結婚式、両親の衣装って誰が手配するの??レンタル代の相場は?

結婚式では新郎新婦が主役となっているので衣装にもこだわりを持つ人が多いのですが、忘れてはいけないのが新郎新婦それぞれの両親の衣装です。

主役と同じく注目される両親の衣装は会場や新郎新婦やそれぞれの両親に合わせるのが一般的ですが、レンタル代はいくらかかるのかな?両家の衣装で被っても大丈夫?など不安もありますよね?

そこで今回は結婚式での両親の衣装に関して、マナーやレンタルする場合の費用相場などを紹介していきます。





両親の衣装のマナーに注意!!


一般的に結婚式での両親の衣装は結婚式場の格式やスタイルに合わせるのがマナーとされていて、基本的には正礼装や準礼装にしておくのが望ましいとされています。

その中でどれを選ぶのかは新郎新婦の格式に合わせておくといいと考えられていますし、和装か洋装かは両親だけではなく相手の両親とも格式も含めて併せておくのが大切です。

具体的には父親であれば昼間の結婚式ならモーニング、夕方や夜間の結婚式では燕尾服やタキシード、紋付羽織袴がドレスコードとされています。

また母親の場合は昼間の結婚式には留袖やアフタヌーンドレス、夕方以降はイブニングドレスが望ましいです。

どちらの場合も黒を基調としたものを身につけるようにして、母親の場合は華美になりすぎないように光物を避けたパールを身につけるのがマナーの一つとされています。

また、両家の衣装が被ったらどうしよう?と心配かもしれませんが、確かに全く同じものだと少し違和感がありますよね?^^;その場合、蝶ネクタイを変えたり、胸ポケットに入れるハンカチや生花のコサージュ等で衣装の印象を変えましょう。


レンタルの種類と代金の相場


両親の結婚式での衣装は自分たちで購入して用意しておくという人も多いのですが、できる限り安く済ませたい人にはレンタルサービスの利用もおすすめされています。

特に両親ではなく新郎新婦が衣装を用意するのであれば費用を抑えるためにレンタルサービスを利用する人も多いですし、レンタルであっても素材がしっかりしているので安っぽく見えないように配慮されているようです。

では実際にどのような衣装をレンタルできるのかというと、母親の場合は黒留袖とフォーマルドレス、アンサンブルスーツが一般的です。

レンタル費用としては黒留袖が2万5千円から10万円程度、フォーマルドレスは2万円から10万円程度、アンサンブルスーツも1万円から5万円程度が相場となっています。

ただし着付け代やヘアメイクもあるので、その点も考慮する必要があります。

父親の場合はモーニングやタキシード、紋付羽織袴が挙げられており、モーニングとタキシードであれば1万5千円から6万円程度、紋付羽織袴なら3万円から8万円程度がレンタル費用の相場です。


こうやって選べば安心☆結婚式での両親の衣装のポイント

両親の結婚式での衣装を選ぶ際に重視しておきたいポイントとしては、地味過ぎず派手過ぎずを意識するところです。

その上で結婚式場や結婚式のスタイルに見合った衣装を検討する必要があるので、事前に結婚式に関する情報を新郎新婦からしっかり伝え、どんな衣装にするか確認しておくことが大切だとされています。

また両家の両親同士で衣装について相談しておくのも大切なので、レンタルにするのかどうかなどの点も含めて話し合っておくのも一つのポイントです。


洋装もあり?結婚式の母親の衣装


結婚式での母親の衣装は一般的に黒留袖をイメージする人が多く、実際におよそ80%の母親が黒留袖で出席しているとされています。

ただ、必ず黒留袖を身につけなければいけないわけではなく、正礼装であれば洋装でも問題はありません。

特に夏場など暑い季節は留袖よりもフォーマルドレスやアンサンブルスーツを身につける人も増えているのですが、その割合としてはロングドレスなどのフォーマルドレスがおよそ6%、そしてアンサンブルスーツがおよそ5%となっているようです。


結婚式の母親のヘアメイクは依頼すべき?

結婚式では基本的に新婦を立てるために母親はあまり華美にしないのがマナーではあるのですが、ゲストへの挨拶などある程度注目される立場にあるのでヘアメイクは必要です。

ヘアメイクに関しては身につける衣装に合わせたものを検討するのが大切だとされており、どのようにヘアメイクするのかは自由に決められます。

例えばある程度慣れている人であれば自分でヘアメイクをするケースもありますし、自分でヘアメイクをする時間がなかったり自信がない人であれば美容院にお願いしたり式場の人にお願いする人も多いようです。

先輩花嫁さんに聞いた!両親の衣装はレンタル代はいくら?

