披露宴のイメージを左右する!?素敵な装花で素敵な式を!

結婚式と言えば花がつきもの。式を華やかに飾ってくれる大切なアイテムです。とはいえ、花はお金がかかるもの。できるだけ予算をかけず、かつ貧相に見えないようにするにはどうすればいいのか、具体的な相場やデザインをご紹介します。

装花は高い!?披露宴の装花の相場はいくら?

結婚式の装花は意外に値段が高く、値段を知ってびっくりする人もたくさんいます。では具体的にどれくらうの値段がかかるのか、相場をチェックしてみましょう。会場全体にかかる装花の費用は、全国平均で17万円ほど。しかし価格帯はかなりわかれるようで、10万円以下に抑えたと言う人も少なくありません。また、花の量や飾る場所によってもかなり値段が変わってくるので、慎重な検討が必要と言えるでしょう。飾る場所に応じた相場はどうなっているのでしょうか。

ゲストテーブル

ゲストテーブルの装花は、4000円から10000円ほどが相場となります。
ゲストテーブルが増えればそれだけお金がかかってくるので注意が必要です。
また、披露宴後は持ち帰ってもらうことも考えておく必要があります。

メインテーブル

メインテーブルに飾る花の相場は、40000円から100000円ほど。
新郎新婦が座る席なので、非常に目立つ場所です。

ウェディングケーキ用

ウェディングケーキの周りを飾ったり、ケーキ自体を装飾する花は10000円から20000円。
ケーキナイフに付ける花飾りは2000円~4000円が相場。

受付

ゲストを迎える受け付けの花は3000円~6000円が相場になります。

節約しつつ豪華に魅せたい!上手な装花の節約方法

いろいろな花を使って会場を華やかにしたい、でもできれば費用は抑えたいというのが正直なところ。上手に節約しながら素敵な花を選びましょう。まず部分的に量を節約することから検討してみましょう。結婚式でゲストの目が集まるのはメインテーブルなので、ここは量を減らさないことがポイント。その分人の目があまり来ないゲストテーブルやエントランスの花の量を減らしたり、お花の種類を変更すると上手く節約できる場合があります。とはいえ「テーブルのお花が寂しかった」などと言われてしまうのは悲しいので、造花を混ぜたり、葉っぱを増やして豪華に見せるなどの工夫を行いましょう。キャンドルや貝殻、洋書など、花以外のアイテムを置くのも、テーブルを寂しくしないコツです。持ち込み可の会場なら、同じ花でも費用を安くできる可能性があります。しかし花粉の処理や時間通りのセッティングを理由に、持ち込み禁止にしている会場がほとんど。しかしそんなときでも持ち込みできる場所が1つあります。それが受付です。実は受付の装花はプランに含まれていないことが多いので、持ち込める可能性が高いのです。上手く使い分けて、費用をしっかり節約しましょう。

花言葉にメッセージを込めた素敵な装花

どの花を使うかは、非常に悩んでしまう点です。そんなときは花が持っている花言葉を参考にするのもおすすめです。花を通じて自分達の思いを表すことができます。一般的に披露宴でよく使われているお花の種類と、その花言葉をチェックしてみましょう。

一年通じてよく使われているバラは、愛の女神ビーナスの花とも呼ばれています。色や種類ごとにも花言葉がありますが、バラ全般の花言葉は「愛」と「美」。幾重にも重なった花弁は華やかで、まさに結婚式にぴったりの花なのです。

存在感がありながら清楚なイメージのあるユリは、キリスト教においては聖母マリアに捧げられたと言う伝説を持つ花です。そこから純潔のシンボルとされ、花嫁の純粋さを示すシンボルともなっています。花言葉は「威厳」「純潔」「無垢」です。

ブーケに使われることも多いカラーも、ユリと同じく「威厳」「純潔」「無垢」という花言葉を持っています。メインとしてもサブとしても活躍する万能選手で、高さを出したいときにも大活躍してくれる頼もしい花と言えます。いろんな色があって可愛らしいイメージを高めてくれるガーベラも、結婚式では人気の花です。「希望」や「常に前進」という花言葉があり、新しい生活を始める新郎新婦にぴったりの花です。

季節感を演出!オススメの装花

花には旬の季節があります。旬の花を使うと季節感を出せる他、新鮮で質のいいものを飾ることができるというメリットもあります。また旬の花は多く出回るため節約にも繋がります。ぜひ季節の花を披露宴に取り入れていきましょう。春の花は、明るくパステルカラーのものが多くなっています。チューリップやスイートピー、マーガレットなど、数多くの花が旬を迎える季節なので、自分のイメージに合ったものを選ぶことができます。春の明るさや陽気な雰囲気を取り入れていきましょう。夏と言えば突き抜けるような青い空。そんな季節に旬を迎える花々は、青空に映えるはっきりしとした色合いのものが多くなっています。

ヒマワリやアジサイ、グラジオラスなど、存在感のある花をアクセントとして取り入れると夏らしさを演出できます。秋は一転してしっとりとした雰囲気の花が多くなる季節。コスモスやリンドウを飾ると、会場を落ち着いた空気で満たしてくれます。冬はアネモネやフリージア、ポインセチアなどシックな色合いの花が多くなります。
大人っぽい雰囲気でまとめてもいいですが、そこに春の明るい花をアクセントとして加えると、アクセントが利いて結婚式に似合う印象になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です