なぜエアコンにカビが生えるの?

カビが生える条件は温度・湿度・栄養といった3つの条件が揃った時です。エアコンは使用するたびにこの条件を満たしてしまいます。エアコンは空気を温めたり冷やしたりしながら温度調節を行っていますが、空気を取り込む際にはホコリも取り込んでしまいます。このホコリがカビの栄養となるのです。そして温度調節を行っているフィンには温度差によって結露が発生します。そして、室内はエアコンを使用することでカビが成長しやすい5℃以上となり、すべての条件が揃うためカビが生えるです。

カビが生えやすい部分ってどこ?

エアコンでカビが生えやすい部分はフィンとファンです。フィンとはエアコンのカバーを取り外した際に見える金属部分を指します。一方のファンは風を送り出す羽の部分のことです。この2つの部分は結露が生じやすい部分となっています。フィンで生じた結露は室外機を通じて外に排出される仕組みとなってはいますが、それでも表面に水分が残ります。そのフィンに残った水分は風によってファンに当たるため、フィンとファンの部分にはカビが生えやすいのです。

エアコンのカビは危険性大


エアコン内部で発生したカビは風に乗って室内にバラまかれるので注意が必要です。エアコンを通じてばらまかれたカビは、呼吸によって私たちの体内へと取り込まれます。ひとくちにカビといっても様々な種類がありますが、中でもトリコスポロンと呼ばれるカビは肺炎や呼吸疾患の原因となることで知られています。このトリコスポロンはエアコン内部でも繁殖することがあるので、抵抗力の弱いお年寄りや幼児のいる家庭では特に注意が必要です。また、カビは肺炎や呼吸疾患以外にもアレルギーを引き起こす原因ともなります。すでにアレルギーを発症している方の場合は、エアコンを使用することでアレルギー症状がより悪化する可能性もあるので、エアコン内部に発生するカビには十分な注意が必要となるのです。

エアコンの掃除方法


エアコン内部に発生するカビはこまめに掃除することで減らすこともできます。エアコンの掃除に用意する道具は掃除機、軍手、雑巾、ハタキです。まずはエアコンのカバーを取り外してフィルターの掃除をしましょう。フィルターの掃除は掃除機で表面のホコリを吸い取ることで行います。どうしても、ホコリが取れない場合は水洗いすれば簡単に綺麗にすることが可能です。フィルターの掃除が終わったらエアコン本体のホコリとカビ取りを始めます。エアコン内部に付着しているホコリはハタキで取り除いていきましょう。この際にエアコン内部にアルフィンや電子部品を傷つけないように優しくホコリを払うことが大切です。万が一、フィンが大きく破損したり電子部品に不具合が生じた場合は故障や機能低下の原因ともなるので注意しましょう。ホコリを払い終えた後は軍手をつけてカビ取りを始めます。カビ取りは中性洗剤をつけて堅く絞った雑巾で吹けば取り除くことが可能です。ホコリを払うときと同様に、フィンやファンを雑巾で拭く際は表面を優しく撫でる程度にしておきます。後は取り外したフィルターを取り付ければ基本的なエアコン掃除は終了です。基本的な掃除で取り除けない、フィン内部のカビが気になる場合は市販のエアコンクリーナーを使用するといった方法もあります。エアコンクリーナーを使用すれば、フィン内部のカビもしっかりと取り除くことができますが、電子部品にかかってしまったりドレンホースの内部などに入ってしまったりすると故障の原因となるので、エアコンクリーナーを使用する際は十分に注意しましょう。

カビ予防対策


エアコンにカビが生えるのを防ぐためには、カビが生える条件をシャットアウトすることが大切となります。そこでまず、やっておきたいのがフィルターの掃除です。フィルターはエアコンが取り込む空気に含まれているホコリなどを取り除く働きをしています。フィルターにはホコリやカビの胞子などが付着しているため、それらをこまめに取り除いておくことがカビを防止するのに効果的なのです。エアコンのスイッチを切る前に、送風機能を使用することもカビ防止に役立ちます。送風機能を使用すれば、フィンやファンに付着している結露を乾燥させることができるので、カビが必要とする水分をしっかりと飛ばすことができます。エアコンを消して外出する場合は、出かける前に5分間ほど部屋の換気をしておくこともカビ防止に役立ちます。換気をして室内と湿外の温度差を小さくすればそれだけ結露の発生を防ぐことに繋がることに加え、エアコンの風で舞い上がったホコリやカビを室外に出すこともできます。エアコンのカビが気になる方は以上のような方法を試してみましょう。

面倒なら業者へ!

エアコンの掃除が面倒だと感じた時はプロに依頼することも検討しましょう。プロに依頼すれば個人では難しいフィン内部のカビまで綺麗に取り除いてくれます。見た目がピカピカになるだけではなく除菌も行ってくれるので臭いも気にならなくなります。さらにエアコンクリーニングでは防カビ処理も行ってくれるので、クリーニング後は抗菌作用によってカビが生えにくくなります。ただ、エアコンクリーニングを依頼する際は信用できる業者を選ぶことも忘れてはいけません。残念なことに中には悪質な業者も存在します。エアコンクリーニングの業者を選ぶ際はネットで公開されている口コミや作業実績などを参考にして、信用できる業者を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です