出産祝いのお返しはどうする?気をつけるべきマナーや時期について説明します。出産祝いのお返しはどうする?気をつけるべきマナーや時期について説明します。

出産祝いをもらったときには出産内祝いをするのが伝統的になっています。本来の意味から派生して出産を祝ってくれた人へのお礼を贈る行事になりました。基本的なマナーを守って贈れるようにするために、金額や時期、ギフトの種類についてはよく吟味する必要があります。トラブルを生まないために予め出産内祝いの位置付けについて相談しておくのも大切です。

そもそも出産内祝いって何?

出産内祝いとは本来は出産をするにあたって身内のように親しい間柄の人同士で喜びや嬉しさを分かち合うことを意味していました。しかし、現代社会では出産内祝いは出産祝いを贈ってくれた人に対して贈るお返しのことを指すのが一般的になっています。身内から出産祝いをもらい、その御礼にギフトを贈るという形で習慣化されていたからです。そのため、お祝い返しとして、出産祝いを贈ってくれた人なら身内だけでなく友人などにも贈るものとなっています。

気を付けて!出産内祝いのマナー


出産内祝いは出産を祝う気持ちを共有するためのものだという認識を持つことが何よりも大切です。贈るギフトの金額や贈る時期、ギフトとして贈るものについてはよく考えなければなりません。また、のしの書き方にもマナーがあり、内祝と書いた後、出産した子供の名前でのしを描くのが正式な方法です。水引には紅白蝶結びを用いるのが標準的になっています。また、現金や商品券などは目上の人に対してはあまり贈って良いものではありません。贈る際には直接渡すのがマナーですが、遠方に住んでいる場合などには宅配便などで贈るのも受け入れられるようになってきています。その場合には挨拶状を添えるのが基本マナーなので気をつけましょう。

出産内祝いの相場

出産内祝いとして何を贈るかを考える際に気をつけておきたいのが金額です。相場として贈ってもらった出産祝いの半額から三分の一程度のものを選ぶのがマナーになっています。出産に際して出費がかさむことを考慮してお祝いを贈っているという面もあるので、その御礼の気持ちを示すのに高すぎず安すぎないものを選ぶのが重要です。宅配便で送らなければならないケースでは送料も含めてこの程度の金額になるようにしておくのが基本とされています。

いつ送る?出産内祝いの時期

出産内祝いを送る時期として適切とされているのが出産してから一ヶ月程度の時期です。地域差がやや大きく、一ヶ月以内がマナーとされている地域もあれば、一ヶ月を過ぎてから遅くとも二ヶ月後までには贈るのが良いとしていることもあります。出産直後に里帰りやお宮参りなどの様々な行事を行う文化が強い地域では遅めになる傾向があるので、両親や祖父母などの身近な目上の人に予め聞いておいてマナー違反にならないように気をつけましょう。

喜ばれる☆出産内祝いのオススメ


出産内祝いに贈るものはもらっても困らないものを選ぶのが基本です。オススメなのは洗剤やタオルなどであり、消耗品にしておくとどの家庭でも無難に受け取ってもらえます。お菓子や食べ物もよく選ばれていますが、賞味期限が十分に長い焼き菓子や缶詰の詰め合わせなどを選ぶのが賢明です。赤ちゃんの体重と同じ重さでお米を贈るという習慣も生まれてきているので検討してみると良いでしょう。カタログギフトを贈って自分で選んでもらうというのも良い方法であり、金額帯も簡単に選べるので出産内祝いとしてよく用いられるようになっています。

出産内祝いの注意点

出産内祝いは必ず贈らなければならないものではありません。中にはお返しには気を使わないで下さいと一言を添えてくれる人も多いので、そのときには贈らないのがマナーです。しかし、内祝いとしての気持ちを伝えるためにお礼状を同じ時期に送るようにすると良いでしょう。地域によっては出産内祝いを贈る慣習がない場合もあるので注意が必要です。その場合にも手紙を贈るか、機会を見つけて挨拶に回るといった形で御礼の気持ちを伝えるようにするのが大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です