リフォームの費用っていくらかかるかな?気になる相場を徹底調査!

リフォーム費用はどの場所についてどのような施工をするかで大きく異なります。リフォームを依頼するときには見積もりを取って優良な業者に依頼することが重要です。

リフォーム内容を充実させようとすると必ずコストが大きくなるので、リフォーム業者に相談する前に予算を決めておくと失敗がありません。そして、見積もりから判断して予算内に収まるように交渉するのが大切であり、少しでも安くするために競わせることも検討しましょう。




意外と知らない!?リフォーム費用の内訳とは?

リフォーム費用は工事費と諸経費から成り立っているのが一般的です。さらに工事費は仮設や解体のようにリフォームの準備や片づけのためのものと、木工事、建具工事、電気工事などの直接的にリフォーム内容に関わるものがあります。

個々の工事費についても材料費と人件費にさらに分けて考えることが可能です。諸経費については現場管理費や事務手数料などを合わせたものであり、業者によっては工事費の数%という形で定めています。見積もりを取るとおよそこれらの項目で記載された見積書を受け取ることになるのが通例です。



リフォーム費用ってどこにいくらかかるの?


キッチンのリフォーム費用として一般的なのが20万円から200万円程度です。オール電化に切り替えたり、シンク周りの整備を行ったりする程度であれば50万円以下で済むことが多いですが、システムキッチンを入れると材料費もかかりがちでやや高くなります。

床や壁の張り替えをすると100万円を超えるようになりやすく、キッチン全体のリフォームを行うと150万円前後になるのが通常です。

トイレにかかるリフォーム費用はおよそ5万円から80万円が多くなっています。トイレに手すりをつける、棚や収納を設置するという程度であれば10万円以下で済むのが一般的です。

便器を交換して新しいものにすると20万円前後はかかることになり、床や壁の張り替えをしたり、窓の取り付けを行ったりすると50万円以上になるのが相場となっています。

壁を動かして広くするような大工事になるともっと費用がかかるので注意が必要です。

お風呂のリフォーム費用の相場は10万円から100万円です。よく行われているバスタブの入れ替えには20万円から50万円程度の費用がかかります。



タイルや壁も一新するほどになると100万円を超えることが多く、広い浴室ほど費用がかさむので気をつけなければなりません。ユニットバスの場合にもユニットの入れ替えに伴って部屋全体の工事費がかかるため、100万円程度が相場になっています。

洗面所でのリフォームには10万円から50万円程度というのが典型的です。洗面台を交換するだけの工事の場合には費用の半分程度が洗面台の材料費になることが多く、20万円前後で行ってもらえます。

洗面所全体の壁や床も全て一新するとなると100万円以上もかかることはありますが、洗面台を交換して水回りの工事をするだけで済めばカスタムタイプの高価な洗面台を入れても通常は50万円前後で済むのが相場です。

部屋のリフォーム費用については30万円から150万円程度が一般的です。壁紙の張り替えや床材の交換程度であれば10万円から30万円程度で行ってもらうことができますが、面積あたりで費用が決まることが多いことには注意しなければなりません。



シーリングライトやカーテンなどの各種備品も全て入れ替えて部屋全体を一新するには通常は100万円から150万円程度の費用がかかります。

リビングのリフォームに必要な費用相場は30万円から300万円です。寝室などの他の部屋に比べると面積が広く、工事内容も雰囲気を変えられるほどに充実したものにする傾向が強いため相場が高くなっています。

床や壁の簡単なリフォームだけであれば30万円以下で行える傾向があるものの、床暖房の導入などの大きな工事を入れると100万円を超えることも多いので注意が必要です。



内容の選択肢が多く、選び方次第で大きく費用が変わるのでリビングのリフォームは個々に考える必要性が高くなっています。

外装の工事にかかる費用は一般的には50万円から150万円程度です。外壁塗装や屋根塗装であれば一般的な住宅なら100万円前後で実施できます。

外壁塗装や屋根塗装では使用する塗料の種類によって費用が大きく異なりますが、一般的に用いられているシリコン塗料を用いるとこの程度が相場です。

ベランダのリフォームの場合には張り替え程度なら30万円前後で済む一方、新規取り付けの場合には50万円から100万円程度の費用がかかると見積もっておく必要があります。



見積もりはココに気を付けて!リフォームの上手なコストダウンのコツ


見積もりを取るときには費用の内訳が明確になっているかをまず確認するのが大切です。一括していくらと記載されていると何にどれだけの費用がかかっているのかがわかりません。

材料費が高いならもっと安い材料を手配して欲しいと交渉することができます。また、人件費が高いのなら他の業者と比較してみると安い業者を選び出すことが可能です。

コストダウンのために見積もりを比較する上で内訳の明確さが必要になります。


知っておきたい☆リフォーム業者の見分け方


リフォーム業者の良し悪しを見分けるときには二つのポイントがあります。一つ目は業者に相談したときに顧客視点で話を聞いて、最適解を提案してくれることです。

セールストークばかりをしたり、高価なリフォームを勧めたりする業者は避けるに越したことはありません。二つ目に重要なのが見積もりに不備がないことです。

特に仮設工事や解体工事の工事費や諸経費が記載されているかの確認が重要になります。材料の過不足についても同様であり、後から費用を請求しようとしている悪徳業者というリスクがあるので気をつけなければなりません。



事前にcheck!リフォームの注意点

リフォームをする上で重要なのが予算の確定と相場の確認です。リフォームは良いものを選ぼうとするとそれだけ費用がかかるので、業者と話をしているうちに魅力的なリフォームを知り、それらを選んでいるうちに予算オーバーになることも珍しくありません。

業者に紹介されて知ったリフォームは相場を確認しないと、実は法外な費用で提案されていることもあります。予算は最初から決めておき、相場はその都度調べて予算内に収まるように交渉した上で最終決定をするのが大切です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です