはダメだなとその時思いました。

景品の予算は5万円程度でした。ペアチケットや商品券、ギフト券などで3万円程度使い、その他はギャグ的なおもちゃやなんだこれ?という笑いをとるものを選択しました。2次会ということでフランクな感じを予定していたのもあったり、大人のギャグ的な感じでバラエティショップでアダルトグッズなども景品にいれました。また大きなビックサイズのお菓子などもインパクトがあってよかったと思います。景品の数を増やすより質をあげたかったのでよかったです。

二次会の景品にはディズニーのペアチケットや食材のカタログギフト、グルメ券などを用意しました。予算は全て合わせて4万円ほどでした。持ち帰るのが大変な重いもの、大きいものは避け、比較的誰に当たっても喜んでもらえるもの、というのを選ぶ際のポイントにしていたためこのようなチョイスになりました。のちに当たった人たちからお礼の連絡をもらえ喜んでもらえたようだったので、趣味嗜好や男女問わず使いやすいものにして正解だったな、と思いました。

予1万円以下の商品ですが、キッチン洗剤ギフト、タオルセット、スプーン/フォーク10P、入浴剤などを集められると思います。2万円代ですと、アロマ付きの加湿器、コーヒーメーカー、電動歯ブラシなどが多いと思います。どちらにせよ、男性女性、年齢別に関係なく使用でき、簡単な操作で利用できる品が良いと思います。また日常的に使用する物であったり、1回限りでの物でも良さそうです。使わないで誰かにあげるなど、捨てられそうな物でも2次会の印象が2悪かったと思われてしましますので注意が必要です。

二次会の景品はすごく悩みましたが、今流行のものや家電を景品にすることが大切です。予算は、2,3万程度にしていました。一つとして、炭酸メーカーを買いました。とても人気になりました。さらには、炭酸ガスはセットで渡したので喜んでいただきました。そして、一番喜んでいただけたのはルンバです。お掃除ロボットは凄く好評でした。多くの人が働いていますので、家を掃除するのが面倒という人が多かったこともあり大好評でした。

予算は五万円でした。ネットで探して、色々入って総額五万円の景品セットを購入しました。お肉やテーマパークチケットも入っていて、合計5名くらいには渡せる量でした。お肉などは写真付きの商品ボードと目録で送られてきて、それを当日飾って使いました。そして後日当たった人の自宅に配送されるというシステムでした。持って帰ることを考えて、かさばるものや重いものは避けようという考えだったので、インパクトのある商品説明のボードはインスタ映えして良かったです。

二次会の景品は、ハーゲンダッツ詰め合わせ、国産牛セット、マッサージ機、ホテルのお食事券、USJのチケットなどにしました。予算は全部で20000円くらいです。ネットの景品ショップで購入しました。ハーゲンダッツや国産牛セットは食材で消耗品なので、誰もが喜ぶものです。また、USJのチケットは当たった人と周りのみんなで一緒に行くことができたのでよかったです。しかし、マッサージ機は少し大きかったので当たった人が持って帰るのが大変だったかなと思います。

予算は10万円。私たちはとにかく軽量化を目指しました。そして手ぶらで帰る人がいないよう配慮しました。便利だったのはマックカードです。500円で購入でき、500円分の買い物ができます。これをくじ運の悪かった人達にもいきわたるように配りました。これが案外好評でした。マクドナルドであればどこの地域にもあるし、500円であればちょうど一食浮きます。「マックコーヒーが5杯飲める!」と喜んでいる友人もいました。あとはスタバカードです。1000円、3000円、5000円の3種類を用意しました。期間限定のカードもあるので、結婚式の日取りが決まってからこまめに買いに行くようにして、いろんな絵柄のカードを用意しました。そしてなんといっても好評だったのは1等!潔く現金30000円です!ちょっといやらしいかなと悩みましたが、なんだかんだこれが1番盛り上がりました。私たちとしては大成功だったと思っています。

お米などの食べ物にしました。普段食べるものだし、4000円程度のものを選びました。高価なものは買えないし、男女もらってうれしいものは日常生活で使う食べ物が良いと思ってお米にしました。参加者たちが喜んでくれたのでありだと思います。ゼリーの詰め合わせや洋菓子の詰め合わせも良いと思いましたが、男性は食べない人もいるのでやめました。お米が無難だし、いくらあっても足りないものだと思うのであげれてよかったと思います。

夫婦揃ってホテル勤務の私たちだったので、自分たちの勤務するホテル関係の景品を中心に用意しました。二次会は友人が中心になって準備してくれたこともあり、サービス精神旺盛‼︎親戚や会社関係者以外は、ホテル利用はあまりしないので、後日またいらしていただきたいと、ペア宿泊券やペア食事券をメインに、ティータイム利用券なども用意しました。横浜のホテルで、利用期間も長めにしたので、式に参加していただき、ホテルを気に入った方たちからは喜ばれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です