父の衣装は旦那のお父さんの意向(身長が低く、モーニングが似合わないという理由)でブラックスーツでした。(普通はモーニングだと思いますが)ブラックスーツは以前から持っていたものです。母は黒留袖を祖母が何着か持っていた為、事前に借りていました。その為費用は父母どちらも今回はかかっていません。ただ、母の場合着付けと髪のセットは自分ではできないので式場の美容室を手配しました。着付けが8000円、髪のセットが6000円でした。

結構式場での挙式で、父親はモーニング・母親は着物でした。どちらも式場プランの中でレンタルをしました。合計10万円程度、自分たちの切るものは用意するからと、両家の両親がお支払いをしてくれました。その他、ヘアメイクや着付けなども必要なので、合計15万円程度かかっていたと記憶がございます。ほかの会社からのレンタルも考えましたが、プランに入れ込むほうが全体の割引率が高く、旦那様と共に両親の衣装も私たちで用意をすることにしました。

衣装は、洋装フォーマルでした。両家母親はワンピースドレス、父親はスーツでした。式自体は神前式だったのですが、そのあとのお食事会のことを考え、着物ではなく洋装に揃えてもらいました。(結婚式時、私が妊娠7ヶ月だったので着物が苦しくワンピースを着用しました)手配は、両親が自分で用意しました。式をお願いした会社で両親のレンタル衣装もあり、そのようなプランもありましたが、自分たちで用意できるとのことでレンタルしませんでした。(私が頼んだところでは両親のレンタルプランは5万円程で承ってくれるようでした)費用は、両親自身が用意したので具体的な金額はわかりません。しかし、だいたい2万円前後だったと話した記憶があります。別途で靴やカバン、アクセサリーなどの小物類を揃える金額がかかったとのことでした。



結婚式の両親の衣装は、妻の側の両親はスーツと着物でした。私の両親は白のはかまと着物でした。妻の両親は、あまり口数も少ないので目立つのを控え目な方です。一方、私の両親は目立ちたがりやなので、誰よりも目立とうと考えていたのだと思います。手配したのは、みんなバラバラで、自分でいいと思った衣装を着ていました。費用は、全額私の両親が出しました。妻の両親も費用を出す予定だったのですが、私の両親が断り、私の両親が出しました。

父親は自前の礼服で、母親は着物で出席しました。結婚式場がホテルでしたが、母親の着物はホテルの美容室で用意してもらいました。着付けや髪のセットなども美容室でしてもらっています。式の段取りを決める際には、当日の美容室の利用についてもどうするか、会場側から問診があります。新郎新婦以外の衣装や着付けについてはパック料金で「○名までOK」「新郎新婦のご両親OK」というところもあれば、オプション的に追加料金が発生するところもあります。自前の場合はホテルの部屋で着付けをしなければいけませんし、着物も持ち込みになるので労力が馬鹿になりません。式当日はあわただしいので美容室にお任せしたほうが安心ではあります。

>両家の父親は特に希望もなかったので共に私(花嫁)が式場で手配した定番の黒の燕尾服でした。また、母親は二人とも洋装で、母親が自分で用意し義母は黒のレースのツーピースで、私の母は黒のワンピースでした。母親たちは最初着物にしようと思いましたが、式を挙げたのが沖縄というのもあり暑いかなと思い洋装にしました。果、やはり気候のせいもあり涼しく過ごせることがあり、動きやすく洋装にしてよかったと言っていました。

母親は黒いロングドレスでシンプルな装いでした。以前母親が買っていたものを私が選んで母親にこれを着てと言って着させました。ネックレスは小ぶりなネックレスで家から持ってきました。靴は黒色のヒールが1センチほどのパンプスにしました。父親はフォーマルスーツで以前会社で着たものを着ていました。家から持って着たのでどちらも両親たちが買ってきたものです。スーツもシンプルで黒色のスーツにしました。靴は革靴で地味な格好にしました。

両家とも、父がモーニングで、母が留袖でした。新郎の方は、両親が高齢の為、新郎の姉がレンタル衣装屋さんに連れて行き、一緒に選んで来てくれました。新婦の方は、新婦の私が全て手配しました。新婦の方だけの情報ですが、ネット注文で、モーニングは靴やシャツも込みで2万円位で、留袖は着付けに必要なもの全てと草履やバッグが付いて2万5千円位でした。ホテルの衣装屋さんも紹介されましたが、高めだったのでネットで探しました。モーニングはネットでも一度試着できるのがありますよ。私の時は、父がモーニングを着たくないと言い出したりして、一悶着ありました。ホテルの担当者曰く、絶対ではないけれど第一正装がベストで、それが無理な場合、両家の衣裳の格はそろえた方がいいとのことでした。新郎側が礼服なら、新婦側も礼服ということです。母のヘアは、新郎側はホテルで、新婦側は親族の美容師がやりました。メイクは両家とも自分でやりました。

両親がそれぞれ自分で用意しました。実母は手持ちの留袖を自分で着付けし、ヘアメイクは結婚式場の美容院でセットしてもらっていました。費用は1万円程でした。実父はレンタル衣装の店でモーニングをレンタルし、費用は1万円程でした。義母は結婚式場の提携のレンタル衣装の店で留袖をレンタルして、結婚式場で着付けとヘアセットをしてもらいました。費用は5万円程でした。義父は自前のモーニングだったので、費用はかかっていません。

父親がいません。私の母親は自前の礼服の和装で、母親自身で着ていました。主人の父親は自前の礼服(黒いスーツに白いネクタイ)で、主人の母親は自前の礼服で和装でした。レンタルではないのでお金はかかっていません。今の時代は、派手でなければ洋服でも和服でも構わないと思います。息子が来年結婚を挙げますが、「両親用のパンフレット」を持って帰って来ました。衣装やメイクは式場に頼むのか、誰が払うのか、など細かく書かれていました。あとでゴタゴタは面倒と思われる方は、ご両親と相談して決めれば良いと思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です